|| 「踊る金狼亭」TOPメモ箱>私家版エンジン関連情報

対応】 CW:1.20○/1.28○/1.29○/1.30○/1.50○//Next○//Py○


3行まとめ:
  1. CW1.50の宿(=セーブ)データはNext・Pyで使え、Pyの宿は互換部分のみCW1.28〜1.50用に変換できるが、Nextの宿データは形式が独自で他のエンジンでは使えない
  2. Nextで作成したシナリオは全てNext専用Pyで専用形式を選んで作成したシナリオはPy専用。これらは他のエンジンでは遊べない。
  3. 今何を使っているかに関わらず、異なるエンジンを使う・異なるエディットツールで作る時は一気に完全移行しない。必ず元の環境や、そこで作成した(された)ファイルを残しておく。

公式ファンサイトで配布されているCW1.50と、「他のエンジン」の間の互換性について。
CWNextはバージョン1.60.15まで、CWPyはバージョン0.12.2 (Reboot)〜3.3 (Reboot)について書いています。
(関連:正規版各バージョン変更点まとめ / 初めてカードワース / シナリオを作りたくなったら

宿データの互換性

[img:宿データ変換の可・不可]

[▲上へ]

シナリオデータの互換性

【CW1.50】
CardWirthEditorやCW1.50付属のWirthBuilder(ver.1.1.24,2015/05/23以降は ver.1.1.38)で作成したシナリオは、CW1.50のほか、CWNextとCWPyでも利用できる
WirthBuilder 1.1.24以降、1.1.38まで(作者サイトで単体配布)を用いて作成したシナリオも同様。
  • 基本的にgroupASK時代のデータフォーマットだが、CW1.30以降に多少拡張されている。
    これらのシナリオのデータバージョンは「4」。
  • データバージョン4は公式フォーマットであるため私家版でもサポートされているが、エンジン毎に仕様に微妙な違いがあるため、私家版では正常に遊べない場合も稀にある。
【CWNext】
CWNext付属のWirthBuilder(ver.1.2.0以降)で作成したシナリオはNext専用となり、CW1.50やCWPyでは利用できない
  • シナリオに属するファイルの構成はASK形式と同じだが、CWNext独自のデータフォーマット(データバージョン「7」とされる)で保存される。
  • 保存したシナリオデータはCardWirthEditorをはじめとするデータバージョン4向けのツールでは読み込めず、Next側からイベントデータ等を切り貼りする事もできない。
    • オプションで「シナリオのファイル圧縮を無効化」をONにしても同じ。フォーマット自体が異なるため、圧縮を無効にしてもCW1.50等ではプレイできず、データバージョン4向けのツールでは編集不可能。
【CWPy】
CWPy用のシナリオエディタCWXEditorでは独自の拡張を施したPy専用形式のシナリオを作成できるが、v.2.0 β15以降は正規版と共通の形式を選ぶこともできる
  • 新規作成時に [クラシック] を選択すると、正規版(CW1.50など)と共通の形式で作成を開始する。
    この形式は「クラシックシナリオ」という名称になっており、データバージョン「4」で保存される。
    • CW1.50で採用されているのと同じ形式で、基本的にはCW1.50やNextでも遊べる。
      ただ、CWXEditorとその他のデータバージョン4向けのシナリオ作成ツールでは画像格納(など?)の仕様に違いがあり、BMP以外を格納すると他のエンジンでは遊べなくなる場合がある。クラシックシナリオなら他のエンジンでのプレイが確実に保証されるわけではない点には、注意が必要。
    • 途中でWSN形式と呼ばれる独自形式で保存し直すこともでき、その場合、専用の設定拡張部はデフォルト値で追加される。
  • 新規作成時に [クラシック] 以外を選択した場合や、WSN形式を選んで保存した場合は、Py専用になる。
    • 途中でクラシック形式で保存し直すこともできるが、Py専用の拡張部分の扱いが難しい。
      専用要素は削除できる場合は削除されるようだが、一部が消えずに残ることもある。CWXEditorの 編集>検索と置換 で「誤り検索」を行い、非対応部分を取り除く作業必須。
    • また、Pyのデフォルト素材のファイル形式がCW1.50などとは異なるため、古いバージョンのCWXEditor(v.3.0以前)ではクラシック形式で保存し直したものをそのまま他のエンジンのScenarioフォルダに入れても正常に動作しないことがある。
  • CWXEditorでは[クラシック]と非[クラシック]の間で切り貼りが可能なため、例えばPy専用形式で作成したシナリオからパッケージやイベントをクラシック形式にコピーするといったことが簡単にできる。
    切り貼りした先で問題が出る部分にはエラー表示が出るので、そこを修正すれば良い。大規模に切り貼りした際は、誤り検索を実行しておいた方が安心だと思う。
↓作成 / 再生→公式版私家版
〜1.291.301.50NextPy
CWEditor1.28
(CW1.28付属)
WB1.0.8
(CW1.30付属)

(※1)
WB1.1.24〜1.1.38
(CW1.50付属)

(※1)

(※1)
WB1.2.0以降
(CWNext付属)
××××
CWXEditor 3.3以降
(CWPy付属)

(※2)

(※2)

(※2)

(※2)
(CWEditor=CardWirthEditor,WB=WirthBuilder)

(※1)新たに追加された新コンテントなどを使用した場合に再生できない。

(※2)Py専用形式([クラシック]以外)で保存したり、PNG・GIFを格納したシナリオはプレイできない。

[▲上へ]

で、結局どれを使えばいいんだろう……?

シナリオを【遊ぶ】時は、基本的に好きなエンジンを選べばOK!

シナリオを【作る】時は、要検討

ちなみに……

[▲上へ]