|| 「踊る金狼亭」TOPメモ箱CWの変更点>バグ一覧


[情報] 変更点早見表|変更点:1.28/1.29/1.30/1.50|バグ一覧|使える素材
[対策] エンジン識別とエラー回避動作に必要なエンジンは?+既存手法での代替案

【 】内は、そのバグが存在するエンジンのバージョンです。

修正されていないもの(CW1.50時点で)

【CW1.28〜未修正】
F9でシナリオ中断した場合、シナリオ中に行われた変更が一部残る。
【CW1.50〜未修正】
選択中の同行NPCに対する対象消去が正常に機能しない。
  • 対象消去後のNPCは、キャンプで閲覧でき、キャスト存在分岐・ランダム選択の双方で検出可能にも拘わらず、戦闘では動かないという謎の挙動をする。
  • <注意!> 対象消去後のNPCについては、各私家版で挙動が異なる。
    • Nextでは、CW1.50やPyの最新版とは異なり、対象消去後の同行NPCがランダム選択で選択できない。
    • Pyはv.0.12.2でCW1.50に合わせる変更が行われたが、この記事の時点(Py3.3が公開中)でも、戦闘時に同行NPCが動く点がCW1.50とは異なる。
    同行NPCを離脱させたいときは、(状況的に対象消去の方が合っている場合でも)必ずキャスト離脱を用いよう!
↓エンジン/挙動→キャンプキャスト存在分岐ランダム選択戦闘中の動き
CW1.50○存在○TRUE○選択可×動かない
Next v.1.6.0.15○存在○TRUE×選択不可×動かない
Py v.0.12.1〜0.12.2 RC3×不在×FALSE×選択不可×動かない
Py v.0.12.2〜○存在○TRUE○選択可○戦闘に参加
【CW1.50〜未修正】
バトル開始イベントの中でシナリオクリアコンテントを使用すると、戦闘終了の処理が正しく行われないまま宿に帰還する。
  • <注意!> 結果として、PCのアイテム欄に戦闘時に配布されたアクションカードが残る。
    プレイヤーが対策を取らずにセーブして宿を出ると、次回からその宿をロードできなくなる。
    (→何が起きるか細かく&対策
【CW1.50〜未修正】
バトル開始イベントの中でエリア移動を行うと、背景は移動先エリアに切り替わるが戦闘が終了せず、移動が正しく行われない。
【CW1.50〜未修正】
セルにアルファチャンネルなしのPNGを指定すると、マスクが正常に働かず、マスクONでも左上隅の色が透過しない。

修正済み

【CW1.20】
呪縛が眠り、眠りが中毒、中毒が麻痺/石化、麻痺/石化が呪縛 として判定される。
→CW1.28で修正
【CW1.20】
睡眠者有効の能力判定が必ず失敗する。
→CW1.28で修正
【CW1.20】
睡眠者に絶対成功(成功値修正+5)で攻撃した場合、対象が目覚めない。
→CW1.28で修正
【CW1.20】
全員行動不能の時、能力判定が必ず成功する。
→CW1.28で修正
【CW1.20】
全員行動不能の時、戦闘で逃走が必ず成功する。
→CW1.28で修正:必ず逃走失敗するようになった。
【CW1.20】
敵が呼んだ召喚獣で敵が死亡した場合、死亡時イベントが発生しない。
→CW1.28で修正
【CW1.20〜CW1.28】
ランダム分岐コンテントで、1〜99%の確率が2〜100%として1%多く扱われる。
→CW1.29で修正
【CW1.28〜CW1.29】
NPCの途中参戦ができない。
→CW1.30で修正
  • 戦闘中にキャスト加入を行った場合、新たに加入させたNPCが、その戦闘中は動かないというもの。
    キャスト存在分岐では検出でき、加入自体は終わっている扱い。戦闘後のキャンプで確認可能。
  • CW1.20及びCW1.30以降では、加入させた次のラウンドから戦闘に参加する。
【?〜CW1.30】
味方キャストにターン経過処理(状態異常の変化や時限称号など)が適用されない。
→CW1.50で修正
【?〜CW1.30】
フラグ判定で使用するフラグを直前のコール系コンテントのコール先で変更すると判定が正常動作しない。
→CW1.50で修正
【CW1.29〜CW1.30】
セルにアルファチャンネル付きBMPを指定する際、マスクをONにするとセルの背景が白く表示され、本来透過して見えるべき背面の画像が見えない。
→CW1.50で修正

修正済み(存在しても実害がないもの)

【CW1.28】
NPCが追加された状態で中断→再開するとNPCが見た目上増殖する。
→CW1.29で修正:戦闘開始時などに余分が削除されるため、実害は無い。
【CW1.28〜CW1.30】
全滅時に特殊称号「_〜」「:〜」「;〜」が残る。
→CW1.50で修正:アルバムで見ても見えない。実害は無い。
[▲上へ]