PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > エントリタグ::CWツール@PriceTagger

エントリー

タグ「CWツール@PriceTagger」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] 従来型素材向けツールの今後

CWエンジンの透過対応で、左上隅の色を透過させる従来型素材の出番は減っていくと思います。
半透明などこれまでやり辛かった表現が可能になった事もありますが、何と言っても、周囲を透過色できれいに潰すより描いたまま透明度付きのデータとして出力する方が断然早いし簡単という事情があるからです。
従来型素材が消滅する事はないでしょうが、今後は描き手の方々が透過を選択されるケースが増えていくのではないかと予想しています。

そんな予想もありまして、当サイトで配布している画像絡みのツール3つは、一応開発終了からいずれ配布停止の予定、という事にしました。

さらに、透過に対応していないのもさることながら、従来型素材の加工・チェック用としてどうなのかの問題も。
一般的なドローソフトを使った方が断然良さそうではあります。

※※※
画像絡み3つ。
・PriceTagger(カード値札貼り)
・StrataCard(カード画像合成)
・CardDeflashing(カード表示確認)

今のところはそこまで透過BMPが浸透している様子でもないので、当分配布は続けます。

開発はたぶん終了(かも終了しないかも)です。
透過に対応させようと思わなくもなかったのですが、やるつもりで溜めている事の数々を考えると何時になるか全く分かりません。
予定消化の目処が立たなくなっている状態でさらに予定を追加して抱え込むより、現在の予定をやり尽くした時に改めて考えようと思います。

[CardWirth] PriceTagger 1.00

RLE圧縮に完全対応し、大きな不具合も潰し終えたと思うので、そろそろ正式版として公開する事にしました。
今回は正式版に格上げしただけで、能力的には前とあまり変わりません。

PriceTagger→ver.1.00
・値札を貼り付けるときのビープ音を削除
・減色機能の整理

[CardWirth] cwChkCards 1.31β/PriceTagger 0.31β

先日、cwChkCardsフォルダ選択に一部のフォルダが表示されないというご指摘を頂きました。
この件について色々調べたり再現を試みた結果、ご指摘の点(インデックス付けの有無)との関わりについては分からないままでしたが、それとは別に、現在の形では全角スペースで終わるパスが認識されないことに思い当たりました。

cwChkCardsがクリックや情報再取得で指定したフォルダのサブフォルダ情報を取得しに行く時、中に例えば「シナリオ 」のように名前の最後が全角スペースで終わっているものがあると存在しないものとして扱われ、エラーが発生します。
その結果、まだ表示すべきサブフォルダが残っていてもそこで処理がストップし、あるはずのフォルダが階層に追加されません。

元々の目標とは違ってしまいましたが、まずは原因と現象がはっきりしているこちらから修正を行いました。
インデックス付けとの関連は、引き続き調査致します。

貼り紙のフォルダ名一覧が中寄せになっているCW特有の事情のため、この不具合に遭遇した方は私が思うより多いかもしれません。フォルダが表示されなくてお困りだった皆様、申し訳ありませんでした。

cwChkCards→1.31β
・名称が全角スペースで終わるフォルダが存在しないものとして扱われる不具合を修正。

※※※
「全角スペース終わり」問題はPriceTaggerの方にも影響しそうでしたので、急遽中身を確かめました。
やはり影響が出る作りでしたので修正を行いました。

PriceTagger→0.31β
・外部から読み込み用の値札画像を全角スペースで終わる名前のフォルダに入れた時、正常に読み込めなくなる不具合を修正。

[踊る金狼亭] ツール類のリンクミスについて

11/20のcwChkCardsのバージョンアップの際、ダウンロード用ファイルの場所を書き換え忘れていました。
また、改めて確認したところ、トップページ「主な配布物まとめ」の各ツール直ダウンロードのリンク先が誤っていました。こちらも恐らく11/20からと思います。
この1か月程の間にダウンロードに来て頂いた皆様にご迷惑をおかけする結果となってしまい、申し訳ありません。本日ただ今修正致しました。

[CardWirth] PriceTagger 0.30β

シナリオ用に値札用画像を作っていて、ふと思考が明後日の方向に飛躍しました。

(そうだ。独自形式の値札用画像は、外部から読み込むようにした方が楽だよな?)

このサイトで配布している値段文字入れソフトは画像にリューン形式の値札を貼り付けるように出来ていますが、元々は自分で作った全く別の値札用画像を貼るためのものでした。
が、そんな汎用性のないものを配布するのもどうかと思い、後からリューン形式での編集を追加して、サイトに出す時にはいちいち自作形式の処理部分を削除し、コンパイルし直してからアップロードしていたのです。
面倒をなくすためのソフトなのに、面倒くさいことこの上もありません。

本体はリューン形式専用として、自作形式の画像は外から読み込むようにした方が、断然楽です。
自作形式部分を削除する際のミスを心配する必要も無し。
何故もっと早く思いつかなかったのか…。

それに、自作画像で値札を貼りたい人は、私以外にも居るんじゃないかと思います。ただ、作り始めてからかなり経ちましたし、そういう事に対応しているツールも既にあるかもしれませんね。


今回の目玉は、RLE4対応です。
発端が自作値札だったのでついでのようになってしまいましたが、以前からいつかやろうと思いながら放置になっていたものです。RLE8対応から実に7年半ぶりですか。やっと果たせました。

PriceTagger→ver.0.30β
・4bit保存時のRLE圧縮に対応。
・外部から値札用画像を読み込み可能に。
・ディザ法による減色機能追加。

[CardWirth] PriceTagger 旧版(v.0.13β)再公開

値札貼りソフトVer 0.21βで

  1. 元の画像に実際に使われている色が、255色か256色で、
  2. オプションの「色数を保持」にチェックした状態で編集した

場合に、不具合が起こる事を確認しました。

この条件下で編集した画像は、PriceTaggerや手持ちの画像編集ソフト(PhotoshopやMS-Paint)で読みこんだ場合には異常は認められませんでしたが、CardWithで読み込んだ時、本来カード枠内に収まるべき画像が、数ピクセル分、上下や左右にズレて表示されました。
元画像が254色以下の時、「色数を保持」を使っていない時には、問題は無いようでした。

旧バージョン(0.13β)には問題はありませんので、そちらのみ公開を再開しました。

最新バージョン(0.21β)については、引き続き調査を続行し、バグフィクス版を作成します。バグフィクス版公開予定は未定です。

※※※
1月末に「後日」とか書いたメールの再チェックが先ですかねー……。

[CardWirth] PriceTagger 0.21β 公開停止

値札貼りソフトに問題がある可能性が出てきました。
突然ですが、調査が終わるまで、しばらく(?)公開を中止します。再公開日時は未定です。

※※※
この件は、とある方から情報をいただきました。
お知らせ下さった方、ありがとうございますm(_ _)m

[CardWirth] PriceTagger 0.21β

前回の課題だったRLE圧縮に対応(一応)。
256色対応したところで安心していると、次はいつやるか分かりませんからねー…。

実は、8ビット単位の圧縮しか対応してません。
16色以下の時は、4ビット単位の圧縮となりますが、それは、またいつか。
(「いつか」って何時でしょうね(苦笑))

PriceTagger→ver.0.21β
・8bit保存時のRLE圧縮に対応。

[CardWirth] PriceTagger 0.20β

値札貼りソフトを、少しだけ改定しました。
きっかけは、ぶっちゃけた話、某所で紹介していただいた事です。

元々、強制的にフルカラー保存されてしまう欠点を何とかしたい、とは思っていました。が、何となくこんなふうかなーと考えてみた処理手順を、命令と式で書き表すのが、あまりに面倒くさそうで…。
なまじ手元にOPTPiXという減色もできる高機能画像加工ソフトがあったことも手伝って、どうしても改定を行わねばらなない必要性を感じる事がありませんでした。
で、「まぁいいか」と放置して、約1年半。

今月9日、紹介記事をきっかけに、この際、色数の保持と256色(8ビット)以下での保存に対応してくれようと決意しました。
以前に面倒くさくて投げた処理案は、難しく考えすぎでした。真面目に集中して考えてみれば、意外と簡単に書けるものです。あまり時間が取れず、何だかやっつけ仕事になってしまいましたが…。
とりあえず、本日改訂版公開。自己テストの限りでは、大きな失敗は無い…はずです。

PriceTagger→ver.0.20β
・インデックスカラーでの保存(4bit/8bit)に対応。
・色数を変えずに編集を行う似非減色機能搭載。

[CardWirth] 久々ネットにつないでみれば

台風の目に入ったように、昨日から2日間、突然暇ができました。
ここで、これまで放りっぱなしになっていたネット関連のことを片付けようと思ったら、さっそくにバグ報告が(汗)。
良かった、シナリオじゃなくてガラクタ置き場のヘボソフトか…ってそういう問題じゃない。なんとかしないと。


■予定は未定
たぶん多くの方にはどうでも良いことでしょうが、次に作るシナリオのプロットが、ほぼ完成しました。といっても、まだ頭の中の段階です。紙に書いて整理してみれば、まだ改善とスリム化の余地は大有りと思われます。
ストーリー自体ができても、画像やMIDIの準備など、先は長そうです。いつまでも自動作曲に頼るのも何だし、作曲スキルを習得したいものですが…あれは技術だけでは駄目そうですね(苦笑)。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

2018年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed