PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > (閲覧注意)

エントリー

カテゴリー「(閲覧注意)」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] CardWirthNext次バージョン個人配布移行の事

12日に日付が変わってしばらくで意見交換会へのお誘いを受け取って、約1日経った今日13日の日付変更後辺りに添えられていたブログ記事への返信を書き終わり、寝る前にちょっとだけTwitterを眺めようかと思ったら。

24時間経たない間に、事態が急変していました。
自分のTLに表示された関連呟きだけでも結構数があり、遡って流れを追うのは諦めました。
直接話しかける勇気もないので、遠くからひっそりお疲れ様と感謝の念を送ります。

※※※
実は、意見交換会に密かに期待していました。
少し前にCW1.60(予定)のデータ圧縮について書かれた文書を拝見した事をきっかけに、開発の方向性に添わない意見を直接言わない方針を改め、後でややこしい問題に発展する可能性がありそうな場合に限っては伝えた方が良いのかもしれないと思い直し始めていたところだったからです。

と言っても、その時私の頭にあったのは、主にバックパックの件でした。
テーマから外れるので失礼になるかもしれませんが、終わり際にちょっとだけでも持ち出せる機会に賭けようと思いました。CWの根本設計が変わる大きな変化になり得るものを、少なくとも次バージョンで急いで実装しなくても良いのではないか、と。その事を開発者様に直にお伝えしてみようと考えていたのですが……

CW1.60は個人配布で出るようですが、意見交換会はもう無しでしょうね。
後で見たところによると、仮に開催されていても開発者ご本人様は不参加だったようで。

※※※
もう少し追加。

上の方にリンクがあるブログの記事で、オープンソース化の話が出ていました。
少しでも長く開発が続いていく事を考えれば、その方が良いのかもしれないと思います。
ただ、それも上手くやればの話で、シナリオで出来る事が少しずつ違う独自版が乱立して発表の場も細分化し、結果CW全体が廃れていく可能性と隣り合わせでもありそうです。
いずれにせよ、やるならLyna氏に情報開示を求めるのではなく、新たに独自の解析を行うのが筋ではないでしょうか。



(追記1@関連する拍手コメントへの返信)

>2013/11/13 13:02の方へ
CW1.29が発表された頃にはLyna様が愛護協会入りされていた事から開発も準公式的なものであるとの誤解があり、直接意見を持って伺ったこともありました。しかし、聞いてみるとクローン開発は個人としての行動で、公式採用されるかどうかは愛護協会次第というお話でした。

ならば少なくとも作っている段階では、内容は完全に個人の自由です。一ユーザーである自分に可能なのは、邪魔にならない前向きな感想や不具合情報を送る事に加え、使う・使わない・自分が面白く遊べる形に制限して使うの三択を考えておくぐらいだと思いました。開発の方向性に添わない意見を直接言わないというのは、そういう事です。
ご本人が広く意見を求めておられる時は別として、で。正式公開直前の動作確認などで意見募集が行われる可能性があるので何か考えた時には記録を残しますが、それだけです(でした)。


>2013/11/13 15:04の方へ
バックパックに関しては大きな変更故に賛成反対双方で様々な意見があるだろうし、もう少し時間をかけて着地点を探った方がと考えて直接アタックする気になりましたが、はい、仰る通り言わない→言うで行動一貫はしてませんね。

ただ、お尋ねして現状が開発者として考える唯一無二の理想の形だった場合は、外野がバランスだの何だの言っても仕方ないし、言う気もありませんでした。そこからさらに何か言う権利があるのは、大元の著作権を持っているgroupASK様と採用・不採用を決める愛護協会だけです。それでもなお意見表明する自由はあるでしょうが、そのエネルギーがあるなら別の事に使った方が良いと思いましたので。

※これより後に頂いたコメントへの返信はこちら


(追記2)
これもいずれは遠い過去の話になる……
という事で、念のための用語解説。

- CardWirthNextとは:
Lyna氏開発のCardWirthクローンエンジンで、CW愛護協会の公式ファンサイトで配布されている(いた?)CW1.50の実体。エントリタイトルの「次バージョン」はCW1.60予定で開発が行われていた版を指す。
CW1.50の前には、既存のCW1.28に同じくLyna氏開発のCardWirth Extender(CWエンジン用拡張DLL)で修正を施したCW1.29、CW1.30も配布された。
CW1.30からは新たなコンテントの追加や既存コンテントの拡張も行われ、それに対応したCWエディタクローンWirthBuilderも作られていた。


[関連記事]
#CW新機能バックパックについて を起点に色々(10/13追記あり)
バックパックを使ってみた@CWNext(Build 131020)
バックパックを使ってみた・2@CWNext(Build 131031)
バックパックの影響を考える
Re: CW1.60(予定)関連で頂いたコメント

[微関連記事]
冒険は冒険の前から始まっているという話

拍手送信フォーム

[CardWirth] 新規拡張または改造版作成に関する問い合わせ、の記録

Twitterを眺めていて公式ファンサイト以外でもエンジンやエディタのクローンが作られているのを知り、かつて、ユーザー作成のクローンや拡張について愛護協会宛てに問い合わせをしたことを思い出しました。
無料配布さえ守れば自由にクローンや拡張を作れる事が明確になって生じた疑問を、CW1.30の公開後に送ったものです。
回答やそれにあたる何かは無かったのですが、ぜひ公式見解を知りたかったと今でも思います。
(実際に他でもクローンが作られているのなら、なおさらに。)

疑問について何か知ろうとする事は既に諦めましたが、供養として文面を晒してみようかと。

────────
(2012/11/03送信)

まず最初に、CardWirth1.30の開発と公開お疲れ様でした。
今回の更新は、特に細かい条件分岐を必要とする複雑なシナリオを
作ろうとする方にとって朗報になると思います。


実は、その1.30エンジン公開までの過程で6つほど疑問が生じたため、
メールさせて頂きました。
疑問というのは、今後【個人が】新しく拡張DLLや改造版を作成する場合、

1.無料配布という一点され守れば、新しい機能や要素の追加を含め、
 内容は全く自由で構わないのか。

2.「カードワース」「CardWirth」等公式プログラムの名称を使用して良いか。

3.作った物を自分のサイトだけで独自に配布して良いか。

4.カードワース愛護協会への連絡や許可の取得は必要か。
 必要なら、どの時点で連絡や許可申請を行うべきか。

5.正規エンジンでは遊べないシナリオは、公式ギルドに登録可能か。

6.その他、注意点や守るべき事柄はあるか。

の6点です。


CW1.30公開前にLyna様にお尋ねしたところ、新コンテントを追加した
CardWirthExtenderやWirthBuilderは現時点では個人のものであり、
公式採用されるかどうかは愛護協会次第というご回答を頂きました。
また、仮称ではありますが、既にCardWirthNextの名称でクローンの
開発も進んでいます。

これらの事からカードワース愛護協会の方針は、少なくとも1~3は問題なし、
4は事後報告OK(無報告OK?)という事ではないかと予想していますが、
念のためお尋ねします。

※※※

端的に言えば、公式ファンサイトである程度管理して一本化するのか、
作りたい人に自由に作ってもらって自然淘汰に任せるのか、の話です。

かかる手間や必要な知識を思えば、今後新しい拡張や改造エンジンが
続々と作られる状況になるとは考え難いです。
しかし、新しく拡張や改造版を作る際に参考となる公式情報が
無料配布以外制限なしと読める倉貫様のメッセージ以外に無い現状では、
原形を留めないほど改造されたものが本家版に類似の名称で流通したり、
シナリオデータに独自の拡張を施した互換性の無いエンジン・エディタが
あちこちで配布される可能性が全くゼロでもないと思います。

もちろん、公式で縛りをかけても完全に守られるとは限りませんし、
特に縛りをかけず自由に作って自由に配布できるようにする事で、
これまでに無かった新しいカードワースの世界が広がる可能性もあります。
どちらが良い、悪いという話ではないのだろうと考えています。

ともあれ、どちらにしても(或いはどちらでもないかもしれませんが)、
今後の展開についてカードワース愛護協会様の公式見解を知りたいというのが、
今回問い合わせをさせて頂いた理由です。

もしもご回答頂ける場合は、可能なら私個人宛てという形でなく、
公式ファンサイトに皆さんが閲覧できる形で掲載して頂けないでしょうか。
自分も何か作りたいという方のお役に立つだろうと思います。

長々と申し訳ありません。
乱文乱筆失礼致しました。
────────
以上。

本当に長かった;

拍手送信フォーム

[CardWirth] 続・ちょっとした発見から考えた公式ファンサイトのこと。

前のを愛護協会の方に読んで頂いたようで。
考えの向くままだらだらーっとまとまりなく進めて全て書ききれないまま終わった事を後悔し、もう少し真面目に書いてみる事にしました。
(※22:31追記あり)

※※※

公式ファンサイトが今後もできるだけ長く存続するには、負担の軽減と分散が肝だと考えます。
負担として考えられるのは、以下の2つです。

●サイトの維持や更新にかかる手間、時間等
→情報の更新やギルド更新、掲示板の管理など

●サイトの維持や更新にかかる金銭的負担
→サーバ代やドメイン維持費の支払いなど


【1.手間の軽減と分散】
CW愛護協会は既にサイトの更新を1人で行う体制から全員管理に移行していて、手間の面での負担分散には、ある程度成功していると考えられます。
軽減は人手を増やすといった事になるでしょうが、これは愛護協会で必要に応じてメンバー募集等されると思います。
外部の人間ができるのは、何かの募集があった時、自分にできそうな事があれば積極的に手を挙げるぐらいでしょうか。


【2.金銭的負担について】
当面の問題はこちらだと思われます。
今回のサイト消失も、サーバ代未納が原因でした。

対策には、3つの方向性がありそうです。


<その1>負担そのものを無くす。
無料サーバも今では有料と同じぐらい高機能なところがあります。そういった無料のサービスを利用し、支払い自体を無くしてしまえば、少なくともお金が払えなくて消滅の事態は回避できます。

問題点:どこを借りるか?

○所謂自宅サーバ→危険
・一番大元のサーバ運営の部分で1人(=サーバ管理者)に作業が集中する形態のため、その1人に不測の事態が起きた時や無料開放の維持が困難になった時に共倒れの危険が。

○企業運営の無料サーバ→?
・個人運営より維持の面で安心。
・ページ毎に変な広告が入ったりするとアレ。
(今は良くても、借りた後で広告の種類が変わって居辛くなる可能性も)
・広告が目立つと微妙な気分になる、かも。
(私はそうd(げふんげふん;))


<その2>支払いも全員体制に。
前のところにも書いた、愛護協会メンバー全員が閲覧可能なメールアドレスで請求を受け取る等の方法です。
ただ、以下のような問題点があり、根本的な解決とは言えないように思います。

・高確率で契約者の本名がバレる。
・誰が代わりにお金を出すのか?
・結局少数のメンバーに負担が偏る。


<その3>CWユーザー全員で薄く負担する。
個人的には、これを推したいです。
全額は無理でも、多少なりと足しになれば。。。

前回はアフェリエイトの例を出しましたが、広告が目立つとアレ、という問題もありそうです。
groupAskさんに許可を頂いた上で、いっそ現金を募っても良いかも……。
例えば、こんな感じ?

・寄付のページを別に設け、「買い物して支援」をお願いする。
・寄付のページを別に設け、例えば一口100円募金のような事をやる。

これは上手く行けば負担軽減につながる一方、問題点もあります。

・収支の透明性は保てるか。
・必要以上にお金が集まった場合、どうするのか。
・逆に、必要なお金が集まらなかった場合はどうするのか。
・お金は誰が管理するのか。また、安全に複数人数で管理する方法。[←22:31追記分]
(・寄付をした人、しない人で立場に格差が生まれないか。)

※※※
今の時点では、こんなところ、です。

ふと思った。
一口100円だと、たぶん手数料の方が高く……;


(22:31追記)
真面目に考えたつもりで抜けてました。仮にみんなに負担を求めるとした場合、お金は誰が管理するのかの問題があります。
名義人の本名が晒される個人口座は使わないと思いますが、口座の管理が1人だと本質的に今と変わりません。最悪の場合、使えないお金と化す恐れもあるしで。。。
(※上の本文の方にも追加しました。)

拍手送信フォーム

[CardWirth] ちょっとした発見から考えた公式ファンサイトのこと。

調べものから始まって色々考えさせられたので、見た事、考えた事をまとめておこうかと。
(※2/19追記あり)

※※※
昨日、カードワース関連の調べもの中に、以下のサイトが割と検索上位に入ってきたのが事の発端でした。

> CARDWIRTH.NET
> cardwirth.net/
> 愛護協会に奉納予定です。

へぇ、どなたかそれっぽいドメインを取得されているんだな……とTwitterで呟き、それで終わったつもりでいたら、実は終わりませんでした。


【1.類似ドメインの現状】
上記の最初の呟きの時点では、単純にCWユーザーらしき誰かがドメインを持っているというだけの事でした。が、その後タイムラインを眺めていると.netのドメインは結構以前から確保されていたのではというツイートが流れてきました(このツイートは既に削除された模様)。

そう言えば、以前公式ファンサイトが.comの方を使っていたはずです。変な使われ方をしないように、類似ドメインを押さえておいたのかもしれません。
この辺で、もうちょっと詳しい事情に興味が湧きました。

で、調べたところ:

.com→売り出し中(2012/03/03登録)
.org→誰かが持っている(2011/06/05登録)
.net→CWユーザーが持っている?(2008/04/29登録)
.jp/.biz/.info→空いている

こんな感じでした。
どうやら変な使い方をされないように云々は違っていたようですが、そこそこ誰かが持っている状態ではあります。
cardwirth.netの登録は2008年4月。.comから今の場所に移転したのが2008年3月なので、その時にドメイン移管して使ってもらう事を念頭に登録されたのかもしれません。
(→公式ファンサイトの移転については、拾穂文庫のCardWirth史年表で見る事ができます。)


【2.公式ファンサイトの移転】
ここからそろそろ本題へ。
1.でCardWirth史年表を見たのをきっかけに、今度は公式ファンサイトの移転事情を調べてみようと思い立ちました。
公式ファンサイトは、これまで2度移転しています。
現在のサイト(←停止中のところ)は3代目です。

最初の移転(ask.rainbowsnail.net→cardwirth.com)は、2005年でした。この年の夏に公式ギルドが長期停止し、その後移転が行われました。
当時の告知を見ると、移転はサーバ管理者と連絡が取れない事態への対策込みだったようです。この時に、サイトを1人で管理していたのを、全員で管理できるようにしたとのこと。

2008年の移転(cardwirth.com→cardwirthaigo.sakura.ne.jp)は、見た限り「運営上の理由」としか分かりません。現在のサイトのニュースには、移転完了のお知らせしか残っていないようです。
当時もっと詳しい告知があったかもしれませんが、ともかく何も無ければ移転の必要もないわけで。
・前のサーバをレンタルし続ける事が困難になった。
・ドメインを維持できなくなった。
このどちらか、或いは両方と思われます。

────
(追記)
後日、もう少し詳しい告知を発見しました。
そちらには「新ギルド製作に伴い、レンタルしているサーバーをアップグレード」し、サイト自体も移転すると書かれています。問題が起きて移転したわけでなく、機能の充実を求めた結果だったようです。
────

そして、2013年。サーバ代未納による一時消失が──。


【3.ちょっとだけ真面目に考えてみた。】
2005年に1人管理から複数管理に移行していたお陰で今回ギルドデータ等が無事だったと思いますが、支払い問題は解決されないままです。

新しくサーバを借りるなり、誰かが借りているスペースを提供してもらうなりしたとしても、有料の場所ではいつか同じ事が起きるのはほぼ確実です。
協会メンバー全員が閲覧可能なメールアドレスで請求を受け取れば未払いは防げるかもしれませんが、高確率で契約者の本名がバレるし、誰が代わりにお金を出すのかの問題があります。
また、そもそも必要経費の負担を善意の個人(もしくはグループ)に頼る事自体に問題は無いのか、とも。

何かもっと負担を減らしつつ継続していける方法はないもんでしょうか。

アフェリエイト等でサーバ代を稼ぐとか?

或いは、無料で、CGIだのPHPだの使えて、複数人で管理できて、権限のレベルを個人毎に制限でき、いざという時最上位権限の譲渡が可能な、、、
そんな都合の良いサービスありましたっけ。
無料サーバも今では有料と同じぐらい高機能になっていますが、サービス終了が怖いのが難点です。


まぁ、公式ファンサイトが閲覧できなくなって半月以上ですから、これぐらいな事は既に誰かが考えていますかね。

部外者でも協力できる事があれば……


いや、その。お金以外で…………(弱)


【関連呟きリンク @simoom_cw】
01:2013年2月17日 - 14:57
02:2013年2月17日 - 15:52
03:2013年2月17日 - 16:07
04:2013年2月17日 - 17:35
05:2013年2月17日 - 17:39
06:2013年2月17日 - 17:46
07:2013年2月17日 - 17:51
08:2013年2月17日 - 17:58
09:2013年2月17日 - 17:58
10:2013年2月17日 - 18:01
11:2013年2月17日 - 18:07
12:2013年2月17日 - 18:31
13:2013年2月17日 - 18:34
14:2013年2月17日 - 18:43
15:2013年2月17日 - 18:55
16:2013年2月17日 - 18:58
(※Twilogで読むならこの辺り。


※※※
きっかけ部分について、ちょっとだけ追加。
独自ドメインも利点はあるのですが、取得料やら毎年の更新料やらがですねー。gTLDドメインならそう高額ではないものの、やはり負担には違いないですし。
そんな事情もあって、今の形に落ち着いたのかも?


(2/19追記)
念のため愛護協会臨時広報ブログを再確認すると、費用捻出の項目に「ドメイン維持費」の文字が。前後含めた一文を独自ドメイン使用を予定済みの意と取る事には聊か疑問を感じますが、ドメイン維持費=不必要な負担と結論付けられているわけでもないのかもしれません。

まあ、ギリギリでサーバの借主さんと連絡がついて、引き続き今の場所でとなる可能性もゼロではないですしね。
むしろ、そうなってくれれば、です。

拍手送信フォーム

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2021年09月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed