|| 「踊る金狼亭」TOPメモ箱拡張DLL関連>ランダム分岐の解釈バグ関連

(確認済:拡張DLL v.1.3/1.4)
ランダム分岐の解釈バグの修正を、実際のシナリオの動きで試してみました。
環境によって差が出るとは思えないので、修正済みと書いてあればそれで問題ない気もしますが…
…つまりは、好奇心で。

具体的に何をしたかと言うと:
値99%に設定したランダム分岐を1000回または1万回繰り返すサンプルシナリオを作成し、そのうち何回失敗するかを見ました。1000回も繰り返せば、「偶々全て成功」の偶然をかなり排除したと考えて良いだろうというわけです。

1回でも失敗すれば、少なくとも値99%が100%扱いではなくなっている事が確認できます。
逆に失敗0回だった場合は、100%扱いのバグが発症している可能性が考えられます。

テストでは、1000回ループと1万回ループを各5回ずつ実行しました。
以下は、その結果です。
これは、間違いなく修正が効いていると考えてよさそうです。
ちなみに、拡張DLL v.1.4で同じ事をした結果は、
でした。
成功率99%=失敗率1%は、どうやら正しく機能しているものと思われます。

※※※
ついでと言っては何ですが、テストに使ったシナリオを公開しておきます。
興味がある方は、ご自分の目で確かめてみて下さい。
「ランダム分岐テスト」DL

[▲上へ]