|| 「踊る金狼亭」TOPメモ箱>イベントと分岐

対応】 CW:1.20○/1.28○/1.29○/1.30○/1.50○
シナリオは、イベントの集合体です。
そして、イベントは様々な条件判定とその結果による分岐の積み重ねです。
「どんな時イベントを発生させられるか」「判定の条件には何が使えるか」を知れば、シナリオ作りに幅が出る……かも?
(※初めてシナリオを作る方向けのつもりが、だいぶややこしくなりました;)
なお、イベントや分岐の一部に、本体更新により追加されたため、より古いエンジンでは使えないものが含まれます。
既存手法の組み合わせなどによって同じ or 類似の効果を得られることもあるので、対応エンジンを増やしたい場合はリンク先を覗いてみて下さい。

※※※
CW独自の表現ではないですが、一応。
以下、文中にイベントの(が)「発火」とある場合、「発生」と同じ意味です。

イベントデータは何処に書く?(イベントビュー)

イベントデータを書き込める場所は、以下の4つです。
  1. エリア
  2. バトル
  3. パッケージ
  4. 効果系カード(スキル・アイテム・召喚獣)
それぞれビューウィンドウを開き、「イベントビュー」に書き込みます。

(1)イベントビューの表示方法

○エリア・バトル・パッケージ
データウィンドウからダブルクリックでビューウィンドウが開く→【イベントビュー】タブを選択
○カード
カードウィンドウでイベント編集したいカードを右クリック→使用時イベントの設定

(2)イベントビューの見方と操作

例として、エリアのスクリーンショットを掲載します。
[img:イベントビュー]
[▲上へ]

イベント発生の優先順

[▲上へ]

どんな時イベントを発生させられるか

場所別にまとめました。
イベント名後ろの括弧の中身は、(イベント種別(/設置可能な場所))です。

エリア

バトル

----- ▼CW1.50以降のみ使用可能 -----

パッケージ

効果系カード(スキル・アイテム・召喚獣)

[▲上へ]

変数には何があるか

[▲上へ]

イベントの分岐に何が使えるか

名称に「分岐」または「判定」を含むものが、分岐を行うコンテントです。
大部分はボタンの絵に1本の線が二股の矢印に分かれている図柄([img:矢印例1] または[img:矢印例2] )を含むため、見た目でも大雑把に判別できます。

使えるもの(1):フラグ・ステップの値 →「Data」タブ

----- ▼CW1.30以降のみ使用可能 -----
----- ▼CW1.50以降のみ使用可能 -----

使えるもの(2):パーティーやパーティーメンバーの状態 →「Utility」タブ

使えるもの(3):確率・選択 →「Utility」タブ

----- ▼CW1.30以降のみ使用可能 -----

使えるもの(4):存在・所持状況 →「Branch」タブ

----- ▼CW1.50以降のみ使用可能 -----

使えるもの(5):その他 →「Utility」タブ

----- ▼CW1.50以降のみ使用可能 -----
[▲上へ]