|| 「踊る金狼亭」TOP初めてカードワース>シナリオ作りへ


0.どんなゲーム?1.初期作業2.カスタマイズ3.転ばぬ先の杖4.オマケ|5.シナリオを作りたくなったら

いつかエディタを触ってみたくなった時に読むページです。
中身は何でもOKです。
作りたいものの完成形がそこそこ見えている方が進めやすいですが、漠然と「何か作ってみたい」でもいいと思います。
(特に興味がなければ今読む必要はありません。シナリオを作りたくなった時思い出して頂ければ、、、)
  1. とりあえず何すればいい?
  2. コンテントパレットを見てみよう
  3. エディタでできる事が何となく分かったら
  4. ありがちな失敗ポイントを知る!
  5. 作る途中で迷った時は
  6. 公開前の最終チェック
文中に何か所かヘルプが登場しますが、CWエディタのヘルプはWindowsヘルプ形式(*.hlp)です。
この形式のファイルを開けない時は、OSのバージョンに合ったWinHlp32.exeをインストールすれば閲覧できます。
(※Windows 10でヘルプが開けない方は、こちらをご覧ください。)

とりあえず何すればいい?

とりあえずは、シナリオエディタを触ってみることです。
エディタで何が出来るか大雑把にぐらいは知っておかないと、後が大変です。

と言っても、何も材料が無いと先に進み辛いので。

(1)他の人のシナリオを見てみる

これまで遊んだシナリオの中から好きなものを選んで、エディタで開きます。
必ず、実際プレイして、内容が記憶に残っているシナリオを選んでください。複雑すぎないという点でgroupASK作品がお勧めです。

さて。シナリオがエディタに読み込まれたら、プレイした内容を思い出しながら、中身を眺めてみてください。
既に完成している他人の作品を見ることで、シナリオの大雑把な構造などを掴むことができます。
また、気になる演出やイベントは、個別に中でどんな処理が行われているのか調べておくと、自分で作る時のヒントになったりもします。

(2)シナリオ作成講座をやってみる

シナリオ作成講座は、エディタのヘルプ(Help/CARDWIRTHEDITOR.HLP)の後ろの方にあります。
講座の流れに沿ってLESSON.1〜4まで一通り作ると、会話の作り方やフラグの扱い、エリア間の移動など、最低限必要なことを覚えられるようになっています。
[▲上へ]

コンテントパレットを見てみよう

コンテントパレット(Terminalを先頭にタブが並んでいる部分)に何があるか、一通り見ておくと役に立ちます。
コンテント=シナリオ内で実行される命令と考えると良いと思いますが、どんな事ができるか知らないと、作りたいものに対して「あれが使えるんじゃない?」が出てきません。

[img:コンテントパレットSS]

エディタでそれぞれのボタンの上にカーソルを合わせると、各コンテントの名前を見ることが出来ます。
そんなに多くないので、タブを切り替えて全てのボタンの名称を確認しておいてください。
ほとんどのボタンは、名称から何となく働きが分かると思います。

シナリオ内のイベントは、これらのボタンをクリック→イベントビュー右側のコンテントツリーで挿入位置をクリック の手順でコンテントを生成し、数珠玉のように並べることで作ります。
エンジンでプレイする時は、コンテントが並び順に再生されていきます。

閑話休題:シナリオとは何か?

エンジンでプレイする時、シナリオは冒険の物語や様々なものを売る店などとして我々の前に現れます。
では、エディタで開いた時は?

人によって見方は様々だとは思いますが、私個人としては、
だと考えています。
「どんな時イベントを発生させられるか」「イベントの分岐に何が使えるか」を知れば、シナリオ作成に必要な知識の半分程度を身につけたことになるんじゃないかと思うぐらいです。
コンテントパレットを眺める時は、ぜひ分岐に関わるものに注目してみて下さい。以下のような特徴があります。 [▲上へ]

エディタでできる事が何となく分かったら

ここまでで何となく様子が分かったら、すぐに自分が作りたいものを作り始めることをお勧めします。
個々のコンテントの設定項目の意味など、細部までは分かっていなくて大丈夫です。
と言うか、一通り知識を仕入れてからなどと考えると、いつになっても作り始められません(実体験)。
[▲上へ]

ありがちな失敗ポイントを知る!

1つ前に失敗しないシナリオ作りはないと書きましたが、これまで色々な人が間違ってきて「ありがちな失敗ポイント」として知られているところを間違えると、さすがにちょっと恥ずかしいもんです(これも実体験)。
そこでお勧めなのが、こちらのサイトです。

戯作山昧 べくとる庵
http://hp.vector.co.jp/authors/VA016101/

「咆哮雑事」内の「間違いは誰にでもある!」を一通り読んでみて下さい。
また、同じく「咆哮雑事」内の「そこを穿つ!」も非常に参考になります。
CW1.20時代のサイトですが、記事内容のほとんどは古くなっていません。必ず役に立ちます。

[▲上へ]

作る途中で迷った時は

(1)分からない事は、まずヘルプ!

分からない事の大部分は、本体付属のヘルプファイル(Help/CARDWIRTHEDITOR.HLP)で解決できます。

また、公式サイトのFAQやOnline Guideにも、作成関連情報が掲載されています。
シナリオ作成の指標となる情報もあり、一度目を通しておくと役に立ちます。

(2)素材はどこで手に入る? リソースは? 最新情報は?

CardWirthのポータルサイト的な場所に、cw-portがあります。
目的別のサイト紹介や最近の動きなどが掲載されていて、関連サイトを探すのに重宝します。
素材サイトの紹介、作成支援ツールへのリンクなど、シナリオ作成向けの情報も充実しています。

(3)シナリオ作成関連の情報

(4)当サイト内で役立つかもしれないもの


公開前の最終チェック

(1)テストプレイはしたか?

(2)アーカイブに不要なファイルは入っていない?

(3)readme.txtに不備はないか?

  1. シナリオに関する情報は書いた?
    • シナリオ名、対象レベル
    • プレイの前提条件(必要な称号、パーティーの人数や構成、必須技能やアイテムなど、...)
      • 無い場合は、「前提条件なし」と書いておくと親切です。
    • 対応エンジン
      • CWには複数の過去バージョンや私家版エンジンが存在しています。
        「こちらでは正常にプレイできるがこちらでは駄目」が起きる可能性があるため、対応エンジン情報は割と重要です。
        公式ギルドでも検索タグ欄に「最低動作バージョン」の入力が求められており、必須情報扱いです。
      • 基本的には、実際に対応しているエンジンの種類とバージョンを書いておきます。
        動作に必要なエンジンは?
      • 実際の対応エンジンがどうしても分からない時は、今使っているCWエンジンの種類とバージョンを書いて「作成に使用したバージョン」などとしておけば、「最低限これなら動く」が伝わります。
        →「CW1.50で作成しました」など
    • シナリオの内容やシステムに関する解説や注意書き(あれば)
      • 特殊なシステムを採用している、人によって苦手かもしれない表現を含む、...
  2. 素材の著作権情報に、書き洩らしや誤りは無い? 配布場所のURLは最新?
  3. 自分の連絡先は書いた?(メールアドレス、サイトのURLなど)
  4. シナリオの更新に関する情報は書いた?(バージョン、更新日付、更新履歴)
(※参考資料:公式ファンサイト「解説ファイルについて」

(4)できれば、撤退後まで考えた準備を

※※※
カードワース愛護協会のチェックリストもご覧ください。
公式ギルドにシナリオを登録する方向けの文書ですが、シナリオ配布時に気をつけるべき事、大切な事を書いたもので、ギルド登録しない場合にも当てはまります。
[▲上へ]

このページの内容は、ほぼ私が作り始めた頃にやったこと紹介です。
1人ずつ自分に合った方法があると思いますので、最終チェック以外は、ここに書かれている事に拘る必要は全くありません。

0.どんなゲーム?1.初期作業2.カスタマイズ3.転ばぬ先の杖4.オマケ|5.シナリオを作りたくなったら