PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > 2018年09月のエントリ

エントリー

2018年09月の記事は以下のとおりです。

OneDrive、アカウント維持について

前にCardWirth関連の記事で自作物のバックアップ方法を書いた際、いくつかのオンラインストレージを紹介した中に、OneDriveがありました。Microsoftアカウントで利用できるサービスの1つですが、Microsoft サービス規約には、指定の期間使用しないとMicrosoftアカウントやOneDriveがcloseされると書かれています(「4.本サービスの使用およびサポート」内)。以下は、その部分を抜き出したものです。

まず、Microsoft アカウントの停止に関する部分。

お客様は、アクティブな状態を維持するように Microsoft アカウントを使用しなければなりません。Microsoft アカウントおよび関連付けられている本サービスをアクティブな状態に維持するには、少なくとも 5 年に 1 回はサインインしていただく必要があります。(中略)この期間中にサインインしない場合、マイクロソフトはお客様の Microsoft アカウントを非アクティブとみなし、お客様に代わって停止します。
(原文:You must use your Microsoft account to keep it active. This means you must sign in at least once in a five-year period to keep your Microsoft account, and associated Services, active, [...]. If you don’t sign in during this time, we will assume your Microsoft account is inactive and will close it for you.)

次に、OneDriveの停止に関する部分。

少なくとも年に 1 回、お客様の Outlook.com の受信トレイおよびお客様の OneDrive に (別々に) サインインする必要があります。年に 1 回もサインインがなければ、マイクロソフトはお客様の Outlook.com の受信トレイおよびお客様の OneDrive をお客様に代わって停止します。
(原文:You must sign into your Outlook.com inbox and your OneDrive (separately) at least once in a one-year period, otherwise we will close your Outlook.com inbox and your OneDrive for you.)

さらに、Microsoftアカウントが停止された後については、以下のように書かれています。

お客様の Microsoft アカウントが停止された場合 (お客様によるかマイクロソフトによるかを問いません) の対応について説明します。まず、Microsoft アカウントを使用して本サービスにアクセスする権利は直ちに終了します。次に、マイクロソフトはお客様の Microsoft アカウントに関連付けられた本データまたはお客様のコンテンツを削除するか、その他の方法でこれらと、お客様およびお客様の Microsoft アカウントとの関連付けを解除します。ただし、マイクロソフトがこれらの保管、返却、またはお客様もしくはお客様が特定する第三者への譲渡を法令によって求められる場合を除きます。マイクロソフトは、アカウントが停止された後はお客様のコンテンツまたは本データを取得することができなくなるため、お客様が定期的なバックアップ計画を立てる必要があります。第三に、お客様は取得済みの製品にアクセスできなくなることがあります。
(原文:If your Microsoft account is closed (whether by you or us), a few things happen. First, your right to use the Microsoft account to access the Services stops immediately. Second, we’ll delete Data or Your Content associated with your Microsoft account or will otherwise disassociate it from you and your Microsoft account (unless we are required by law to keep it, return it, or transfer it to you or a third party identified by you). You should have a regular backup plan as Microsoft won’t be able to retrieve Your Content or Data once your account is closed. Third, you may lose access to products you’ve acquired.)

これらを見て、OneDrive内のデータが最終的に消滅する可能性があるのは5年間アクセスしなかった場合だと思っていました。つまり、1年間サインインしなければOneDriveが凍結され、さらに4年が経過して5年間サインインがなければMicrosoftアカウント自体が停止されて関連サービス内のデータも消える、と。しかし、そうではないのかもしれません。

※※※
先日、「お使いの OneDrive アカウントは、2018 年 10 月 12 日に削除されます」という件名のメールが届きました。本文には、「アカウントは‍、過去 2 年間使用されていないため‍、2018 年 10 月 12 日に削除されます‍。アカウントの維持をご希望の場合は‍、OneDrive にアクセスしてアカウントを再び有効にしてください‍。」とあります。

ともかく、削除を回避するためにOneDriveにアクセスしたところ、以下のような表示が出ました。

[PNG-5KB]

OneDriveは既に凍結されていました。リアル用に作成したアカウントで、そう言えば相当前に仕事で作ったファイルの受け渡しに使って以来、触った記憶がありません。アカウントの存在自体忘れていたことを申し訳なく思いつつ、「凍結を解除する」をクリック。すると、次の表示に切り替わりました。

[PNG-6KB]

「最大24時間」とありますが、実際には5分ほどでファイルにアクセスできるようになりました。ファイルのサイズなどで違うのかもしれません。

さて。ここで引っかかったのは、「過去 2 年間使用されていないため‍」期日を過ぎるとアカウントが削除されるというメールの文章です。この2年というのは、どこから出てきたのか? そして、ここで言う「アカウント」は、何のアカウントのことなのか?
上の2つの画像を見る限り、ここでは既に凍結されているアカウントの凍結解除を行っています。また、凍結解除を実行する前も、同じMicrosoftアカウントで使用するOutlook.comのメールの方は、普通に受信操作を行えていました。Microsoftアカウントが停止されていたら、Outlook.comへのアクセスもできなかったはず。つまり、「アカウント」はOneDriveのアカウントと解釈するのが正しそうです。しかし、OneDriveのアカウントが2年放置で消えるとは、どこにも書いていなかったような……。

とりあえず、(OneDriveの?)アカウント削除前にメールが来るようですので、サインインはしなくても、メールチェックだけは気をつけておきましょう。Outlook.comのメールアドレスは、メールクライアントでも使用できます。ちなみに、メールが届いたのは、削除予定日の1か月前です。

※※※
実は、この数日前にも別のリアル用アカウントでOneDriveの凍結が発覚していたり。
色々な関連サービスを連携させて大いに活用している人は良いのでしょうが、ファイル保管だけに利用して普段は放置している場合は、削除予定お知らせメールが命綱です。忘れずメールチェックを!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed