|| 「踊る金狼亭」TOPツール>cwChkCards

Ver.1.34β(最終更新日:2013/08/04)永遠のテスト配布版
対応】 CW:1.20○/1.28○/1.29○/1.30△/1.50△

ツールの概要ダウンロード更新履歴

基本情報

CardWirthのシナリオ製作者さん向けツールです。
各種カードの設定を一画面でまとめて見ることができ、抜け落ちやミスが無いか確認する際に役立ちます。
キャスト・アイテム・スキル・召喚獣に対応しています。

※お願い※
このツールを使用して得た情報は個人的な利用に留め、ネット上に公開などはなさらないで下さい。
また、プレイヤーの立場でご利用になる方は、このツールがあなたのシナリオプレイの楽しみを奪う可能性があることを十分にご考慮の上、自己責任でご利用下さい。

もう少し詳しく...

以下のようにカードの設定情報を一覧できるツールです。
スキルやアイテムはカード内の召喚獣の呼び出し状況を階層で表示し、エディタではカード名称と画像しか確認できない「召喚獣召喚」効果の内容を詳しく確認できます。
また、キャストカードの所持カードも同様に階層表示され、中身を確認できます。
というような方にお勧めです。
[img:cwChkCards使用イメージ, PNG 17KB]

久しぶりに昔作ったシナリオの中身を確認していて、問題に突き当たったのが事の始まりでした。

CWエディタでカードの設定を調べる際には、
 1.プロパティ画面で各タブを切り替えながら効果や使用時の動作、キャストは能力等を見る。
 2.右クリックからスキル等は使用時イベント、キャストは所持カード設定を開き、中身を確認する。
この作業の繰り返しになります。
ファイル1、2個分ならともかく、それなりの数を調べるのは結構な手間です。

中には、召喚獣召喚で呼び出している召喚獣の元ファイルが無いカードもありました。
たぶん作った当時必要ないと思ったか何かで消してしまったのでしょう。
が、この場合召喚獣がどんな効果だったか、CWエディタの機能で知ることはできません。

自分で作ったものぐらい覚えとけという話ですが、何しろ既に何年も経過していて細かい事は忘却の彼方。
簡単にカードの設定を調べられて、ついでに内包されている召喚獣カードの設定も見える。
そんなツールがあれば、こんな作業はすぐ終わるのに…。
というわけで作ったものです。

せっかくなので公開してみます。
シナリオ製作の一助になれば幸いです。

→ダウンロードする

製作にあたり、Thomasさんのシナリオファイル解析に大変お世話になりました。
バイナリエディタでカードのファイルを開いて見れば、大雑把な構造を掴むことはできます。
しかし細かい部分が何なのか、土台も何も無い状態から調べるのはとても大変です。
もしも以前にサイトを拝見して、かなり詳しい解析情報が存在することを知っていなければ、このツールは企画倒れに終わったかもしれません。素晴らしい情報をありがとうございます。

ThomasCW
 http://thomascw.toypark.in/

恐らく皆様ご存知、Thomasさんのサイトはこちらです。
ConSearchなど各種支援ツールも充実しています。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
念のためのオヤクソクの文言です。
このプログラムはThomasさんのシナリオファイル解析を元にして作者が調査を行い、「私はこうだと思う」内容に基づいて作られています。つまり最終的な材料は作者の判断です。
故にcwChkCardsの実行結果についてThomasさんに全く責任が無い事を明記しておきます。