PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > その他CW関連

エントリー

カテゴリー「その他CW関連」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] WirthBuilder v.1.1.38 再配布について(終了しました)

WirthBuilder v.1.1.38は、CW1.50以下向けシナリオを作成できるWirthBuilderの、最後のバージョンです(※)。

2013年9月11日に公開されましたが、公式ファンサイトで配布されているCW1.50フルパックにはCW1.50がリリースされた2013年4月14日時点の最新バージョン(v.1.1.24)が同梱されているため、その後の改良や不具合の修正、新たに実装された参照検索などの恩恵を受けることができません。

去年の今頃、開発サイトからダウンロードできなくなっていることに気づいて、公開当時に入手していないと使えないのは非常にもったいないと、ずっと思ってきました。
添付テキストに「再配布は自由です」との一文があるので、思いきって再配布させて頂きます。

以下のリンク先からダウンロードできます。
→builder_1.1.38(再配布).zip (5/23 再配布終了によりリンク削除)


(※)実際には、シナリオデータの保存形式が変更されたv.1.2.0より前に、Next用の機能がテスト的に実装されたv.1.1.39~1.1.43が存在します。
しかし、これらはのバージョンについては

  • CW1.50が対応していない要素を含むバージョンを再配布すると、混乱の元になることが予想される。
  • v.1.1.39~1.1.43はv.1.2.0以降と互換性が無く、作成したシナリオをCWNextで遊べない(場合がある?)。

という事情があるため、その直前のv.1.1.38を再配布させて頂くことにしました。


(追記)
個人で再配布しても大して広まるとは思えないので、愛護協会の方にCW1.50フルパックの中身の差し替え検討をお願い中です。もし差し替えが実現したら、再配布の方は削除します。


(5/23追記)
フルパックの内容が差し替えられたとの告知が出ましたので、予定通り再配布は終了します。
6日間で延べ116人の方に再配布をご利用いただきました。
今後は、公式ファンサイトによるフルパックまたはv.1.1.38単体配布をご利用ください。

Twitter上でv.1.1.38ではコンテントツリーの表示が新しくなっていて旧表示に切り替えても状態が保存されないのが使い辛いという呟きを見かけましたので、明日辺りから、新たにv.1.1.30の再配布を予定しています。v.1.1.30は、コンテントツリーの旧表示がデフォルトだった最後の版で、このバージョンで参照検索が実装されています。準備が整い次第、改めてお知らせします。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 冒険は冒険の前から始まっている、という話

この記事は、前回バックパック実装について書いた記事にツッコミが入った事をきっかけにしたものです。前の記事に追記の形で追加していましたが、別の話になりかかっているので分け、ついでに少し書き足しました。
以下を読んでからご覧になるとより分かりやすいと思います。

↓前回の記事
#CW新機能バックパックについて を起点に色々(10/13追記あり)

※※※
前回公式FAQの事を書いて、思い出しました。
カードワースを始めた頃、戦闘で使えないカードが選択肢に出てくるのはおかしいと思っていた時期が私にもありました。

その当時、私は戦闘時の手札=冒険者の脳内だと思っていました。
レベル1と言えど一応プロなのに、敵を倒すのが目的の時に鍵開けなど目的に対して全く意味が無さそうな事を次の行動として検討するのはおかしいのではないか、というわけです。
これで良いのか調べていき、辿り着いた先が公式サイトのFAQでした。

FAQの説明を読んで、自分の解釈の方が間違っていた事を知りました。
戦闘時に表示される「盗賊の眼」や「盗賊の手」にも、ちゃんと意味があったのです。
選択肢の出し方だけで持ち物の影響をシンプルに表現し、キャラの個性を強調している事に衝撃を受けたのを覚えています。

以来、時々探索技能で手札欄を圧迫されつつも淡々とアクションカードで戦う盗賊キャラが、苦手なりに出来る事で頑張っている奴と感じられるようになりました。
こうなると逆に、盗賊の手札欄が攻撃用のカードだけで埋まり、派手に技をぶちかましてバッサバッサと敵を斬れたりすると、何か違うような気がしてくる始末。戦闘では地味だが探索で活躍! (その逆も)が、自分にはツボらしいです。

※※※
カードワースで、公式シナリオで得られるカード及びそれに準拠したカードメインでプレイしようとすると、オールマイティなキャラは出来にくいようになっていると思います。
それ故に、戦闘向きなキャラとそうでないキャラが居る事、個々のメンバーの能力傾向や依頼内容等を勘案し、パーティー全体として任務達成に必要な力を持ち得るように所持カードを調整していく段階、つまりは冒険の前が結構面白かったりします。
(この辺のバランスは、そこそこ厳しい方が個人的には楽しいです。)

冒険の準備は低レベルの時ほど厳しく、レベルが上がると少しずつ楽になっていきます。
戦利品や報酬で買ったもので装備が充実してくる、体力が増えて倒れにくくなるといった事もありますが、カードの所持枠、戦闘時の手札数とも増えて、所持カードの選択と戦闘の組み立てに多様性が生まれるのは大きいです。戦闘特化なら多彩な技を繰り出せるようになり、探索要員も戦闘用のカードを追加で持たせればそこそこ戦い向きの技を使えるようになっていきます。
そんなところでキャラの成長が見えるカードワース、本当に良くできたゲームです。

まあ、レベルが上がった事に安心して準備を怠ると、痛い目に遭ったりするわけですが。
自分の過去パーティーを思い出しても、あれとかこれとかそれとか……。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 名前からパーティー作成企画(その2) 概要

しばらく迷いましたが、やはり主流的傾向には拘らないことにしました。
好きで狙って作るならともかく、シナリオ側で想定されるイメージと合いやすいという理由で妥協したら飽きるのが早いんじゃなかろうかと。
せっかくの企画もの宿ですから、長く使えるようにしたいですね。

しかし、年代を第一印象に戻したら、年代を戻すと男性陣が全員大人。(←今気付いた)
主流的傾向に拘らないと書いた側から何ですが、1人ぐらいは若者♂が欲しいところです。1人も居ないと、割とある若者♂1人用シナリオに入れないのが難点でして。
男性3人のうち、若者イメージで考えて最も合いそうなのは……

↓再度まとめ

  • シーラ=老人♀(リーダー)  ←戻した
  • ポポカ=子供♀
  • ジオラルド=大人♂
  • アクア=若者♀
  • クヤシ=大人♂  ←戻した
  • ライオット=若者♂  ←変更

今度こそ、性別年代はこれで決定です。


後でもっと詳しく考えますが、まずはぼんやりと人物像など。

■シーラ
名前が音楽の守護聖人→歌う職業(吟遊詩人? 宮廷楽師?)。本名は別にあるかもしれない。
長編の詩を作るために何かを調べている。または失われた歌か楽器(かその他歌に関わるもの)を探している。
家族がいる気配がしない。天涯孤独?

■ポポカ
あまり幼いと現実味が無いので、年齢13歳ぐらいという事にしておく。
辺境の小さな村出身の家出娘。田舎の伝統的な暮らしの中で生きて死ぬ事が嫌だった? または大きな街で勉強したかったとか。
実家は教会。門前の小僧なんとやらで癒身の法ぐらいは使えるかもしれない。

■ジオラルド
何かの事情により故郷に居られなくなった人。たぶん冒険者には良くある話だと思う。
元々は何か堅い職業についていた、かもしれない。
恐らくその何かの事情のため将来に希望を持てなくなって、流されるまま今の場所へ。

■アクア
名前を見た瞬間、この人は魔術師だろうと思った。魔術師に決定。
何故か南国の海のような明るいイメージしか湧かず、冷静沈着頭脳明晰なCW的魔術師イメージとはかけ離れた存在になりそうだ。完全なフリーランスではないと思う。学連か賢者の塔か……。

■クヤシ
変装の達人とかいう変なイメージが湧いた。という事は、この人は恐らく盗賊なんだろう。
細身の偏屈そうなおっさん、のような気がする。
酒に酔って話す身の上話が、毎回違ったりする。役者志望(元役者?)だと面白いと思う。

■ライオット
没落した貴族の息子。返り咲きを諦めきれない父親に貴族の子として恥ずかしくないようにと育てられたが、物心ついた時から庶民の生活だった本人にとっては面倒なだけかもしれない。
親の教育方針を考えると、武器は恐らく剣。


そうだ、戦闘能力で劣っていそうなシーラがリーダーな理由を決めておかないと。
親父さんの斡旋による寄せ集めパーティーで、最年長だからとか、くじ引きで当たったとかいうどうでも良いような理由で選ばれた、とか。
腕力は無くても歌の力が……は、ちょっとファンタジーに傾き過ぎかな。


さらに詳細は、また後日に。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 名前からパーティー作成企画(その1) 発端

真夜中、Twitterのタイムラインに流れてきた#フォロワーさんが言った名前のオリキャラでCWパーティー作るというハッシュタグに脳ミソが反応した時点で、ナニカのフラグが立ってしまったようです。

私は、CWでキャラ(PC)を作る時、敢えて詳細を考えません。
自分の遊び方は、自ら創り出した個性的なキャラがシナリオの物語内で活躍するのを楽しむというよりは、作中で提示された状況を脳内に再現し、パーティーを介してGM(シナリオの作者さん)と勝負する方向性になっているらしく。
パーティーの行動目的(金とか売名とか人助けとか...)は予め決めておくし、その目的から逸脱し過ぎない特性付けを心掛けもしますが、個々のPCのキャラを立てる事はさほど重要視してきませんでした。

が、偶にはしっかりキャラ作りをしてみても良いのではないか?

そんなわけで。
ハッシュタグ企画に便乗することにしました。
オリジナルストーリーを書くぐらいの勢いでやってみようかと思います。
キャラ設定を曖昧にしておくと、どんなシナリオにでも容易に合わせられるという利点もあるのですが、今回それは捨てることにします。


募集ツイートに返信頂いた名前ネタは、以下の通りです(括弧内は名付け親の方)。

最初に頂いた名前のPCをリーダーに、名前を頂いた順をパーティーの並び順にします。
明らかに女性らしい名前が混じっているので、自分には珍しい男女混合パーティーになりそうです。


【性別】
男性名… ジオラルド、ライオット
男性な気がする名…クヤシ
女性名…シーラ
女性な気がする名…ポポカ、アクア

ちょうど3:3になりました。

  • ♂:ジオラルド、ライオット、クヤシ
  • ♀:シーラ、ポポカ、アクア

に決定。


【年代】
この際全年代制覇!を目標に。
音の印象では、

  • シーラ=老人
  • ポポカ=子供
  • ジオラルド=大人
  • アクア=若者
  • クヤシ=大人
  • ライオット=大人

だと思いましたがリーダーが老人だとCWの主流的傾向に合わないような気もします。
シーラを大人、クヤシを老人に変更し、

  • シーラ=大人
  • ポポカ=子供
  • ジオラルド=大人
  • アクア=若者
  • クヤシ=老人
  • ライオット=大人

に決定。


まとめると

  • シーラ=大人♀(リーダー)
  • ポポカ=子供♀
  • ジオラルド=大人♂
  • アクア=若者♀
  • クヤシ=老人♂
  • ライオット=大人♂

になりますが、好きにキャラを作れるのがCWの魅力でもあったはず。
年代を第一印象に戻すか、まだ少し迷っています。

もう一つ、CW世界における「子供」は何歳ぐらいまでを指すのかも問題です。
デフォルトの顔グラフィックを見る限り、現実世界の中学生ぐらいまで?

続きは後日に。


(23:59追記)
宿だけは、何とか15周年記念日当日内に作りました。
CWが今後も続いていく事を願い、新たな旅立ちをイメージして「暁の扉亭」です。

拍手送信フォーム

[CardWirth] カードワース座談会ログ公開

昨日無事に終わったカードワース座談会から、中編「登場人物などの着想について」のログを公開しました。

始まるまで色々と心配していた事は、始まってみればあまり気になりませんでした(緊張していたせいもあるとは思いますが)。
十分にあると思っていた時間があっという間に過ぎ去ってしまい、話す事はあるだろうかなどと考えていたのが、今となっては笑い話のようです。
まぁ、意味がある事を話せたかどうかは、また別ですが。

ラ・フランス様、大地の子様、ありがとうございました。


●カードワース座談会に関しては:
「かどわす!!」(主催者様ブログ)

※※※
この記事は、今まで下書き状態になっていました。
4/19公開です。すみません;

拍手送信フォーム

[CardWirth] カードワース座談会に参加させて頂く事になりました

タイトル通りです。
3月9日、ラ・フランス様よりカードワース座談会へのお誘いのメールを頂きました。

CW関連は時々公式ギルドを覗く程度の自サイト引き篭もり人間にとって、恐らく二度は来ない貴重なチャンスです。時間が大丈夫なら行って勉強してこよう、と思ったのですが。
改めて調べてみると、記録を残して不特定多数の方に読んで頂く前提の場なんですね(しかも、かなり歴史が……不勉強で申し訳ない限り)。

誰得的ツール作りと興味本位のプチ調査が活動のメインな人間が行って、話す事があるのかとか──

ギルド投稿も目立った活動も無い無名ユーザの話を読みたい座談会読者の方はいらっしゃるのかとか──

諸々不安はありますが、主催者様に問い合わせたところ、話せる事が少なくても構わないし、後者の方は問題にならないだろうというご回答でした。

という事で。

不安は敢えて考えない事にしました。
ここはもう、当たって砕けろです。
元々行ってみたい気持ちはありましたし、頑張って参加してきます。
予習して行けば、多少はマシな会話ができる……はず?

ともあれ、まずは話したい事を決めて提出しないといけません。
これがなかなか難航中です。
話す事が無くて中途辞退などというもったいない状況になりませんように。

●カードワース座談会に関する情報入手は:
「かどわす!!」(主催者様ブログ)


※※※
ここまで来て、自サイト以外の活動に(一応)Twitterがあったなーと思い出しました。思い出すのが遅すぎです。
自分からフォローはしないし中身もほぼ独り言の垂れ流しで、外に向けた活動という感覚が無いのが、何ともはや。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 影絵パーティー1~6号

Twitterで募集されている「#CWに思うこと」ハッシュタグ付きの呟きを見ていたら、「名前が1から6の数字で、画像はASKの黒ぬりつぶしPC」というのが出ていまして。ずっと前にそういうPTを使っていて、そんな事するのは自分だけかと思っていたら、そうでもなかった事に驚愕しました。

↓初代宿の最後の主力メンバーたち。
その名も_1、_2、…(中略)…、_6の「_1一行」。

[PNG-66KB]

PCが個性を主張しないので、どんなシナリオにも合います。
シナリオ毎に性格が変わっても、口調が変わっても、全く気になりません。
その時の_1たちはそういう人物だった、で済んでしまいます。

パーティー内の人間関係を描く作品では少々殺風景過ぎる感もありますが、PC名の数字を必要に応じて脳内で適当な名前と置換してやれば大丈夫。
人間関係は、その都度適当にでっち上げれば良し。
置換先の名前を変えればシナリオ毎に関係設定を変えても無問題と、意外に使えます。


【関連呟きリンク @simoom_cw】
01:2013年2月3日 - 12:10
02:2013年2月3日 - 12:20
03:2013年2月3日 - 17:21
04:2013年2月3日 - 18:25
(※Twilogで読むならこの辺り。


※※※
PC画像の元は自作なのですが、今見たらほぼ全員左斜め前方向から見た角度。
楽してばかりではいかんですね。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 思い込みは怖い。

1.28エディタのヘルプに「エディターの変更点」というカテゴリがあり、その中の「特殊なキーコード」の項目に次のように書いてあります。

>カードをエネミーに命中させて、効果が発動した時にキーコード名+○、抵抗や回避された時はキーコード名+×のイベントが自動的に発火します。

私はこれを読んで、長い間ずっと、「キーコード名+○」や「キーコード名+×」によるイベント発火は1.28エンジン以降だけだと勘違いしていました。
先月、「カード使用時の諸々処理順」を書く際の調査でキーコードを使った発動検出が1.20エンジンでも同様に作動する事を確認しましたが、長年の思い込みは解けていなかったようです。先週日曜日にメモ箱の戦闘イベント関連を更新した際、1.20エンジンでは「キーコード+○」発火は起こらないという趣旨の事を書き、1週間も経過した今日になって気付きました。

慌てて修正しましたが……

10日前の調査を忘れて違った事を書くとは情けないと言うべきか。
それより、長い間に形成された思い込みの強固さを嘆くべきか。
思い込みは、怖いものですね。

拍手送信フォーム

[CardWirth] 登録型リンク集があれば

登録型リンク集。公式サイトにあるLinks'Networkのようなものです。
Links'Networkは今も稼動していますが、編集はできても新規登録が停止しているため、最近の状況を反映しているとは言い難いものがあります。

今、CWの関連サイトを探すなら、cw-portがとても便利です。
ただ、自ら宣伝はし辛いという問題がありまして。いや、やっていいのですが、客観的に見たまとめ的な性格の場所に載せるとなると心理的にハードルが高く、結局無理でした。

いっそ、自分で登録型リンク集を作ってしまえばいいんだろうか。
リンク集の設置自体は、すぐ出来る(はず)…

……。
放っておいて人が来るサイトでなし、かなり積極的に宣伝して回りでもしない限り登録が自分のサイト1件だけ、という状況が容易に頭に浮ぶのが何とも。

(自分以外の需要の問題もあるか。)

拍手送信フォーム

[CardWirth] CWシナリオ作家に13の質問(11/04/16回答編)

昇進様の「HYPER WAVLOG ハイパー・ウェイブログ」より。
なお、回答者はシナリオ作家ではありません。シナリオ作成経験者程度の者です。
────────
1.ハンドルネームをお願いします
「ゆう」と申します。

2.ハンドルネームはCWのために作りましたか(もしくは前からのものか)?
カードワースと出会う前から使っていた名前です。

3.カードワースを始めたのはいつでしょうか?
相当前です。

4.シナリオをつくったのはそれからどれくらい経ってからですか?
自分でもシナリオを作ろうとエディタを触り始めたのはカードワースを始めた次の日です。
具体的に公開を目指して作り始めたのは、それより少し後、始めてから約半月後でした。

5.初めて作ったシナリオを(完成・未完成問わず)名前と内容の簡単な解説をお願いします
練習作として冒険者になって最初の依頼のようなシナリオを作りました。
タイトルは、「最初の一日」か「初めの一日」のどちらかだったと思います。
エディタでどんな事が出来るのかを確かめるのが目的でしたので、未完のまま削除になりました。

6.初めてネットに公開したシナリオと簡単な内容解説をお願いします
今も配布している「緋衣の盗賊」が最初の公開シナリオです。
泥棒に盗まれた指輪を取り戻すという、低レベル向けの簡単な依頼です。

7.制作するシナリオで得意なジャンルをひとつ(あるいは作った中で一番多いジャンル)は何でしょうか?
得意ジャンルはありません。
最もお勧めできるシナリオのジャンルという意味では、「隠れ技能屋」のようなユーティリティかも。

8.シナリオ制作の際の自分ルールがあればおひとつ
出来る限りシナリオを遊ぶ人に制限を課さない事。
具体的には、シナリオ作成時に配布されているエンジンならどれでも遊べるようにする、パーティー人数・編成に関わらず遊べるようにする、対象レベル未満はサポート外としても「より上」の方であまり変な事にならないようにする、などです。
ただし、例えば、シナリオの中で絶対に外せない部分を表現するために1.28エンジンの機能が必要不可欠など、自分ルール順守と作りたいものを作る事が如何なる手段をもっても両立不可能な場合には、作りたいものを優先すると思います。

※※※
万一誤解を受けると困るので、念のための補足です。
これは「自分ルール」の名前の通り、あくまで自分自身に課す努力目標です。決して他者のシナリオに同じ事を期待するものではなく、どのように作るかは個々人の自由…と申しますか、作る人がその方が良いと思うなら、1.28エンジン専用でも人数制限でも、あるのか分かりませんが戦士タイプキャラ専用や魔術師タイプキャラ専用みたいなものでも何でもありだと考えています。

9.シナリオを作る際に役立つもの・参考になるものは(あるいは行動)?
マイネタ帳。つまりは私自身の思いつきです。

10.一つのシナリオの着想は主にどこから始まりますか?
「どこから」が分かるのは「○○が面倒くさい」のパターンのみで、「隠れ技能屋」がこれにあたります。
それ以外は脳内の何処かだろうと思いますが、良く分かりません。具体的な材料(本や自分の体験、現実の事件など)をきっかけにするのではなく、どこからか思いつきが降って湧きます。が、他人様に遊んで頂けるレベルの、きちんとした形にまとまる事は滅多にありません。

11.エディタのコンテントパレットから好きなコンテントを3つお願いします(よろしければ理由も)
1:シナリオクリア。最後にこのコンテントを置いて終わる時、何となくホッとします。
2:フラグ・ステップ関連。物凄くお世話になっています(まとめ扱いは駄目ですかね;)。
3:ゲームオーバー。使った事はありませんが、絵的に。

12.シナリオプレイと制作はどちらが好きでしょうか?
制作です。
私がカードワースに費やした時間の大部分は、シナリオ作成、シナリオ関連物(ツールなど)の作成、時々思い出したように行う未発見バグ潰しのための自作シナリオ通しプレイに費やされました。

13.お疲れ様です。宿の親父に何か一言お願いします
(…苦労しますね…。)
────────
保存用には別にページを作っていますが、こちらは今日の時点の記録として。

拍手送信フォーム

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

2019年09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed