|| 「踊る金狼亭」TOPツールcwChkCards>未知のフォーマット問題


ツールの概要ダウンロード更新履歴


【問題点】プログラム側で想定していないデータ構造のカードを読み込もうとした際の問題

「プログラム側で想定していないデータ構造のカード」とは何かと言うと、以下の2つです。
  1. 何らかの原因でデータが破損しているカード
  2. シナリオデータフォーマットに未知の部分を含むカード
    (=旧フォーマットや今より新しい保存形式のシナリオ)
読めないカード向けの対策はしてありますが、万一それでフォローしきれない場合、表示がおかしくなる、メモリの使用量が急激に上がるといった現象が起きる可能性があります。その時はシナリオフォルダ選択部でドライブのルートなどシナリオデータが無い場所を選択した後、一旦プログラムを終了させて下さい。

応答がなくなって選択フォルダの変更ができない時は、プログラムを強制終了させた後、最後に選んでいたフォルダの名称を変更して下さい。これにより次回起動時に同じフォルダを自動選択するのを防げます。

[▲上へ]

【お願い】正常に読み取れないシナリオ情報募集!

cwChkCardsでカード情報を正常に読めないシナリオを発見された方へ。
もし良かったら、メールフォームから情報をお寄せ頂けないでしょうか。
読めないシナリオを地道に調べていく事が、改善につながります。
[▲上へ]

シナリオのフォーマットについて

シナリオのフォーマットは、データバージョン「0」「2」「4」の3つを確認済みです。
エンジンの開発履歴にはバージョン「3」も記載してありますが、今のところ発見できていません。
0、2、3、4があって1が無いのも変なので、「1」もあったのかもしれません。
ちなみに、現行(CW1.50時点)は「4」です。

データバージョンは、CWエディタでSummary.wsmの詳細情報を見ると分かります。
(最新エディタで確認する場合、うっかり上書き保存すると新フォーマットに書き換わってしまうのでご注意下さい。書き換わってもシナリオ内容に影響無いとは思いますが…)

現行エディタの編集結果とはデータ保存形式が違う古いシナリオ(バージョン0や2のもの)については、現物の入手が困難なため不明な点が多いです。旧フォーマット関連部分は、手持ちのごく少数のシナリオを調査した結果から、かなり推測が入った判断で作られています。が、推測は完全には正しくないかもしれません。
手持ちのシナリオを調べると、各データバージョンの出現時期は以下のようになっていました。
切り替わりの時期的に、
と推測しています。
持っている一番古いエディタがVer.1.20で、Ver.1.15以前が無いので確認は取れてません。

明らかにされているプログラム改定内容を見る限りでは自前の解析で対応しきれていない変更があると思われます。ただ、どのように保存形式が変わったのか分かるシナリオを今の所発見できていないため、そのままになっています。

2014年4月20日現在:
[▲上へ]