PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > ツール

エントリー

カテゴリー「ツール」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] Re: cwNowUpにおける「自作」の定義(問合せ返信兼)【5/21更新】

2019/05/03 13:05にお問い合わせ頂いた方へ。
この記事は、お尋ねの件への返信ですが、他に同じことを疑問に思っている方もおられるでしょうから、表の見えやすいところに書かせて頂きます。

※※※
「自作とは何か」というのは、とても難しいです。
一般的に、その人独自の創作的表現があるかといったことで判断されるのでしょうが、主観の問題もあり、誰もが納得できる明確な基準を設けて線引きをするのは不可能ではないかと思います。
ゆえに、cwNowUpにおいては、以下の3条件の全てを満たせば、「自作」として専用ハッシュタグの使用が可能、ということにします。

  1. 投稿者自身が作成したものであること。
  2. 他者が作成したもの(素材など)を使用している場合は、その全ての利用規約を守っていること。
  3. その方の中で胸を張って自作だと言いきれるものであること。【5/21追加】

3番は、作品の中に占める他力の比率が比較的高い場合のために入れています。内心の問題ですので、実際の運用としては、専用ハッシュタグを使用された時点でご本人の中で自作という位置づけ=3は満たされていると考えることになるでしょう。
よって、1と2の双方が満たされている限り、管理人が「自作に該当するか」を判断することは基本的にありません。管理人の主観を極力排し、ケースによって対応に差が出ることを防いで、皆様により安心して使って頂くためです。

ただ、リソースシナリオや所謂改変素材など、他者が作成した素材を用いた素材に関して、ご懸念の点は理解できます。作った方が素材の規約を守っていても、配布先で使われる段階で問題が発生する可能性はあるだろうと思います。
その辺りも考慮した上で、FAQを更新しました。一項目追加しています。ご確認ください。


(追記)
cwNowUpを通じて宣伝される作品が他者の権利を侵害していないかについては、管理人としての判断が必要なことがあるかもしれません。しかし、ある人が自分で作成したものが、その人の自作と言えるのかについては、(少なくともcwNowUp管理人としては)判断しません。
自作と見なせるかは、作った方、見る方が、それぞれ自分の中の基準で考えるのが適当と思います。それがリソースや素材であるとき、使うかどうかは、自作と見なせるかとは少し問題が異なる気がしますが、そちらは使用を検討する方が個別のケース毎に考えれば良いのではないでしょうか。

拍手送信フォーム

レスポンシブ化っぽい何か(仮)

ほんの気の迷いで、レスポンシブ化しました。

と言っても、きちんと調整したのは、最も見辛いであろうトップページだけです。未調整のページも表示の横幅が一定以下になると小さい画面サイズ用の表示が適用されますが、ほとんどは横幅480pxで閲覧可能なように作ってあるので、だいたいのところ大丈夫ではないかと思いたい思います。調整が終わったところから等倍表示の設定をかけていく予定です。

作業の範囲は、「時空の塔」及び「踊る金狼亭」内の静的コンテンツを考えています。ただ、レスポンシブWebデザインを意識して作り直すところまでやるのは、手間を考えると無理そうです。元々あったパソコン用サイトはそのまま、スタイルシートだけ(+場合によってはHTMLの方も少し)いじって、スマホなど指で操作する端末でもだいたいストレスなく使えるようにできればと思っています。これを、胸を張ってレスポンシブ化と言うのもアレで……レスポンシブ化っぽい何か、ぐらいでしょうか。終わっていないので、今のところ(仮)です。

現在パソコン用フリーゲームの記事がメインらしい構成で、レスポンシブ化して意味があるのかはさておき。

なお、この不定期日記は、パソコン・スマホ・ガラケー用にそれぞれテンプレートが存在し、適宜切り替えて表示しています。何かあるたびに膨大な数のファイルを微調整していく手間を考えたら、CMSを上手く使っていく方が楽ですかねぇ。
Firefoxはウェブ開発メニュー内に「レスポンシブデザインモード」というのがあって、作業を進めるにあたって、かなり助かっています。


(3/5追記)
CardWirth関連で作ったTwitterアプリ「cwNowUp」にも、レスポンシブ化っぽい何かを施しました。

拍手送信フォーム

[CardWirth] CardDeflashing 1.02

前回の更新時にPNG対応の予定はないと書きましたが、結局やりました。
シナリオへの格納はBMP変換してから行った方がベターだという考えは変わりませんが、ローカルでの保存はPNGで行うこともあると思います。そこまでの手間でもないため、この際動けるうちにPNGも読めるようにしておくことにしました。

CardDeflashingは、これで一応完成形です。
今後の更新は、バグ修正のみになると思います。

CardDeflashing→ver.1.02
・PNGの表示に対応。
・少し軽くなったかも。

 

拍手送信フォーム

[CardWirth] CardDeflashing 1.01

長く放置状態になっていた最新OSへの対応を、ようやく行うことができました。
ついでに透過BMPも表示できるようにしてみましたが、用途を考えるとあまり意味は無さそうです。

なお、PNG対応を行う予定はありません。
PNGはシナリオ作成でカードなどに読み込む際にビットマップ変換されるため、最初からビットマップで編集しておく方がベターだと考えているためです。

CardDeflashing→ver.1.01
・Windows 7以降に対応。
・透過BMPも表示できるようにした。

拍手送信フォーム

[CardWirth] CardDeflashing:画像が表示されない不具合

カード絵確認ツール「CardDeflashing」で、画像を読み込んでも表示されない場合がある事が分かりました。OSとの相性によるものと思われます。
CardDeflashingをご利用の皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
この不具合は、現在修正中です。

拍手送信フォーム

[CardWirth] cwChkCards 1.34β

一昨日の透過対応に穴があったのに気付きました。
今回の更新は、その修正がメインです。

その他、前回最後に選択したフォルダが存在しない場合、これまではCドライブを選択した状態で起動していましたが、今バージョンからより上位にScenarioフォルダが無いか探すようにしました。
ちょっとした事ですが、Scenarioフォルダに辿り着くまでの手間を省くということで。

cwChkCards→1.34β
・カード画像表示周りを調整。
・前回最後に選択したフォルダが存在しない場合、Scenarioフォルダを探すようにした。

拍手送信フォーム

[CardWirth] cwChkCards 1.33β

不具合の連絡を頂いて以来、長らくお待たせしてすみません。
新しめのOSで画像が表示されないバグの修正版を公開致します。

今回はCW1.30&1.50の新コンテントや透過BMP表示への対応も行いましたが、既存コンテントの拡張については調べきれていない部分があり、今のところ未対応です。
使用時イベントにCW1.30やCW1.50の新コンテントを用いたカードはチェックできるようになったものの、評価メンバシステムや行動キャンセルなど拡張要素を用いたカードはエラーが出るなど表示がおかしくなる事があります。
拡張要素への対応は、今後順次行っていく予定です。

cwChkCards→1.33β
・CW1.30&CW1.50新コンテントに対応(既存コンテントの拡張には未対応)
・透過ビットマップの表示に対応。
・新しめのOSで画像が表示されない不具合を修正。

拍手送信フォーム

[CardWirth] WirthBuilderに参照検索機能がついたそうで

CW1.50対応のConSerch的なものを作りかけていましたが、どうやらWirthBuilderの機能を使ってやりたかった事の9割9分は叶えられそうです。
急いで作る必要もなくなったので、cwRefSearch(仮称)作成計画はしばらく脇に置いておくことにします。
他の色々を終わらせたら残り1分の実現のために作る予定にしておきすが、それまでにその残りもWirthBuilderで出来るようになるかもしれません(だと良いなぁ、、、←他力本願)。

完成できたら:
既にあるものの劣化コピーを大っぴら配布するのもアレなので、ツールの過去遺物コーナーにでもひっそり晒します。
とりあえず、CW15周年記念と銘打つのはもうナシですね(笑
今から8月8日に向けて新しく何か……はちょっと無理かなぁ。

※※※
新WirthBuilderに関するTwitterでの告知
(告知ツイートからDLファイルへの直リンクあり)

拍手送信フォーム

[CardWirth] 従来型素材向けツールの今後

CWエンジンの透過対応で、左上隅の色を透過させる従来型素材の出番は減っていくと思います。
半透明などこれまでやり辛かった表現が可能になった事もありますが、何と言っても、周囲を透過色できれいに潰すより描いたまま透明度付きのデータとして出力する方が断然早いし簡単という事情があるからです。
従来型素材が消滅する事はないでしょうが、今後は描き手の方々が透過を選択されるケースが増えていくのではないかと予想しています。

そんな予想もありまして、当サイトで配布している画像絡みのツール3つは、一応開発終了からいずれ配布停止の予定、という事にしました。

さらに、透過に対応していないのもさることながら、従来型素材の加工・チェック用としてどうなのかの問題も。
一般的なドローソフトを使った方が断然良さそうではあります。

※※※
画像絡み3つ。
・PriceTagger(カード値札貼り)
・StrataCard(カード画像合成)
・CardDeflashing(カード表示確認)

今のところはそこまで透過BMPが浸透している様子でもないので、当分配布は続けます。

開発はたぶん終了(かも終了しないかも)です。
透過に対応させようと思わなくもなかったのですが、やるつもりで溜めている事の数々を考えると何時になるか全く分かりません。
予定消化の目処が立たなくなっている状態でさらに予定を追加して抱え込むより、現在の予定をやり尽くした時に改めて考えようと思います。

拍手送信フォーム

[CardWirth] CW15周年を独り勝手に祝う企画始動

今年、CardWirthが15周年を迎えるそうで。

このところCW1.50が出た記念に何かシナリオを作れたらなー……とぼんやり考えていましたが、15周年もあるのなら、もう少し真面目にやる事にしました。
と言ってもシナリオは今からでは記念日の8月8日に到底間に合いそうにないし、そもそもすぐに使えるネタがありません。
という訳で、この際、前回書いた道草品を本気で作ってみようかと。

cwRefSearch(仮称)作成計画スタートです。

※※※
ConSerchで出来た事をCW1.30や1.50専用シナリオでもできるようにするのが最大の目的ですので、機能的にはConSearchの劣化コピーになると思います。

一応予定。
・ステップ、フラグの使用場所検索
・効果系カードの参照場所検索
・エリア、バトル、パッケージの参照場所検索
・余裕があれば、画像や音素材の参照場所検索(+できれば重複検索)

※※※
この計画に伴い、優先順リストを変更します。

優先順リスト
1.「忘れられた実験室」を一段落させる。
2.「カードの世界」を更新する。
3.新要素調査と新ツール作成。
4.某所で口走った誰得シナリオを作る。
5.新しいOSを仕入れたら、不具合が再現できる可能性に賭けてcwChkCardsのバグ修正へ。

5番は、状況によって他より先になる可能性があります。


とはいえ、とにかく間が悪いのが自分の特徴です。
この前も、完成と思ったらもっと良いものが既に、という事がありました。今度も、完成する頃には同種のツールがもう他の方によって公開されているかも。
(まぁ、そうなったら自分専用でいいか。)

拍手送信フォーム

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2019年10月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed