PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > 2016年07月のエントリ

エントリー

2016年07月の記事は以下のとおりです。

[CardWirth] CardWirthで使える素材まとめ(10/5更新)

公式各バージョン及び私家版で、どのファイル形式が使えるのかまとめです。
あくまで「エンジンで再生可能か」のまとめというところにご注意ください。
付属のエディットツールで扱えないファイル形式を含むことがあるので、ファイル選択リストに出て来なければCW1.50付属のWirthBuilderを使ってみてください。

(※サイトの方に表形式でまとめたものもあります。今後変化があった時は、そちらの方を更新します。)

【BGM】
MIDI:1.20以降(全バージョン?)
MP3:1.28以降(1.28はループなし、1.29からループ再生可。CW1.20もMP3対応版なら……)
WAV:1.28以降
OGG:1.30以降(1.30はBASS再生時のみ、1.50は完全対応)
(※Next、PyはCW1.50と同じ。)

  • NextとPyは、RPGツクール仕様のMIDIループ(CC111)に対応している。
    CW1.50は非対応のため、MIDIは常に曲全体がループされる。


【効果音】
WAV:1.20以降(全バージョン?)
MP3/OGG/MIDI:1.30以降(1.30はBASS再生時のみ、1.50は完全対応)
(※Next、PyはCW1.50と同じ。)

【セル画像】
BMP:1.20以降(全バージョン?)
JPEG:1.20以降
PNG:1.50以降
(※NextはCW1.50と同じ。PyはCW1.50と同じ+アニメなしGIFも使える。)

  • CW1.29~1.30で透過BMPをセルに設定する場合、マスクをOFFにしないと表示がおかしくなる。
  • CW1.50やNextでアルファチャンネルなしのPNGをセルに指定した場合、マスクのON・OFF状態の影響を受けない。必ず見たままの表示になる。


カード参照】
BMP:1.20以降
PNG/GIF(アニメなし):1.50以降
(※Next、PyはCW1.50と同じ。)

【カード格納】
BMP:1.20以降
(※NextはCW1.50と同じ。PyはPNGやGIFも格納で表示できる。)

  • BMP以外では、WirthBuilderでPNG、CWXEditorではPNGとGIFを格納する画像として選択できる。しかし、シナリオ内に取り込まれる際の画像の扱いが異なるので注意が必要。
  • WirthBuilderでは、PNG画像は格納する際にビットマップ変換される。
    WirthBuilderが同梱されているCW1.30/1.50及びNextでPNGの格納が可能だが、実はエンジンは格納されたPNG画像の表示に対応していない。格納時にビットマップとして取り込まれるため表示できているだけ(重要)。
    • 格納時のBMP変換のため、CW1.30や1.50に付属のWirthBuilderでPNGを格納したシナリオは、結果的にCW1.20~1.50でも画像の表示が可能。
    • 透過PNGを格納した場合は透過BMPに変換され、エンジンの透過BMP対応状況の影響を受ける。
  • CWXEditorの「クラシックシナリオ」では、PNGやGIFはそのままPNG・GIFとして格納される。
    このためBMP以外の格納表示に対応していないCW1.20~1.50及びNextでは「ビットマップイメージが不正」や「ビットマップ画像が無効」のエラーが出る。

 

透過BMP

透過BMPの表示に対応したのは、CW1.29の時です。
それ以前のバージョンでも表示は可能ですが、アルファチャンネルの情報が適用されないため見た目がおかしくなります。
注意すべきは透過BMPをセルに使う時で、CW1.50では設定によらず透過情報付きの見たまま表示ですが、CW1.29~1.30ではマスクをONにしていると透明度≠0部分の背景が白く表示されます。マスクOFFにしておけば、透過BMP対応バージョンならどれでも正常に表示できます。

規格外を許容

WirthBuilder(CW1.30から同梱)では、カード画像の格納に「規格外を許容」オプションがあります。
74×94サイズ以外の画像も選べるようにするものですが、これを使った時のエンジン上での見た目はCW1.20~1.29でもCW1.30やCW1.50と同じです。

私家版では……

Nextで使える素材は、画像・BGM・効果音ともCW1.50とほぼ同じです。
異なるのは、恐らくNextがRPGツクール仕様のMIDIループ(CC#111)に対応していることのみです。

PyではNextと同じ素材が使えるほか、セルの画像にアニメなしGIFが使えたり、PNGをそのまま格納できたりします。「使える素材」ではないですが、セル画像にアルファチャンネルなしのPNGを指定した際、CW1.50やNextとは異なりマスクが正常に働くという違いもあります。

Nextで作成したシナリオはNext専用になるため他のエンジンを考えなくても大丈夫ですが、Py(CWXEditor)のクラシック形式で作成したシナリオはCW1.20~1.50やNextのユーザーがプレイする可能性があるため、他エンジンと異なる部分が入る時は付属テキストに書くなどしておいた方が親切かも。


※※※
昨日TwitterでNextとPyはOGGに対応しているというツイートを見かけて、反射的にCW1.30と1.50も対応していると呟いたのが、この記事の始まりでした。
CardWirthは新しくなるにつれて使える素材形式が増えてきましたが、何がいつ使えるようになったのかはあまり知られていないのではないかと思います。また、付属のエディットツールで扱えるファイル形式とエンジンで再生可能なファイル形式が異なっていることもあり、それも話をややこしくしています。

なお、私家版については、記事最終更新時点の最新版の情報です。
(Next1.60&WirthBuilder1.2.27 / Py1.1&CWXEditor4)

※素材以外の仕様変更も含めた各バージョン変更点まとめはこちら


【情報提供】
CWXEditorの格納の仕様については、@ankkkcwさんに情報を頂きました。ありがとうございますm(_ _)m

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed