PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > 作ってるモノ

エントリー

カテゴリー「作ってるモノ」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] StrataCard 1.11

すみません、18:30~19:30頃にStrataCardをダウンロードされた方、いらっしゃるでしょうか。もしいらっしゃったら、その時ダウンロードしたアーカイブは壊れていると思います。ちょうどアーカイブのアップロード途中で回線が切れてしまい、回復するまでの1時間程の間は本来の容量の半分ぐらいに分断されたものがサーバ上に存在していました。
お手数ですが再ダウンロードをお願い致します;

※※※
修正がいまいち進まないcwChkCardはひとまず置いて、すぐ終わりそうな方を先、などと思ったから罰が当たったんですかね...。

StrataCard→ver.1.11
・いくつかの不具合修正
・リセット関連メニューの集約
・フィルタの調整・追加


…あ、そうか。
難しく考え過ぎだったかも。

↑を書きながらcwChkCardの修正アイデアが湧きました。
思いつきとはどこからどう湧いて出るか分からないもんです。

拍手送信フォーム

[CardWirth] cwChkCards Ver.1.23βの不具合について

cwChkCards Ver.1.23β以上について不具合をお知らせ頂きました。ありがとうございます。
お知らせ頂いた内容から考えて、右クリックメニュー周辺が悪さをしているものと思われます。さっそく原因を調べ始めましたが、実際不具合対策版を公開できるようになるまでにはしばらくかかるかもしれません。

そこで根本解決にはなりませんが、問題が起きる前のバージョン(1.22β)を再公開しました。より新しいバージョンに上書きする事で、とりあえず現象を回避できると思います。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

拍手送信フォーム

[CardWirth] StrataCard 1.10 rv:1

StrataCardの更新を行いました。
何やらごちゃごちゃ追加・修正されています。
2時頃に一旦ver.1.10を出したのですが、後から見落としを発見してさらに修正版を公開しました。修正版は4時半頃です。

StrataCard→ver.1.10
・枠パーツの扱い変更
・各種フィルタの追加など
StrataCard→ver.1.10 rv:1
・繰り返しフィルタをかけるとエラー落ちする場合がある不具合を修正。

拍手送信フォーム

[CardWirth] StrataCard 公開

私が作った物の中で、作り始めた動機が『○○が面倒くさい』じゃないものは、そう言えば緋衣だけですね。
技能屋は「買い直しが面倒」だし、補助ツールは「編集モードで削除が面倒」だし、ガラクタ置き場の面々は言うに及ばずだしで。

StrataCard:ver.1.00【新規】

拍手送信フォーム

[CardWirth] cwChkCards 1.24β

いまだに旧エディタ中心でやっているので完全に失念していましたが、新エディタではカード設定にいくつか追加があったのでした。効果系カードの「無属性」や「必中属性」、キャストの性別「謎」、年代「不明」、素質の「英雄型」がそれです。

キャストカードの追加分はクーポンで管理する部分なので今までのcwChkCardsでも特に問題ありませんが、無属性や必中属性のカードは属性不明の表示になってしまいます。今回の更新は、その手当てです。

cwChkCards→1.24β
・1.28エディタの新要素、「無属性」「必中属性」に対応。
・フォルダ右クリック→情報更新メニューで、内部のフォルダ構造の変化の他にカードの追加・削除・変名も検出するようにした。

※※※
ついでに、新要素が旧エンジンや旧エディタでどのように扱われるかを調べてみました。
今も本家版(Ver.1.28より古い版)を使っている方は、いるとしてもかなり少数派だと思いますが、少なくとも自分はまだ使っているし、ASK公式サイトでの配布も継続されています。自分がシナリオを作る時は可能な限り両対応にしたいなぁ、という訳で以下確認結果です。まとめはこちら

1.28エディタで新要素入りのカードを作って、1.20エンジンや1.25エディタで開いてみました。

【無属性】
◎戦闘で使用した際の挙動
武器無効、魔法無効、武器+魔法無効のいずれの敵にも無効化されず、所定の効果を発揮しました。
どの属性にも該当しない扱いのようです。
結果的に、新エンジンと同じ効果になっています。

◎エディタで開いた時
「物理的魔法属性」が自動選択されます。

【必中属性】
◎戦闘で使用した際の挙動
ダメージ最大値処理を設定した必中属性のカードを敵に使用した結果は、無ダメージ、HP半減、戦闘不能の3パターンに分かれました。
少なくとも必中ではなくなっています。
回避属性なら避けて無ダメージか当たって戦闘不能の2パターンしか無いはずで、抵抗属性として扱われているものと思われます。

◎エディタで開いた時
「抵抗属性」が自動選択されます。

【性別=謎】 
◎シナリオ内での挙動
「_♀」→「_♂」→無印の優先順で3パターンの台詞を入れた台詞コンテントで喋らせてみると、無印の台詞が出ます。
1.28エンジンと同じ挙動です。

◎エディタで開いた時
「男」が自動選択されます。

【年代=不明】 
◎シナリオ内での挙動
「_老人」→「_大人」→「_若者」→「_子供」→無印の優先順で5パターンの台詞を入れた台詞コンテントで喋らせてみると、無印の台詞が出ます。
1.28エンジンと同じ挙動です。

◎エディタで開いた時
「子供」が自動選択されます。

【素質=英雄型】 
◎シナリオ内での挙動
「_英雄型」→「_策士型」→「_知将型」→「_豪傑型」→「_勇将型」→「_万能型」→「_標準型」→無印の優先順で8パターンの台詞を入れた台詞コンテントで喋らせてみると、無印の台詞が出ます。
1.28エンジンと同じ挙動です。

◎エディタで開いた時
「標準型」が自動選択されます。

クーポンで管理される部分について元データが書き換わらない限り該当なしとして扱われるのは予想通りですが、無属性が新旧エンジンで同じ効果なのは少し驚きでした。そういう場合分けなんですね。

拍手送信フォーム

[CardWirth] CardDeflashing 1.00 rv:1

よくよく確認してみると、台詞・メッセージコンテント用の表示の横幅が2ピクセル足りない事が発覚しました。
申し訳ありません。急ぎ修正版を公開致します。

CardDeflashing→ver.1.00 rv:1
・台詞コンテント用表示の横幅が2ピクセル足りない不具合を修正。

拍手送信フォーム

[CardWirth] CardDeflashing 公開

私の物を作る動機は、だいたいのところ

『○○が面倒くさい』

その一言に尽きるようです。
一旦作業の一部または全部を自動化すれば楽になると考え始めると、そこに時間と手間を注ぎ込んで今後の面倒から逃れようとするのです。
嗚呼ものぐさ万歳。

今回のブツは、カード画像の実際表示確認ツールです。
CW本体やエディタを起動しなくてもチェックができ、再読み込みも簡単なのがミソで、ちょくちょくCWエンジン上での表示を確認しながらカード画像を作りたい時、ちょっとだけ手間を省けます。
詳しくはガラクタ置き場のソフト概要ページをご覧下さい。

しかし。
良く考えたらこれは探せばあったかも…
いや、まぁいいか;

CardDeflashing:ver.1.00【新規】

拍手送信フォーム

[CardWirth] 「隠れ技能屋」 4.01.01

最新のエディタ(ver.1.2.8.003)ではレベル分岐にLv1~99とかなり幅広い値を設定できるようになっている事に、今更気付きました。
以前はLv1~10しか設定できず、Lv11以上の判別は不可能だったのですが、いつの間に改善されたんですかね。ひょっとして、このシナリオを新エンジンに対応させた2004年の春頃、既に変更されていた…?(^^;

それはともかく、この変更のお陰でひとまず最終版のところで書いていたレベル11以上の自動判定を実装することができました。

新エディタの機能を活かせば理屈上はLv99まで、連れ込みNPCを含めて完全な適性判定が可能ですが、さすがにあまりに手間がかかりすぎる上に使われる機会があまり無いと思われる事、処理が重くなる可能性もある事から追加はしないと決めました。Lv16以上は、今後も対応の予定はありません。
今後の更新はバグ潰しのみになると思います。これで本当に最終版といきたいものです。

隠れ技能屋→ver.4.01.01
・Lv11以上のPCのレベル判定を自動化
・1人PT時の処理を多少簡素化
DLはこちら

拍手送信フォーム

[CardWirth] PriceTagger 0.30β

シナリオ用に値札用画像を作っていて、ふと思考が明後日の方向に飛躍しました。

(そうだ。独自形式の値札用画像は、外部から読み込むようにした方が楽だよな?)

このサイトで配布している値段文字入れソフトは画像にリューン形式の値札を貼り付けるように出来ていますが、元々は自分で作った全く別の値札用画像を貼るためのものでした。
が、そんな汎用性のないものを配布するのもどうかと思い、後からリューン形式での編集を追加して、サイトに出す時にはいちいち自作形式の処理部分を削除し、コンパイルし直してからアップロードしていたのです。
面倒をなくすためのソフトなのに、面倒くさいことこの上もありません。

本体はリューン形式専用として、自作形式の画像は外から読み込むようにした方が、断然楽です。
自作形式部分を削除する際のミスを心配する必要も無し。
何故もっと早く思いつかなかったのか…。

それに、自作画像で値札を貼りたい人は、私以外にも居るんじゃないかと思います。ただ、作り始めてからかなり経ちましたし、そういう事に対応しているツールも既にあるかもしれませんね。


今回の目玉は、RLE4対応です。
発端が自作値札だったのでついでのようになってしまいましたが、以前からいつかやろうと思いながら放置になっていたものです。RLE8対応から実に7年半ぶりですか。やっと果たせました。

PriceTagger→ver.0.30β
・4bit保存時のRLE圧縮に対応。
・外部から値札用画像を読み込み可能に。
・ディザ法による減色機能追加。

拍手送信フォーム

[CardWirth] cwChkCardのコンテント内包カード閲覧機能について

この記事は、一行メッセージへの返信を兼ねています。
同じご意見の方もいらっしゃるかもしれませんので、エントリとしてアップさせて頂きました。

効果コンテントで召喚獣を召喚する場合、召喚獣カードの情報はコンテントデータの一部となり、CWエディタではカード名と画像のみ表示されます。パラメータを直接見ることはできません。
今回頂いたメッセージは、この点についてのご指摘でした。以下に要約します。

  • CWは数値隠蔽が特徴のゲーム。エディタでも見えないものが簡単に覗けるのは良くない。
  • 召喚元のカードデータが消されている場合、それはシナリオ作者が詳細を知られないため敢えてそうしているのかもしれない。
  • 通常見えないものが見える機能は、作者の知られたくない権利を侵害する。よってこのツールは公開を停止すべきである。

ここから返信です。

※※※
一方通行の連絡手段をお選びになったのは返信不要ということだと思いますが、更新履歴に載らない更新でお応えすることになってしまったため、念のためこちらでお知らせします。いつかお目に触れる機会があることを祈ります。

実はご意見拝読するまで、その辺りはあまり深刻に考えていませんでした。
シナリオデータは暗号化されているわけではないためバイナリエディタで普通に読め、このツールは単に手間を省くだけ、というのが主な理由でした。
しかし、バイナリエディタ等で多少なりと手間をかけて調べるのと、専用ツールで一瞬で見えるのとでは大きな違いがあるというご意見もごもっともです。確かに、これは通常見えないものだという前提で制作されているシナリオ作家さんもいらっしゃるかもしれませんね。

そこで万が一に備え、注意書きを設けました。
また、「CWに標準の手段では見えないモノが見える事」が分かり辛いというご指摘を考慮して、ソフトの説明ページを変更しました。

なお、ご意見のうちツールの公開をやめるべきという箇所については、申し訳ありませんがお応えできません。
CWのシナリオデータはその気になってやり方を調べれは誰でも簡単に中身を確認できる作りであり、その際例えば暗号を解読する等の特別な処理の必要性も皆無──つまり、内容の詳細を絶対に秘匿すべきものとして設計されていないというのが、その理由です。
エディタで見えない物を見る事をどう考えるか、設計の話にしても意図的にそうされているのか結果的にそうなっただけかなど、人によって意見が分かれる所だとは思いますが、少なくとも現段階でcwChkCardを公開停止する理由はないと考えています。

(23:06 すみません、分かり辛いと思ったので少し修正しました。)

拍手送信フォーム

ページ移動

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed