PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > 2010年11月のエントリ

エントリー

2010年11月の記事は以下のとおりです。

[CardWirth] cwChkCards 1.30β

お待たせしてすみません。
先日からお知らせしていた不具合の対策版です。

故意に様々な破損データを作って読み込ませるテストを行い、その一部で不具合の通知にあった

・cwChkCardsでカードリストが表示されない
・CWエディタでも読み込めない

の2点を無事再現できました。
このテストの結果を元に、1.30βでは予期せぬデータ構造のカードを読み込もうとした時を想定した対策を行いました。

これで(少なくとも私がテストした環境では)カードリストが表示されない事はなくなりましたが、「予期していない」原因がフォーマットに未知の部分があるためかファイルの破損なのか、或いはその他の原因なのか、cwChkCards自体では判断がつかないのが欠点と言えば欠点です。
CWエディタで開ければ正常なデータでしょうから、CWエディタで読めたらフォーマットの未知部分が、読めなかったらデータ破損が原因と考えるのが適当でしょうか。

※※※
他に、これまでカード構造欄の1番上、すなわちカード本体の項目が選択状態にならなかった不具合を解消しました。

cwChkCards→1.30β
・予期せぬデータ構造のカードを読み込もうとした時の対策。
・その他不具合修正。

[CardWirth] StrataCard 1.12

面倒くさくないと物を作らないというのもアレだけど、つまらない事を思いついた時ほど飛びつきが早いのも何だ。

…以前に明度変更を追加した事だしこの際色相・彩度変更フィルタも作成しようと思いつき、パッと飛びついた話です。
しかし実行のためには、普段なんとなーく分かった気になっているHSVとは何ぞやを勉強する必要が──

と思ったら、調べ始めて1分経たないうちにWikipediaにRGB⇔HSV変換式がそのまんま載っているページを発見してしまいました。
やりたかった事があっという間に済んでありがたかったですが、式を丸写ししたお陰で勉強は無し。相変わらず図を見て何となく分かる程度です。いつかちゃんと見ないとなぁ。

StrataCard→ver.1.12
・フィルタの調整・追加

色相・彩度・明度変更。
グレイスケールなどの濃淡表示。
二値化、色成分交換、塗りつぶし。
これで(自分が)普段使いそうな色変換はだいたい積み込み終えました。

※※※
cwChkCards
→現在意図的に破損ファイルを作って読ませるテスト中

[CardWirth] cwChkCards 人柱版取り下げ

11/13からお知らせしていたWindows Vistaでカード一覧が表示されない不具合は、その後お寄せ頂いた情報により特定のシナリオを選択したときに起きることが分かりました。
現行のシナリオ保存形式(Ver.4)にcwChkCardsで正しく読み取れない部分が存在する可能性があります。または何らかの原因でシナリオデータが破損している時、正しく読み取れないのかもしれません。

別の原因を想定して作成した人柱版(11/14~11/15公開)は一旦取り下げます。ダウンロードして下さった皆様、使用報告を下さった皆様、ありがとうございました。

今後ですが、問題解決への新たなアプローチとして「cwChkCardsで正しく情報取得ができなかったシナリオ」の情報を募集します。やはり、現物を調べる事が原因解明への一番の近道です。
情報送ったろうかという優しい方をお待ちしています。詳しくはこちらをご覧下さい。

※※※
人柱版にご協力下さった皆様、ありがとうございました。
今後の改良でお礼ができるように頑張ります。
不具合の有無以外にメッセージを添えて頂いた方への返信です。

>11/14 19:39の方へ
細かく調べて頂いて本当に助かりました!
お陰様で目指す方向をはっきりさせることができました。
残念ながら教えて頂いたシナリオはギルドや作者さんのサイトに見当たらず、今は公開されていないもののようです。
他に同じような事が起きるシナリオが無いか情報を集めて、今後の改善を目指します。今しばらくお待ち下さい。

>11/14 21:11の方へ
いえいえ、それがそうでもなくて…。
問題の原因究明に限りませんが、何かを探す時、「ここには何も無い」という情報はとても重要です。探さなくて良い範囲が増えていけば、自ずから探すべき範囲が見えてきます。
そのような訳で、不具合らしい事が何も起こらなかったと分かれば、それは大きな前進です。ありがとうございました。

[CardWirth] cwChkCards 人柱版公開

不具合修正を目指した版を作成しましたが、我が家にはWindowsVistaをインストールしたPCが無いので確認が出来ません。
また、Vista以外でも何かしら問題が起きている恐れもあります。

そこで、新しく作ったものを人柱版として公開しました。
ただ今、不具合修正にご協力頂ける方を大募集中です。
詳細はアーカイブに含まれる説明とお願いのテキストをご覧下さい。
よろしくお願いします。

cwChkCards Ver1.25β 人柱版(49.7KB)
 [CRC]98AFD63C
 [MD5]AF81A872AB75DAEDD9329B1CAAA8597E

不具合が直っている事が確認できたら、「人柱版」を取って正式にVer1.25βとして公開しようと思います。

※※※
現在の方式を改善しようと努力する事も重要ですが、問題ありそうな部分を外して別の方法で実現できないかを考えた方が先に進める事もありますね。

発想の転換のお陰で早いうちに人柱版を出せました。
しかし、これで問題が解決していなければ今のところ想定していない箇所に原因があるという事で、対策完了までは険しい道程になりそうです。


(11/15追記)
その後方向性が間違っているらしい事が分かりましたので、人柱版の公開は終了させて頂きました。使用報告を下さった皆様、お陰様で問題の所在が掴めてきました。ありがとうございました。

[CardWirth] StrataCard 1.11

すみません、18:30~19:30頃にStrataCardをダウンロードされた方、いらっしゃるでしょうか。もしいらっしゃったら、その時ダウンロードしたアーカイブは壊れていると思います。ちょうどアーカイブのアップロード途中で回線が切れてしまい、回復するまでの1時間程の間は本来の容量の半分ぐらいに分断されたものがサーバ上に存在していました。
お手数ですが再ダウンロードをお願い致します;

※※※
修正がいまいち進まないcwChkCardはひとまず置いて、すぐ終わりそうな方を先、などと思ったから罰が当たったんですかね...。

StrataCard→ver.1.11
・いくつかの不具合修正
・リセット関連メニューの集約
・フィルタの調整・追加


…あ、そうか。
難しく考え過ぎだったかも。

↑を書きながらcwChkCardの修正アイデアが湧きました。
思いつきとはどこからどう湧いて出るか分からないもんです。

[CardWirth] cwChkCards Ver.1.23βの不具合について

cwChkCards Ver.1.23β以上について不具合をお知らせ頂きました。ありがとうございます。
お知らせ頂いた内容から考えて、右クリックメニュー周辺が悪さをしているものと思われます。さっそく原因を調べ始めましたが、実際不具合対策版を公開できるようになるまでにはしばらくかかるかもしれません。

そこで根本解決にはなりませんが、問題が起きる前のバージョン(1.22β)を再公開しました。より新しいバージョンに上書きする事で、とりあえず現象を回避できると思います。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

[CardWirth] StrataCard 1.10 rv:1

StrataCardの更新を行いました。
何やらごちゃごちゃ追加・修正されています。
2時頃に一旦ver.1.10を出したのですが、後から見落としを発見してさらに修正版を公開しました。修正版は4時半頃です。

StrataCard→ver.1.10
・枠パーツの扱い変更
・各種フィルタの追加など
StrataCard→ver.1.10 rv:1
・繰り返しフィルタをかけるとエラー落ちする場合がある不具合を修正。

[CardWirth] StrataCard 公開

私が作った物の中で、作り始めた動機が『○○が面倒くさい』じゃないものは、そう言えば緋衣だけですね。
技能屋は「買い直しが面倒」だし、補助ツールは「編集モードで削除が面倒」だし、ガラクタ置き場の面々は言うに及ばずだしで。

StrataCard:ver.1.00【新規】

[CardWirth] cwChkCards 1.24β

いまだに旧エディタ中心でやっているので完全に失念していましたが、新エディタではカード設定にいくつか追加があったのでした。効果系カードの「無属性」や「必中属性」、キャストの性別「謎」、年代「不明」、素質の「英雄型」がそれです。

キャストカードの追加分はクーポンで管理する部分なので今までのcwChkCardsでも特に問題ありませんが、無属性や必中属性のカードは属性不明の表示になってしまいます。今回の更新は、その手当てです。

cwChkCards→1.24β
・1.28エディタの新要素、「無属性」「必中属性」に対応。
・フォルダ右クリック→情報更新メニューで、内部のフォルダ構造の変化の他にカードの追加・削除・変名も検出するようにした。

※※※
ついでに、新要素が旧エンジンや旧エディタでどのように扱われるかを調べてみました。
今も本家版(Ver.1.28より古い版)を使っている方は、いるとしてもかなり少数派だと思いますが、少なくとも自分はまだ使っているし、ASK公式サイトでの配布も継続されています。自分がシナリオを作る時は可能な限り両対応にしたいなぁ、という訳で以下確認結果です。まとめはこちら

1.28エディタで新要素入りのカードを作って、1.20エンジンや1.25エディタで開いてみました。

【無属性】
◎戦闘で使用した際の挙動
武器無効、魔法無効、武器+魔法無効のいずれの敵にも無効化されず、所定の効果を発揮しました。
どの属性にも該当しない扱いのようです。
結果的に、新エンジンと同じ効果になっています。

◎エディタで開いた時
「物理的魔法属性」が自動選択されます。

【必中属性】
◎戦闘で使用した際の挙動
ダメージ最大値処理を設定した必中属性のカードを敵に使用した結果は、無ダメージ、HP半減、戦闘不能の3パターンに分かれました。
少なくとも必中ではなくなっています。
回避属性なら避けて無ダメージか当たって戦闘不能の2パターンしか無いはずで、抵抗属性として扱われているものと思われます。

◎エディタで開いた時
「抵抗属性」が自動選択されます。

【性別=謎】 
◎シナリオ内での挙動
「_♀」→「_♂」→無印の優先順で3パターンの台詞を入れた台詞コンテントで喋らせてみると、無印の台詞が出ます。
1.28エンジンと同じ挙動です。

◎エディタで開いた時
「男」が自動選択されます。

【年代=不明】 
◎シナリオ内での挙動
「_老人」→「_大人」→「_若者」→「_子供」→無印の優先順で5パターンの台詞を入れた台詞コンテントで喋らせてみると、無印の台詞が出ます。
1.28エンジンと同じ挙動です。

◎エディタで開いた時
「子供」が自動選択されます。

【素質=英雄型】 
◎シナリオ内での挙動
「_英雄型」→「_策士型」→「_知将型」→「_豪傑型」→「_勇将型」→「_万能型」→「_標準型」→無印の優先順で8パターンの台詞を入れた台詞コンテントで喋らせてみると、無印の台詞が出ます。
1.28エンジンと同じ挙動です。

◎エディタで開いた時
「標準型」が自動選択されます。

クーポンで管理される部分について元データが書き換わらない限り該当なしとして扱われるのは予想通りですが、無属性が新旧エンジンで同じ効果なのは少し驚きでした。そういう場合分けなんですね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2010年11月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed