PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > CardWirth

エントリー

カテゴリー「CardWirth」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] 「カードの世界」 0.03(テスト版)

今回は、かなり大幅に変更を行いました。
自分の限られた経験や思考だけでは、分からない事も多いですね。あまり気に留めていなかった部分へのご指摘も多数頂き、視界が変わったように思います。

※※※
これまでに発見された不具合の修正を終わりました。
(特に宝箱関連は多かったです。)

また、頂いたご意見を元に色々盛り込み、説明がかなり増えました。自分の不満点も、ついでに盛りました。
これ以上増えると覚える事が多くて面倒と思われてしまうような気もするので、今後は(多少)自重します。

迷っていた「練習会」の名称問題は、結局「お試しコース」に落ち着きました。
お試し以外のコースはあるのか、という別問題が発生しそうですが……。


【決着がつかなかった問題】 2件
・キャンプの説明
後ろに続くメモ情報との兼ね合いはどうするか。

・戦闘時のカードの挙動説明
実際の戦闘を使った分かり易い説明方法はあるか?
文章で説明する場合、今より分かり易くできるか?

[関連記事]
【!】シナリオ「カードの世界」テスト協力者様募集
(↑テスト版DLはこちらから)


カードの世界→ver.0.03
・「練習会」の名称を「お試しコース」に変更
・様々な説明を追加
・宝箱関連のイベント追加とバグの修正
・一部で酒アイテムを味方に使った際補充されないバグの修正
・模擬戦の不具合修正
・誤字の修正
・その他調整

<イベントの追加・修正>
[導入部]
・お試しコース概要の説明(だいたい何をやるのか)を追加。

[理の呪文]
・"理の呪文"の後に、左クリック・右クリックの使い方メモを追加。

[1.装備する]
・装備の仕方の前に、技能・アイテムとは何かの説明を追加。

[2.基本]
・導入部分を少し変更。
・技能とアイテムの戦闘中の挙動説明を少しだけ詳しく。

[3.物に使う:宝箱]
・鍵開けイベント追加(物にアイテムを使うパターン)
・キーコード攻撃で箱を開ける際、実行者の選択が出現するバグ修正。
・罠解除後もキーコードによる鑑定イベントが発生するバグ修正。
・箱開封後もキーコードによる鑑定・解錠イベントが発生するバグ修正。
・難易度の設定が誤っている不具合修正。

[4.人に使う:見張り]
・弟子登場の場面:最初から「見張り?」で表示されないようにする。
(カード名空白で登場→名ありに切替)
・称号とレベルアップに関する説明追加。
・見張り排除成功後に、そのまま再挑戦可能に。

[4.人に使う:情報屋]
・酒アイテムを味方に使ってしまった場合、道場主と話して補充可能に。

[5.召喚解除]
・召喚場面:パーティーに表示される召喚獣アイコンの説明を追加。
・削除を試す間:道場主との会話に削除方法の説明を聞ける選択肢を追加。
・召喚対象をパーティー全員から誰か1人に変更。
・道場主と会話して再挑戦可能に。

<誤字脱字の修正>
・パッケージ11
「さっき話したの"盗賊の眼"は」を
「さっき話した"盗賊の眼"は」に修正。
・パッケージ23
「罠の解除を再挑戦」を
「罠の解除に再挑戦」に修正。

<その他>
[模擬戦@Lv3戦闘]
・戦闘開始前に古いエンジンのバグに関する注意事項追加。
・無効メッセージが何度でも出てしまう不具合修正。

[その他]
・貼紙に道具の貸出がある旨追加。
・名称問題:「練習会」を「お試しコース」に変更。
・弟子の呼ばれ方を「シュミット君」に統一。
・テスト版添付テキストにデバグ宿の使い方の説明を追加。
拍手送信フォーム

[CardWirth] 「カードの世界」 0.02(テスト版)

0.01公開前にそれなりに確認したつもりでいたのに、まだ脱字があるのを発見。脳内補完は怖いですね。
説明項目メニューカードの解説文も、1つだけ修正し忘れが残っていました。

その他、説明や選択肢が足りないと思う箇所を追加しました。
初めての方が発見される事はないだろうものも含んでいます。自分だったらこれは絶対やる、と思い……(謎)

[関連記事]
【!】シナリオ「カードの世界」テスト協力者様募集
(↑テスト版DLはこちらから)


カードの世界→ver.0.02
・いくつかのイベント追加と発生条件変更
・メニューカード解説文を実際に合わせて修正
・脱字の修正

<誤字脱字の修正>
・パッケージ9
「敵の詳細も右クリック見ることができます。」を
「敵の詳細も右クリックで見ることができます。」に修正。

<イベントの追加・修正>
・2つ目の宝箱
技能を使って何も無かった場合の説明を追加。

・1万spイベント追加
・一部蛇足イベントの発生条件変更

<その他>
・エリア3:メニューカード「4.人に使う」
解説文が実際と合わない部分を修正。
拍手送信フォーム

[CardWirth] 「カードの世界」テスト版公開

ふと思い立って、初めてカードワースに触れる方向けのチュートリアル風シナリオを作りました。
内容は、効果系カードの使い方練習的なものです。

きっかけは、Twitterでした。
私自身はカードワースを難しいと思った事は一度も無いし、むしろヘルプさえ読めばほぼ理解できる、初心者に優しいゲームだと思ってきました(もちろん経験の中で掴める類の事もありますが)。しかし、タイムラインを眺めていると、とっつき難いと感じる方もいらっしゃるようです。

何が原因か。
キャラも技もアイテムも、街やフィールドやダンジョンで見かける色々な物も、全てのものがカードで表される他で見ないゲームシステムだから、というのがあるかもしれないと思いました。
良く分からないままゴブリンの洞窟に突入するより、その前にワンクッション、練習用のシナリオがあれば──

いや、既にあるのかもしれませんが;

自分でも作ってみました。
完全に自己満足です。

ひとまず、自己テストを終わりました。ただ、おかしな点を全て発見できた自信はありませんし、色々な方のご意見を聞いてみたくもあります。そこで初の試みですが、サイト上でテストに協力して下さる方を募集することにしました。

公式ギルドに登録する予定もない、このサイト内でひっそり配布されるだけのシナリオですが、もしそれでも構わなければテストにご協力頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

※※※
まだ未完成のため、配布用のページはありません。
テスト版は、この「徒然」のテストプレイヤー様募集の記事からダウンロードできます。

拍手送信フォーム

[CardWirth] カードワース座談会に参加させて頂く事になりました

タイトル通りです。
3月9日、ラ・フランス様よりカードワース座談会へのお誘いのメールを頂きました。

CW関連は時々公式ギルドを覗く程度の自サイト引き篭もり人間にとって、恐らく二度は来ない貴重なチャンスです。時間が大丈夫なら行って勉強してこよう、と思ったのですが。
改めて調べてみると、記録を残して不特定多数の方に読んで頂く前提の場なんですね(しかも、かなり歴史が……不勉強で申し訳ない限り)。

誰得的ツール作りと興味本位のプチ調査が活動のメインな人間が行って、話す事があるのかとか──

ギルド投稿も目立った活動も無い無名ユーザの話を読みたい座談会読者の方はいらっしゃるのかとか──

諸々不安はありますが、主催者様に問い合わせたところ、話せる事が少なくても構わないし、後者の方は問題にならないだろうというご回答でした。

という事で。

不安は敢えて考えない事にしました。
ここはもう、当たって砕けろです。
元々行ってみたい気持ちはありましたし、頑張って参加してきます。
予習して行けば、多少はマシな会話ができる……はず?

ともあれ、まずは話したい事を決めて提出しないといけません。
これがなかなか難航中です。
話す事が無くて中途辞退などというもったいない状況になりませんように。

●カードワース座談会に関する情報入手は:
「かどわす!!」(主催者様ブログ)


※※※
ここまで来て、自サイト以外の活動に(一応)Twitterがあったなーと思い出しました。思い出すのが遅すぎです。
自分からフォローはしないし中身もほぼ独り言の垂れ流しで、外に向けた活動という感覚が無いのが、何ともはや。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 続・ちょっとした発見から考えた公式ファンサイトのこと。

前のを愛護協会の方に読んで頂いたようで。
考えの向くままだらだらーっとまとまりなく進めて全て書ききれないまま終わった事を後悔し、もう少し真面目に書いてみる事にしました。
(※22:31追記あり)

※※※

公式ファンサイトが今後もできるだけ長く存続するには、負担の軽減と分散が肝だと考えます。
負担として考えられるのは、以下の2つです。

●サイトの維持や更新にかかる手間、時間等
→情報の更新やギルド更新、掲示板の管理など

●サイトの維持や更新にかかる金銭的負担
→サーバ代やドメイン維持費の支払いなど


【1.手間の軽減と分散】
CW愛護協会は既にサイトの更新を1人で行う体制から全員管理に移行していて、手間の面での負担分散には、ある程度成功していると考えられます。
軽減は人手を増やすといった事になるでしょうが、これは愛護協会で必要に応じてメンバー募集等されると思います。
外部の人間ができるのは、何かの募集があった時、自分にできそうな事があれば積極的に手を挙げるぐらいでしょうか。


【2.金銭的負担について】
当面の問題はこちらだと思われます。
今回のサイト消失も、サーバ代未納が原因でした。

対策には、3つの方向性がありそうです。


<その1>負担そのものを無くす。
無料サーバも今では有料と同じぐらい高機能なところがあります。そういった無料のサービスを利用し、支払い自体を無くしてしまえば、少なくともお金が払えなくて消滅の事態は回避できます。

問題点:どこを借りるか?

○所謂自宅サーバ→危険
・一番大元のサーバ運営の部分で1人(=サーバ管理者)に作業が集中する形態のため、その1人に不測の事態が起きた時や無料開放の維持が困難になった時に共倒れの危険が。

○企業運営の無料サーバ→?
・個人運営より維持の面で安心。
・ページ毎に変な広告が入ったりするとアレ。
(今は良くても、借りた後で広告の種類が変わって居辛くなる可能性も)
・広告が目立つと微妙な気分になる、かも。
(私はそうd(げふんげふん;))


<その2>支払いも全員体制に。
前のところにも書いた、愛護協会メンバー全員が閲覧可能なメールアドレスで請求を受け取る等の方法です。
ただ、以下のような問題点があり、根本的な解決とは言えないように思います。

・高確率で契約者の本名がバレる。
・誰が代わりにお金を出すのか?
・結局少数のメンバーに負担が偏る。


<その3>CWユーザー全員で薄く負担する。
個人的には、これを推したいです。
全額は無理でも、多少なりと足しになれば。。。

前回はアフェリエイトの例を出しましたが、広告が目立つとアレ、という問題もありそうです。
groupAskさんに許可を頂いた上で、いっそ現金を募っても良いかも……。
例えば、こんな感じ?

・寄付のページを別に設け、「買い物して支援」をお願いする。
・寄付のページを別に設け、例えば一口100円募金のような事をやる。

これは上手く行けば負担軽減につながる一方、問題点もあります。

・収支の透明性は保てるか。
・必要以上にお金が集まった場合、どうするのか。
・逆に、必要なお金が集まらなかった場合はどうするのか。
・お金は誰が管理するのか。また、安全に複数人数で管理する方法。[←22:31追記分]
(・寄付をした人、しない人で立場に格差が生まれないか。)

※※※
今の時点では、こんなところ、です。

ふと思った。
一口100円だと、たぶん手数料の方が高く……;


(22:31追記)
真面目に考えたつもりで抜けてました。仮にみんなに負担を求めるとした場合、お金は誰が管理するのかの問題があります。
名義人の本名が晒される個人口座は使わないと思いますが、口座の管理が1人だと本質的に今と変わりません。最悪の場合、使えないお金と化す恐れもあるしで。。。
(※上の本文の方にも追加しました。)

拍手送信フォーム

[CardWirth] ちょっとした発見から考えた公式ファンサイトのこと。

調べものから始まって色々考えさせられたので、見た事、考えた事をまとめておこうかと。
(※2/19追記あり)

※※※
昨日、カードワース関連の調べもの中に、以下のサイトが割と検索上位に入ってきたのが事の発端でした。

> CARDWIRTH.NET
> cardwirth.net/
> 愛護協会に奉納予定です。

へぇ、どなたかそれっぽいドメインを取得されているんだな……とTwitterで呟き、それで終わったつもりでいたら、実は終わりませんでした。


【1.類似ドメインの現状】
上記の最初の呟きの時点では、単純にCWユーザーらしき誰かがドメインを持っているというだけの事でした。が、その後タイムラインを眺めていると.netのドメインは結構以前から確保されていたのではというツイートが流れてきました(このツイートは既に削除された模様)。

そう言えば、以前公式ファンサイトが.comの方を使っていたはずです。変な使われ方をしないように、類似ドメインを押さえておいたのかもしれません。
この辺で、もうちょっと詳しい事情に興味が湧きました。

で、調べたところ:

.com→売り出し中(2012/03/03登録)
.org→誰かが持っている(2011/06/05登録)
.net→CWユーザーが持っている?(2008/04/29登録)
.jp/.biz/.info→空いている

こんな感じでした。
どうやら変な使い方をされないように云々は違っていたようですが、そこそこ誰かが持っている状態ではあります。
cardwirth.netの登録は2008年4月。.comから今の場所に移転したのが2008年3月なので、その時にドメイン移管して使ってもらう事を念頭に登録されたのかもしれません。
(→公式ファンサイトの移転については、拾穂文庫のCardWirth史年表で見る事ができます。)


【2.公式ファンサイトの移転】
ここからそろそろ本題へ。
1.でCardWirth史年表を見たのをきっかけに、今度は公式ファンサイトの移転事情を調べてみようと思い立ちました。
公式ファンサイトは、これまで2度移転しています。
現在のサイト(←停止中のところ)は3代目です。

最初の移転(ask.rainbowsnail.net→cardwirth.com)は、2005年でした。この年の夏に公式ギルドが長期停止し、その後移転が行われました。
当時の告知を見ると、移転はサーバ管理者と連絡が取れない事態への対策込みだったようです。この時に、サイトを1人で管理していたのを、全員で管理できるようにしたとのこと。

2008年の移転(cardwirth.com→cardwirthaigo.sakura.ne.jp)は、見た限り「運営上の理由」としか分かりません。現在のサイトのニュースには、移転完了のお知らせしか残っていないようです。
当時もっと詳しい告知があったかもしれませんが、ともかく何も無ければ移転の必要もないわけで。
・前のサーバをレンタルし続ける事が困難になった。
・ドメインを維持できなくなった。
このどちらか、或いは両方と思われます。

────
(追記)
後日、もう少し詳しい告知を発見しました。
そちらには「新ギルド製作に伴い、レンタルしているサーバーをアップグレード」し、サイト自体も移転すると書かれています。問題が起きて移転したわけでなく、機能の充実を求めた結果だったようです。
────

そして、2013年。サーバ代未納による一時消失が──。


【3.ちょっとだけ真面目に考えてみた。】
2005年に1人管理から複数管理に移行していたお陰で今回ギルドデータ等が無事だったと思いますが、支払い問題は解決されないままです。

新しくサーバを借りるなり、誰かが借りているスペースを提供してもらうなりしたとしても、有料の場所ではいつか同じ事が起きるのはほぼ確実です。
協会メンバー全員が閲覧可能なメールアドレスで請求を受け取れば未払いは防げるかもしれませんが、高確率で契約者の本名がバレるし、誰が代わりにお金を出すのかの問題があります。
また、そもそも必要経費の負担を善意の個人(もしくはグループ)に頼る事自体に問題は無いのか、とも。

何かもっと負担を減らしつつ継続していける方法はないもんでしょうか。

アフェリエイト等でサーバ代を稼ぐとか?

或いは、無料で、CGIだのPHPだの使えて、複数人で管理できて、権限のレベルを個人毎に制限でき、いざという時最上位権限の譲渡が可能な、、、
そんな都合の良いサービスありましたっけ。
無料サーバも今では有料と同じぐらい高機能になっていますが、サービス終了が怖いのが難点です。


まぁ、公式ファンサイトが閲覧できなくなって半月以上ですから、これぐらいな事は既に誰かが考えていますかね。

部外者でも協力できる事があれば……


いや、その。お金以外で…………(弱)


【関連呟きリンク @simoom_cw】
01:2013年2月17日 - 14:57
02:2013年2月17日 - 15:52
03:2013年2月17日 - 16:07
04:2013年2月17日 - 17:35
05:2013年2月17日 - 17:39
06:2013年2月17日 - 17:46
07:2013年2月17日 - 17:51
08:2013年2月17日 - 17:58
09:2013年2月17日 - 17:58
10:2013年2月17日 - 18:01
11:2013年2月17日 - 18:07
12:2013年2月17日 - 18:31
13:2013年2月17日 - 18:34
14:2013年2月17日 - 18:43
15:2013年2月17日 - 18:55
16:2013年2月17日 - 18:58
(※Twilogで読むならこの辺り。


※※※
きっかけ部分について、ちょっとだけ追加。
独自ドメインも利点はあるのですが、取得料やら毎年の更新料やらがですねー。gTLDドメインならそう高額ではないものの、やはり負担には違いないですし。
そんな事情もあって、今の形に落ち着いたのかも?


(2/19追記)
念のため愛護協会臨時広報ブログを再確認すると、費用捻出の項目に「ドメイン維持費」の文字が。前後含めた一文を独自ドメイン使用を予定済みの意と取る事には聊か疑問を感じますが、ドメイン維持費=不必要な負担と結論付けられているわけでもないのかもしれません。

まあ、ギリギリでサーバの借主さんと連絡がついて、引き続き今の場所でとなる可能性もゼロではないですしね。
むしろ、そうなってくれれば、です。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 影絵パーティー1~6号

Twitterで募集されている「#CWに思うこと」ハッシュタグ付きの呟きを見ていたら、「名前が1から6の数字で、画像はASKの黒ぬりつぶしPC」というのが出ていまして。ずっと前にそういうPTを使っていて、そんな事するのは自分だけかと思っていたら、そうでもなかった事に驚愕しました。

↓初代宿の最後の主力メンバーたち。
その名も_1、_2、…(中略)…、_6の「_1一行」。

[PNG-66KB]

PCが個性を主張しないので、どんなシナリオにも合います。
シナリオ毎に性格が変わっても、口調が変わっても、全く気になりません。
その時の_1たちはそういう人物だった、で済んでしまいます。

パーティー内の人間関係を描く作品では少々殺風景過ぎる感もありますが、PC名の数字を必要に応じて脳内で適当な名前と置換してやれば大丈夫。
人間関係は、その都度適当にでっち上げれば良し。
置換先の名前を変えればシナリオ毎に関係設定を変えても無問題と、意外に使えます。


【関連呟きリンク @simoom_cw】
01:2013年2月3日 - 12:10
02:2013年2月3日 - 12:20
03:2013年2月3日 - 17:21
04:2013年2月3日 - 18:25
(※Twilogで読むならこの辺り。


※※※
PC画像の元は自作なのですが、今見たらほぼ全員左斜め前方向から見た角度。
楽してばかりではいかんですね。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 「初めてカードワース」更新

元々は外部リンクの修正目的のはずが、ついでにもっと分かり易くを考え始めてドツボにはまりました。
「必要最小限」を謳っておきながら、更新の度に量が増えていきます。本当に必要最小限なら、今回追加した簡略版だけで十分そうです。

知らなくても問題ないが知っていると得する(かもしれない)小ネタやら、割とありがちな問題の解決に役立つ(かもしれない)普段は使わない小技やら入れるから駄目なのかも。
そのうち削る作業を考えないといかんですね。
考えた挙句に結局減らせないか、さらに長くなる気がするのが何ともはやなのですが。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 戦闘時の手札配布

久々に投稿されていたLyna様のCW豆知識。
それによれば、戦闘時の手札は、

攻撃:40
渾身の一撃:15
会心の一撃:5
フェイント:10
防御:15
見切り:15
手持ち技能:各残り使用回数分(持っていれば)

の中から配布される形になっているとの事。
(→参考:Twitter投稿1, 2 or Togetterまとめ

仕組みについてはCardWirthヘルプの記述を元に考えていた通りでしたが、驚いたのは各アクションカードの配布確率。フェイントや会心は、思っていたより低確率でした。特に会心の一撃は、そこそこ見るような気がしていたのに5%かそれ以下なんですね。
感覚と実際の確率が乖離している事は多々あると聞きますが、本当にそうらしいです。

※※※
参考からリンクしている豆知識の直後には、もう少し関連発言が続いています
そういや金狼亭にもちょっとだけ戦闘中のカード配布について書いた箇所があったと思って詳細を確認しました。

↓「初めてカードワース」のオマケ項目:
>たくさん持つほど技能が配布される枠が減り、技能(=必殺技や魔法)の配布確率が下がる。

これですね。本当にちょっぴりだ;
改めて見てみると、どうも元々の配布確率自体が変動するとも読めそうな気が……。
より意図通りに伝わる事を目指して技能が手元に来る確率が下がるに修正してみましたが、もっと上手い書き方がないものか。。。

文章を書くのは難しいですね。
簡潔に分かり易くが目標ですが、達成できる日が来るのかどうかさえ怪しいです。


(2013/08/10追記)
このエントリに書いた事は、その後もしばらく気になっていました。
続きの呟き内容からして、戦闘時のカード配布率について書いた解説サイトがどこかにあるはず。
私は以前に数える実験をやって結論保留のまま中断しているので(意味が出るほどの回数をこなせなかった)、もし解説した文書があるなら見たいと思ったのです。

何となく忙しさに取り紛れて忘れていたこの問題、先日の日記統合作業で思い出して改めて探しましたが、見つかりませんでした。
探し方が悪いのか、もう閉鎖か消失してしまったのか。
このまま探す事に延々時間を費やすのも何ですし、諦めが肝心ですかねぇ。

ともかく割合については分かったので、残り疑問点を解決するためにいつか追加の実験をやりたいですね。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 「忘れられた実験室」 1.02

再び簡単なところから、という事で。
今回は、CW1.30のPC画像をメニューカードに表示する機能を模したものです。

これに関してはTwitterでエフェクトブースターでやっていたのを簡単にというような呟きを見た記憶があったので、サンプルを作ると決めてすぐ、1.28エディタのヘルプを覗きに行きました。

エフェクトブースター
 ↓
エフェクトブースターについて
 ↓
「JPDC この拡張子は、カードワースの画面を画像として利用するファイルです。」

ゲーム画面を画像として利用できる。
いつかの呟きが指していたのは、これに違いない。
というわけで、1サンプル追加です。

忘れられた実験室→ver.1.02
○新規
[a03] メニューカードにPC表示サンプル
○更新
[a01] ステップ代入・比較サンプル
[a02] フラグ代入・比較サンプル
○その他
[n01] 特定PCの名前呼びサンプルの取扱説明書にCASTシステム、STARシステムの紹介を追加
DLはこちら

拍手送信フォーム

ページ移動

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed