PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > 呟

エントリー

カテゴリー「呟」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] (独り言)

初めて作ったシナリオ「緋衣の盗賊」は、私にとっては思い出の作です。が、色々とツッコミどころが多い事も、自分自身で、分りすぎる程に分かっています。一から作り直せば修正は可能かもしれませんが、残念ながら、その暇も気力もありません。
直せないと思うためか、時々、問題のシナリオを、この世から抹消したい気分になります。

実は自分、未発見のバグを潰すために、今でもたまに通しプレイをしています。いまだにバグを心配しなくてはならない作りそのものが問題かもしれませんが、それはさておき。
やっているうちに、どうかすると、シナリオファイルを衝動的にHDDから削除したくなる事があります。
…幸か不幸か、実行した事はありません。


こんなのは、私だけでしょうかね。
他のシナリオ作家さんは、自作品とどう折り合いつけていらっしゃるのやら。

勢いで仕上げて、勢いで公開したのが、そもそもの間違いですか。
もちろんテストプレイはやりましたが、自分だけだと、どうしても視点が偏ります。後で外部テストプレイをお願いして、初期の頃よりマトモになったとは思いますが…

……。
まぁ、「勢い」が無かったら、このシナリオは、日の目を見ぬまま闇に葬り去られたでしょうけれど。
どうも、上手くはいかないものです。


直すのも今さら。
削除するのも今さら。
それをやる暇があったら、新しいシナリオを作った方がマシですかね。

拍手送信フォーム

[CardWirth] ギルド情報を更新して思う

登録情報を変更する時、「更新表示に載せずに変更」のオプションがあれば良いのに…。

今回は、ファイルの置き場所が変わっただけ。
シナリオの中身は全く変わっておらず、「更新」とは言えない変更でギルドのトップに表示されるのが、どうも気が咎めていけません。3日間の辛抱ですか(苦笑)。

他にも、シナリオの大筋が変わらない程度の更新や、細かいバグ修正のお知らせを追加したい時など、トップに載らずに変更できると良さそうです。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 「隠れ技能屋」 2.01

クリスマスか…

は、さておき。

「隠れ技能屋」更新しました。
レベル判定分岐でレベル11以上を判定できないため、これまで適性判断ができるのはレベル9まででした。
それを今回、レベル11以上にも(一応)対応させました。

実は、KnowledgeNetworkで調べてもレベル11以上のキャラが本当はレベル何なのか調べる方法はないということだったので、そのまま放置していました。レベル11以上も判定できるようになったのは、非常に原始的な方法によります。

つまりはレベル11以上になっているキャラのレベルをどうにかして調べれば良いわけです。そこで、レベル11超えたキャラは、「レベルを手動で選んでもらう」ことにしました(^^;
選んだレベルが正しいかどうかの確認ができないのがやや弱いですが、レベル11以上がない通常型や一部の特殊型のキャラは問題ないです。

隠れ技能屋→ver.2.01
・レベル10以上の判定に対応
・判定境界にグレーゾーン設置(仮措置?)
DLはこちら


■よしなしごと
本日アップ分のダウンロードテスト中が暇なので本家サイトに回ってみたら、掲示板に気になる書き込み発見。「自作を推せ」か。しかし、どこを推せば良いやら、分からないこともあったりするのだよな。
そりゃ一生懸命作ったのは当然だが、一生懸命作った事をアピールされても、(少なくとも自分は)積極的にやってみようという気は起こらない。作り手がシナリオに注ぎ込んだ労力や情熱といったものと、遊ぶ側にとって面白いか(または好みに合っているか)どうかは別問題だからだ。

初作「緋衣の盗賊」をギルドに登録する時に書いた「作者から一言」を後から読んだ時、非常に自信なさげだと思った。確かに、これを読んだらやる気が減退するかもしれない。書き直したいが、書き直すとたぶん「更新」分としてトップに表示されてしまうので、放置したままだ。
あれは本当に自信が無かったからあの通りなので、まあいいかと思ったりもする。たいして自信もないものを自分で誉めると、嘘ついているようで気分が悪い。
遊んでもらわない事には始まらないというのには一理あるが、推すに推せない作はドウスリャイインダ?
うっ。自薦できるものを作れと、ツッコミが飛んで来そうだぁぁぁぁ~(逃走)

拍手送信フォーム

[CardWirth] CardWirth KnowledgeNetwork

眠る前、少しダラダラする代わりに、「CardWirth KnowledgeNetwork」を見に行って来ました。
本当は8月中、エディタのヘルプを読んだ後で一通り重要そうなところには目を通すつもりでいたのが、何だかんだで今日まで延び延びになっていました。

ヘルプを読めば解決する質問が意外と多いのには、少々驚きでした。
何か分からない時、まずはヘルプに載っていないか調べたりは…いや、答えがヘルプに無い可能性もあるからかな。ヘルプに載っていれば即解決だけど、見ても載ってませんでしただと調べた手間が無駄になるとか。そんな事もあるでしょうか。
「質問用掲示板」なので、何でも聞ける方が役割を大いに果たしていると言えるかもしれません。
それにしても、答える側が大変そうです。

いや、私の素朴な疑問はともかく。
KnowledgeNetwork には、有用な情報がけっこうありました。
特に興味深かったのは、「リューンは、どんな街?」という項目。
次以降のシナリオ内容候補のうちの1つに、リューンを舞台にしようというものがあるので、他の人がどういうイメージで見ているのか分かって面白かったです。
他は「専用スキルを作りたい」「9999spを超える金額の分岐はどうやるの?」など。
実は、spはGETもLOSTも値幅が0~9999になっているため、漠然とそれ以内に収めるものだと思っていました。具体的に9999sp以上を扱う分岐法が載っているのは興味深いことです。
(処理最大値の9999spは、円にして100万円程度(1sp = 100円の目安に従えば)。一度にそれ以上のお金を得たり失ったりすることの方が珍しいとは思いますが。あるとすれば、家を建てるとか? もの凄い価値のある骨董品や宝石を買うとか…)

まだ、KnowledgeNetwork は全て見終わっていません。
ここが終わったら、技術系としては超有名サイト「CW GURU」へ回る予定です。
[ ここまで午前3時ごろ ]

[ ここから午後8時半ごろ ]
帰って来たものの、いまいち食欲が無いので、ここは朝の続き。 KnowledgeNetwork、「全表示」すると、リストが長い長い。分類別表示で「シナリオ作成」だけ見ても、目が痛くなりそうな。
今はただ眺めているだけですが、いつかはあそこで回答できるぐらいになりたいもんです。

※※※
以下独り言。

永遠の初心者ってのも嫌だが、人と分ち持てる程の知識を獲得するには、道程はまだ遠い。
ひょっとすると、こんなヘナチョコ状態で自作物を公式サイトのギルドに登録しようってのは、狂気の沙汰だったんじゃなかろうかね。作者コメントも、今見ればえらく自信なさげだ。まあ、自信なかったのは事実だけどな(苦笑)。
どこかでダウンロード損と思われてりゃしないかと時々ふと不安に思うから、やっぱり今でも自信はないんだろう。
自分が作ったシナリオで他人の貴重な時間を奪うわけだ、その挙句にダウンロード損だったじゃ洒落にもならん。できれば「やってみて損はありません!」ぐらいに書けるものを作りたいが…。
2度目は同じ徹を踏まないように、ちょっとは冷静に考えないといかん。

…うん? ギルドに登録しない品は、TRIALに出してはいけないのかな。
一応、駄目とは書いていない、けどな。


(独り言の方が長い…(汗))
拍手送信フォーム

[CardWirth] 興奮も醒めて

盆休みも、あっという間に終わってしまいました。
なまじ休みがあったために、余計に疲れたような気がします(-_-;

以下は余計事の愚痴+失敗談(?)。
本日、「GROUP ASK WEBSITE」にテストプレイヤー募集用掲示板というのがあることに気付きました(←大馬鹿)。
知人を頼るのが無理なら、自己テストが終わったところで、あそこでテストプレイの依頼をするべきでした。
本家サイトの見方が甘かったとしか言いようがありません。

自己テストの範囲内でミスが見つからなくなった時点(つまり、今回シナリオを公開した時点)は、自分にとっては一応完成レベルで、クリア不可能になるような致命的ミスは取り除かれていた(取り除かれたと信じた)のですが、そこはやはり「制作者本人」の弱みがあります。
その時点でミスが全くなくなっている確率は限りなくゼロに近いし、実際ミスを教えていただいては履歴にも載らないような微小修正を繰り返しているのが現状です。

初作品の作成終了→公開に到るプロセスでは、ガラにも無く興奮していたようです。
やっと練習用の作から脱し、人様に見せても大丈夫と思えるものができたというのは、やはり嬉しかったので…(苦笑)。
しかし、3日ほど前に感じていた興奮もすっかり醒めた今となっては、不用意に正式公開した事を多少後悔しています。
「やった、完成だ!」となったら、出来たものを早く誰かに遊んでもらいたいと思うのが人情かもしれませんが、未完成品をやらされるプレイヤーの方はたまらないはず。今は、誰かにダウンロードして損したと思われていないことを祈るのみです。
一度公開してしまった事は取り返しがつきませんが、今後の処遇をどうするか、現在考慮中だったりします。
何というか…馬鹿か、私は(苦)。

本日の教訓。何事も急いではならない。やる前にもう一度考えよ。
こういう当たり前の事を忘れるほどに有頂天になっていたとは、人間の心理恐るべし。

拍手送信フォーム

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed