PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > エントリタグ::CWシナリオ@実験室

エントリー

タグ「CWシナリオ@実験室」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] 各種エンジンにおけるセリフコンテントの仕様の違い

CW1.30/1.50新機能代替サンプル内の特定のPC【A】が別のPC【B】の名前を呼ぶサンプルが、Pyでは上手く動かないという某所での会話から、セリフコンテントの、と言うかその後方の選択肢の扱いがエンジンによって異なることが判明しました。

時間が無い方のために、結論だけ先に書いておきます。

話者が持つ称号がコンテント内に含まれるセリフパターンの称号条件のいずれにも一致しない時、

  • セリフの表示が飛ばされるのは各エンジン共通だが、セリフ後方の分岐(選択肢として表示される部分)の扱いが異なる。
  • CW1.20~1.50/Next1.60では必ず分岐の一番上の枝に自動で処理が進むが、Py0.12.2では何らかの文字列が設定された選択肢が1つ以下の場合のみ一番上に自動で処理が進む。


何言ってるのか良く分からんと言う方は、以下の例をご覧いただくと分かると思います。

例えば、

セリフ(誰も持っていない称号が条件)「うんたらかんたら」
├【】→メッセージ「1」
├【2に進む】→メッセージ「2」
└【3に進む】→メッセージ「3」

というイベントがあったとします。【】の中は選択肢ラベル(OKとかYesとかNoとか入っているあれ)です。

これをCW1.50、CWNext1.60、CWPy0.12.2でそれぞれ実行すると、

●CW1.50/Next1.60
・セリフ「うんたらかんたら」は表示されず、メッセージ「1」が表示される。

●Py0.12.2
・セリフ「うんたらかんたら」は表示されず、[どれか一つを選択してください。] 2に進む/3に進む との選択肢が出現。

と実行の結果が異なりました。
正規版やNextではセリフは表示されずに1番上の分岐に進みましたが、Pyでは空のセリフ+選択肢と同じ扱いになっています。


そこでもう1つ、以下のようなイベントを試してみました。

セリフ(誰も持っていない称号が条件)「うんたらかんたら」
├【】→メッセージ「1」
├【2に進む】→メッセージ「2」
└【】→メッセージ「3」


前のと何が違うかというと、3番目の選択肢ラベルが空白になり、文字列が設定された選択肢が1つに減っています。そして、このイベントを実行した場合は、どのエンジンでもメッセージ「1」のみ表示されるのです。

今度は、Pyでもセリフ後方の分岐構造が無視されました。
Pyでは、表示が行われなかったセリフ後方に意味のある選択肢が存在しない時(=何らかの文字列が設定された選択肢が1つ以下の時)は分岐が無視され、そうでない時はメッセージなしの選択肢として扱われます。
他のエンジンでは、後方がどうなっていようと、全ての場合で分岐が無視されます。


そこで、冒頭の結論部分です。

話者が持つ称号がコンテント内に含まれるセリフパターンの称号条件のいずれにも一致しない時、

  • セリフの表示が飛ばされるのは各エンジン共通だが、セリフ後方の分岐(選択肢として表示される部分)の扱いが異なる。
  • CW1.20~1.50/Next1.60では必ず分岐の一番上の枝に自動で処理が進むが、Py0.12.2では何らかの文字列が設定された選択肢が1つ以下の場合のみ一番上に自動で処理が進む。

と、なってました。
某所での会話に参加していた方が、Pyの開発者さんにこの現象を報告されるそうなので、いずれ修正されるかもされないかもしれません。


なお、特定のPC【A】が別のPC【B】の名前を呼ぶサンプル(CW1.30/1.50新機能代替サンプル)ですが、名前を呼ぶセリフ直後の選択肢で、何かの文字列が設定されたものを1つにすれば問題なく動きます。
↑の言い方で分かり辛ければ、セリフが表示される時に選択肢がつかないようにする、とお考えください。



※※※
なぜこうなっているかを考えると、たぶん、シナリオ作成者が明らかに選択肢作りたかったんだろうなという時に選択肢表示してくれる親切機能の結果というのが、最も妥当な推測だと思います。仕様である可能性が高く、影響も特殊な条件下に限られるので、私は報告する決断に至れなかったかもしれませんね。。
ともあれ、今後別の何かを発見した時のために、余裕のある時にBitbucketに登録しておきますか。


(5/26追記)
この件について、メモ箱の私家版エンジン情報に追加しました。

[CardWirth] CW関連「配布物の取扱いについて」更新(1/19)

札楽亭の完成に伴い、意思表示テンプレートの内容を反映させました。
配布物の取り扱いについて


↓更新内容

[全体]

  • 自サイトの企画「札楽亭」の意思表示テンプレートの内容を反映。

[シナリオ関連の追加項目]

  • クロスオーバー関連の項目を1つにまとめ、但し書きを追加
  • リプレイ、プレイ実況などプレイ中の様子の公開関連の項目を1つにまとめた。
  • 「シナリオ関連のFAQ」を追加(リソースシナリオの扱いについて)

[素材関連の追加項目]

  • 素材が使われているシナリオの再配布に関する項目追加
  • 素材が使われているカードのインポートについて条件を微修正

[もしもの時]


踊る金狼亭内部は更新が完了しましたが、配布物のバックアップ(Vectorと各オンラインストレージ)については、まだ更新が終わっていません。特にVectorは時間がかかることが予想されます。
更新が完了次第この場で報告しますので、それまでは踊る金狼亭本体でダウンロードをお願いします。

<作業進捗>
・Vector登録シナリオ2件更新申請完了&1件新規申請(1/19)
・OneDrive内部更新完了(1/19)
・Googleドライブ内部更新完了(1/19)
・Yahoo!ボックス内部更新完了(1/19)
・Vector更新完了確認(1/22)

(1/22追記)
バックアップまで含め、全ての更新が完了しました。
今回Vectorに新規登録したのは、リソースシナリオの「忘れられた実験室」です。

そう言えば「カードの世界」は、いつVectorにアップしたんだったか。
公開直後だったはず……?

[CardWirth] 「忘れられた実験室」 1.20

比較用のイベントと切り貼り用のファイルを作ったところで、このサンプルの更新はひとまず終了とします。
今後は、不具合を見つけたら修正する程度になると思います。


忘れられた実験室→ver.1.20
○新規
・[omake01] キーコード不所持アラート
○更新
・[150-02] ステップ判定
・[150-01] 特定PCの名前呼び:不具合修正
・[150-03] 行動キャンセル:不具合修正
○その他
・切り貼り用リソース作成(2_素材庫フォルダ内)
 各々リソース+動作確認用サンプルという構成に変更
・新コンテントや新機能を用いた比較用イベント追加
・[150-03] 戦闘関連の更新分リソースを2つに分離
 →[150-03] 行動キャンセルリソース
 →[150-04] 戦闘関連の更新分リソース
 これに伴い、キーコード全一致発火のリソース番号を150-05に変更(旧:150-04)
DLはこちら

※※※
しまった。昨晩考えたオマケの修正を入れ忘れた……。

[CardWirth] 「忘れられた実験室」あと少し

遡ってみると、4/25と5/2の更新時、ここにお知らせするのを忘れていました。今更ですが──

4/25
忘れられた実験室→ver.1.11
○新規
・[130-04] ランダム選択サンプル
○更新
・[150-03] 戦闘関連の更新分サンプル修正

5/2
忘れられた実験室→ver.1.12
○更新
・[130-04] ランダム選択サンプル高速化

最近の更新は、以上です。
DLはこちら

※※※
次の更新に向けた修正作業は、最終段階に入りました。
次回の更新は、

・切り貼り用リソースの作成
・新要素を用いた比較用イベントの追加

の二本柱です。
代替イベントの内容自体強化したものもあります。
全体的に以前よりも分かり易く、シナリオへの導入も容易になっていると思います。

このままの調子で作業が進めば、今日中か、遅くとも明日の朝までには次バージョンを公開できそうです。

乞うご期待……いや、遊べませんが;


(5/13追記)
シナリオ自体はできているのですが思った以上に説明書書きに時間を取られ、いまだ完成していなかったり。
全自動説明書作成ツールとか……

無いでしょうねぇ。

[CardWirth] 「忘れられた実験室」改良中

第一は、敵含めた擬似ランダム選択の高速化ですね。
現状コールを使いまくっていて割と遅いので、リンクで流れていくように組み直し中です。

それから、切り貼りし易いような工夫。
今あるサンプルの動きを試すためのイベントの他に、切り貼り用テンプレートを追加しようかと考えています。

次の日曜で何とかしたいところでは。。。

[CardWirth] 「忘れられた実験室」 1.10

今回の更新で色々追加し、残りはランダム選択ぐらいになりました。このサンプル作成一段落まで、あと少しです。

昨年から少しずつCW1.30やCW1.50の新機能を古いエンジンでも実行できる方法を考えてきましたが、私は新しい要素を決して否定的に捉えてはいません。それでしかできない事を是非やりたい、シナリオ作成をより簡単に、また少しでもスピードアップしたいというような事情なら、積極的に使った方が良いと思います。

ただ、同時にユーザーは自分が好きなエンジンを選ぶ権利があるとも思います。少なくとも自分が作るシナリオは、最新バージョンを使わない、使えない人も何も気にせず遊べるものにしたいのです。

新要素の多くは、ちょっとだけ手間をかければ既存の方法の組み合わせで全く同じ、或いはほぼ同じ効果を得られます。それなら、手間がかかっても、より多くの人が遊べる方を選びたい。

某所で言いましたが、完全に自己満足です。

こうして型紙的なものを作っておけば、いつか自作シナリオに役に立つ……かもしれないと思っているのですが。
使う時はいつ来るでしょうかねー。


忘れられた実験室→ver.1.10
○新規
・[150-02] ステップ判定サンプル
・[150-03] 戦闘関連の更新分サンプル
・[150-04] キーコード全一致発火サンプル
DLはこちら

[CardWirth] 「忘れられた実験室」 1.03

今回から副題(?)を「CW1.30/1.50新機能代替サンプル」に変えました。今後さらに本体更新が続く可能性を考え、サンプルナンバーも再度つけ直しました。
いや、これはどうでも良いかも……。

ここから本題です。

前々から思っていたのですが、1つのシナリオに全て詰め込むと、環境変数やパッケージなどを直接コピーする時に使い辛く感じます。
そこで、各サンプルを機能別に分離させました。
今後は、少しずつ新しいものを追加していく予定です

※※※
ついでに公開当時の年末だった事が反映されてしまった、名呼びサンプルの正月に関する会話内容を変更しました。
もう4月にもなって、正月どうするでもないですし。。。


忘れられた実験室→ver.1.03
○新規
・CW1.50対応エンジンバージョン判定サンプル
○更新
・既存サンプル全て(微調整など)
○その他
・各サンプルを機能別に分離
DLはこちら

[CardWirth] 「忘れられた実験室」 1.02

再び簡単なところから、という事で。
今回は、CW1.30のPC画像をメニューカードに表示する機能を模したものです。

これに関してはTwitterでエフェクトブースターでやっていたのを簡単にというような呟きを見た記憶があったので、サンプルを作ると決めてすぐ、1.28エディタのヘルプを覗きに行きました。

エフェクトブースター
 ↓
エフェクトブースターについて
 ↓
「JPDC この拡張子は、カードワースの画面を画像として利用するファイルです。」

ゲーム画面を画像として利用できる。
いつかの呟きが指していたのは、これに違いない。
というわけで、1サンプル追加です。

忘れられた実験室→ver.1.02
○新規
[a03] メニューカードにPC表示サンプル
○更新
[a01] ステップ代入・比較サンプル
[a02] フラグ代入・比較サンプル
○その他
[n01] 特定PCの名前呼びサンプルの取扱説明書にCASTシステム、STARシステムの紹介を追加
DLはこちら

[CardWirth] 「忘れられた実験室」 1.01

簡単なところから、という事で。
CW1.30のフラグ、ステップの代入・比較を模したサンプルを追加しました。

フラグの代入や比較はコンテント数個程度のものですが、ステップの代入・比較は微妙に量が嵩みます。しかし、どちらも仕組みとしては単純なものです。
一応取扱説明書を入れていますが、説明無しでも処理の流れを見るだけですぐ分かると思います。

※※※
その他、サンプルナンバーをつけ直しました。
作った順番に1、2、3、……としていくつもりでしたが、後々整理がしやすいように、数字の前にCW1.30を模したサンプルには「a」、CWNextを模したものには「n」をつける事にしました。

忘れられた実験室→ver.1.01
○新規
[a01] ステップ代入・比較サンプル
[a02] フラグ代入・比較サンプル
○更新
[n01] 特定PCの名前呼びサンプル
(旧「#01:キャラAがキャラBの名前を呼ぶ」)
DLはこちら

※※※
一応の確認で、CW1.30の新コンテントを使ったシナリオをCW1.29以前のエンジンで開始してみました(←読み込めないという事だったので)。
当然の如くに読み込み違反エラーでエンジンが停止。やむを得ない事ですが、シナリオ開始後に作者さんの対応していませんメッセージでソフトに送り返されるのでなくWindowsのエラーでバッサリやられると、何だか切ない気分です(笑

[CardWirth] 「忘れられた実験室」 公開

先日公開されたCardWirth1.30から実装された新コンテントや現在開発中のCardWirthNextの新機能を、CW1.28やCW1.29でも実現できないかやってみる企画です。
サンプルシナリオで、全く遊べません。

※※※
自分自身(のみ)に課す努力目標として、「このシナリオを遊ぶためには、バージョン○○以上のCW本体が必要です」は可能な限りやらないというのがあります。その辺については、「CWシナリオ作家に13の質問」の質問8の回答にもう少し詳しく書いていますが、ともかく新しい機能が出てくると、ついついそれ以前に出来た事の組み合わせで同じ効果を得られないかを考えてしまいます。
その結果を放出してみたサンプルです。

忘れられた実験室 ver.1.00
○新規
#01:キャラAがキャラBの名前を呼ぶ
・あらかじめ会話するPC2人を決め、一方に他方の名前を呼ばせる。
・あらかじめ会話するPC3人を決め、掛け合いを行わせる。
・会話要員の2人以外の3人目のPCを会話に割り込ませる。
DLはこちら

※※※
新機能一本に絞った方が効率は良いだろうなーとは思うのですが;
そして、考えた事が肝心の遊べるシナリオを作るという方向に活かしきれていないのが……。。。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed