PathLink: 砂塵の彼方 > 徒然日記 > エントリタグ::CW公式ファンサイト関連

エントリー

タグ「CW公式ファンサイト関連」の検索結果は以下のとおりです。

[CardWirth] CWBBS[61]:対応が進んでいる模様(7/4更新)

昨日から今日(6/28夕~6/29夜)の間に、公式ファンサイトの「他のエンジン」コーナーが更新されていました。宿データの移動についてや、各種エディットツールで作成したシナリオと遊べるエンジンの対応表などが追加されています。
http://cardwirth.net/office/otherEngine.php

また、一昨日(6/27)には「はじめに」内の「ギルドについて」の項目に、

ギルドは、みなさんのシナリオを発表できる場を確保するために運営されています。そのため、バリアントや公式非公式を問わず、カードワースシナリオを受け付けていきます。ただし、シナリオをダウンロードした人がそのシナリオで遊べないと困りますので、「バージョン(エンジン)表記」と「対応エンジンを入手できるアドレス」の2点を添付テキスト等に書いてもらうようにお願いしています。気に入ったエンジン&エディタを使って、楽しく遊んでください。

という文章が追加されました。
http://cardwirth.net/office/

最近公式ファンサイト掲示板であれこれあった件の、対応が進んでいる様子です。
あのスレッドには色々な事が書かれていましたが、愛護協会の回答によれば全員の提案を検討するということらしかったので、もっと時間がかかるかと思っていました。ずいぶん早かったと感じます。


専用シナリオの扱いは、従来通り。
スレッド内でも指摘が出ていたとおり既に決定事項としてアナウンスされていたし、分離の必要は無いとかシナリオは一か所で探せた方が良いといった意見の方が断然多かったので、これは予想通りです。
新しいのは、付属テキストにシナリオを遊べるエンジンの入手URLを書くことぐらいですかね。

他のスレッドも含め、複数人から要望が出ていた互換性情報の掲載も終わったようです。

残るはギルドの最低動作バージョンタグの件ぐらいでしょうか。
バリアントエンジンに言及した書き込みもありましたが、そちらはどうなるのか……。

1つ前の記事のコメント欄開放は「公式ファンサイト掲示板の件が一段落するまで」としていましたが、そろそろ閉めてもよさそうです。もう少しぐらいは何かあるかもしれないので、あと1週間ぐらいは様子見しますか。


(7/1追記)
昨日(6/30)、「はじめに」内の「ギルドについて」の項目が、再度更新されました。
前回の更新で追加された部分が削除され、代わりに

ギルドは皆さんの作ったシナリオを自由に発表できる場です。「シナリオを作ったので誰かに遊んでもらいたい!」という方は、どしどし投稿してください。シナリオファイルをアップロードするホームページが無い場合は、藤野亭のアップローダーベクター等をご利用ください。なお、ギルドに投稿する前に「投稿前の指差し確認」をご覧ください。

という文章が追加されました。具体的なキーワードが消えて、より穏やかな表現に置き換わっています。
付属テキストにエンジンの入手先を書くのは、無しになったようです。


(7/4追記)
先程確認したところ、発端になったスレッドが過去ログ入りしてました。
これで終了?

[CardWirth] Re: CWBBS[26]-14

この記事は、一昨日の「どのエンジン向けに作るか」を追加した踊る金狼亭の記事「私家版エンジン関連情報」の宣伝に対して頂いたコメント

[26] カードワースなんでも宣伝スレッド の14番レス「プレイヤーが気を付けるべきこと」
http://cardwirth.net/BBS/standard/read.cgi?no=26&l=14

への返信です。
宣伝用の場所に長文の私信を書き込むのは憚られたため、こちらで返信させて頂きます。

なお、この件に関連する別のテキストとして、サイト更新時の日記があります。
そちらも併せてご覧いただければ幸いです。


【返信元】
http://cardwirth.net/BBS/standard/read.cgi?no=26&l=14, (参照 2015-06-19).

プレイヤーが気を付けるべきこと ( No.14 )
日時: 2015/06/18 22:11
名前: ナオ◆N8LHKg/1lE ID:1x77GVI6

 とはいえ、NEXTじゃなくても再現できるからといってNEXTを使ってはいけない理由等ないことは明言したほうが良いでしょう。
作者にとって、より多くの人に遊んでもらえる事が最優先とは限らないのですから。
再現できるからといってNEXTを使わない事を強要したりすることはプレイヤーのわがままでしかないのです。


【ここからが返信です】
まず、記事をお読みいただきましてありがとうございます。

私は、内容的にはCW1.50やPyでも遊べるシナリオが、作り手さんがNext付属のWirthBuilderの特徴を知らなかったり、複数環境を並列で使っている方にありがちなうっかりミスで専用シナリオになってしまうのは、ちょっともったいないと思っています。しかし、私の「ちょっともったいない」をもっともだと思うか、私はもったいなくないと思うかは、読み手次第です。どちらが正しいという話ではありません。
ゆえに「お勧め」と書きました。ちょっともったいないのでコレがお勧め、という話を、強要と受け取る人がいるでしょうか。
また、そもそも読まなくてはならない義務さえありません。自分の考えと合わないと思った時点で、いつでもF9……もとい、ブラウザを閉じて記憶からミュートしてしまうことができます。

或いは、まとめの中で、シナリオ作成時に全エンジン向けかNext専用かを選ぶ基準として具体的に挙げたものが「CardWirthNextでないと実現できない事は何か」だけだという事に引っ掛かりを感じておられるのでしょうか?
基準をそれしか挙げていないのは、それ以外のことは個々人の主観でしか判断できないからです。
記事の中では「ツールの使い勝手など主観に関わること」と簡単に括っていますが、ここには「CardWirthNextでないと実現できない事は何か」以外の全てが含まれます。個人による差が大きく、明確に分類できるものでもなく、「私はこう」以上の話ができない分野です。モノによっては荒れる原因になるので、細かくは書きませんでした。
「CardWirthNextでないと実現できない事は何か」とその他全部を合わせて、それぞれご自身でお決め下さいということです。それ以上でも、それ以下でもありません。

ここまでお読みになって、まだこの記事は強要であり内容を書き直すべきとお考えでしたら、お手数ですが、コメント欄までご連絡ください。特に何もなければ、放置して頂いて構いません。
公式ファンサイト掲示板の件が一段落するまで、コメント欄を開けておきます。


【この記事をお読みの全ての方へ】
エントリ本体は特定の方への返信ですが、コメント欄はここをご覧の皆様に開放しております。
「私家版エンジン関連情報」に対するご意見がありましたらコメント欄へお寄せ下さい。
どなたと話しているのか分からなくなると混乱しますので、ハンドルネームは他と識別可能なものを使い、ここのコメント欄内では統一して頂けると助かります。
(※関係がない投稿や、私以外の方への暴言・誹謗中傷は、記録を残した上で削除致します。悪しからずご了承ください。)


(7/4追記)
この記事は公式ファンサイト掲示板の61番スレッドから派生した流れの中に位置していましたが、本日、大元のスレッドの過去ログへの移動確認しました。これで一段落と見て良さそうです。
こちらに新たなコメントを頂くこともなさそうですので、コメント欄を閉じさせて頂きます。コメント頂いた皆様、ありがとうございました。今後何かあれば、メールか拍手コメントの方にお願いします。

[CardWirth] 不毛の根っこは何か、という話

(流れ的に)少し前の備忘録の続きのようなものです。

※※※
公式ファンサイトの掲示板の某スレッド進行中だった部分が切り離され、愛護協会から新たなコメントも出ました。不満があっても表に出さないで欲しい、或いはNext関連には敢えて触れないで欲しいというのが愛護協会の意思と思われ、少なくともあのスレッドに書き込む人は、もういないだろうと予想していました。
が、続くもんですね。
スレッドへの書き込みに不毛の根がある限り話題にされ続けるだろうという内容があり、それはその通りなのですが、では不毛の根を取り除いて解決可能かと考えると、もうほぼ無理としか。


不毛の根は、全く互換性のないデータ規格の存在に対する不安のようなものではないかと思います。
私自身、過去には、複数の改造エンジンが出回る可能性に備えて、最低限基本的な仕様やシナリオデータの規格ぐらいは愛護協会で一本化しておいた方が将来の面倒事を回避できると考えていた頃もありました。しかし、それはまだ全てが上手く行っているように見えていた2012年段階のことで、既に異なる規格が出現している現時点で有効とは思いません。

そもそも愛護協会の方針は、最初から一本化を図るよりも一切縛りを設けずに自然淘汰に任せる方向と思われます。
2012年3月末のgroupASK 倉貫さんのメッセージ以降、改造版やクローンなどを作ろうとする人向けの「縛り」情報が出てくることはありませんでした。また、現状を見る限り、協会内部で開発担当者がやめる場合の開発面での引き継ぎや、やめた後についての取り決めも(少なくとも改造内容を縛るものは)無さそうです。
この状況から愛護協会が何かの規制を行うと言い始めたら、むしろ驚きです。

というわけで、愛護協会に何とかしてもらうという解決は、恐らくあり得ないでしょう。
それならユーザーが出来ることはというと、CWやめるか、好きなエンジン&エディタを選んで続けるかの二択ぐらいしかないわけで。

まあ、この前の備忘録の前置きで書いたフォーマットの違いをシナリオを作る方に広めるとか、Nextの新機能を使わないなら旧フォーマットで作ろうぐらいはやってもいいかもしれんですが──
やるとまた、Next否定だとか何とか言われそうでは。やるにしても、角の立たない方法を考えないと駄目ですね。



そうそう、もう一つ。
Nextの存在は将来の枷になるか、という話。

どのエンジン向けにシナリオを作るかの面でユーザーの奪い合いもしくは流出が起きる可能性はありますが、少なくともスレッドで言われていたようにCardWirth系エンジン全体の開発が止まる要因にはならないだろうと思います。
仮に愛護協会が新たにCW1.50の後継版を作るとしてNext仕様に対応しない選択肢もあるし、NextやPyのように個人が作るクローンでは他との互換性を考慮せず自由に開発を続けることができます。
むしろ、縛りをかけずに自然淘汰に任せるという事なら、次の開発担当氏が1.50を好きに拡張して、愛護協会配布エンジンとNextで、互いが互いの専用シナリオを遊べない状態になる可能性も、絶対無いとは言えません。

よって、この場合考えるべきは「自分が選んだエンジン向けのシナリオはずっと遊べるのか」「自分が選んだエンジン向けのシナリオ作成用ツールはずっと使えるのか」であって、CardWirth全体の開発が止まるかどうかではないように思います。
作り手の努力の結晶であるシナリオが将来も遊べるのかは大きな問題だし、細分化され過ぎると各々がコミュニティを維持できなくなるかもしれませんが、それはもう、何か起きた時に対症療法的に対応を考えるしかないのではないでしょうか。



と、ここまで自然淘汰に任せるのが愛護協会の方針という予想に基づいて話しておいて何ですが、実は、もう一つの可能性もあります。

愛護協会メンバーのとある方とお話して気付いたのですが、どうも改造エンジンやクローンエンジンをバリアントの一種と見ておられるようです。この見解が個人のものなのか愛護協会としてのものなのかは分かりませんが、愛護協会内部でも、ASK版(CW1.20まで)、愛護協会改造版(CW1.28)、その後のDLL強化版(CW1.29&1.30)、Next、Py、その他過去に発表された世界観を違えたエンジンの全てがひとまとめに「CardWirthエンジン」という扱いになっているのかもしれません。

この考え方なら、どのエンジンを選ぼうと「CardWirthを選んだ」ことになるし、ユーザーの奪い合いや淘汰といった視点もなくなります。受け入れることさえできれば、案外悪くなさそうです。多くのユーザーが全てはCWと考えるようになれば、問い合わせ回答で言われていたように、各々が「気に入ったエンジン&エディタを使って、楽しく遊」ぶことができるでしょう。

まあ、掲示板を見る限り、少なくとも今のところは無理そうですかね。
世界観を同じくするエンジンは競合関係にあるため、従来バリアントエンジンと呼ばれてきたものとは別扱いに考えている人も、それなりの数居そうです。
さらに年単位で時間が経ち、経緯を知らない人がほとんどになれば違ってくるかもしれませんが。


[関連記事]
#CW新機能バックパックについて を起点に色々(10/13追記あり)
バックパックを使ってみた@CWNext(Build 131020)
バックパックを使ってみた・2@CWNext(Build 131031)
バックパックの影響を考える
CardWirthNext次バージョン個人配布移行の事
Re: CW1.60(予定)関連で頂いたコメント

[関連記事@2015年]
備忘録:2013年10~11月の記録

[微関連記事]
冒険は冒険の前から始まっているという話
新規拡張または改造版作成に関する問い合わせ、の記録

[CardWirth] 備忘録:公式ファンサイト掲示板アクセス制限 経過メモ

↓ここにあった物は、下記に移動しました。(7/5)
────────
備忘録:CW公式ファンサイト掲示板アクセス制限関連
http://www.simoom.net/sj/index.php/page/wh/cwbbs

内容

  • (1)メモ類
    • (1-1)アクセス制限までの経過メモ
    • (1-2)時系列まとめ
    • (1-3)互換シナリオ関連メモ
  • (2)関連資料
    • (2-1)資料一覧
    • (2-2)CWHSチャットログ保管

────────
ここでは、カードワース公式ファンサイトで2014年6月に実施された掲示板アクセス制限措置とそれに至る経緯をまとめていましたが、内容が思った以上に肥大したため、別のページに移動して整理しました。

CWHSチャットログ保管以外のページは、整理に伴ってURLが変わりました。
リンク・ブックマークされていた方、もしいらっしゃったら、お手数ですがURLの変更をお願いします。


[関連記事]
公式ファンサイト掲示板アクセス制限の話(こちらは個人の考えなど)

[CardWirth] 公式ファンサイト掲示板アクセス制限の話(6/13追記あり)

6/8深夜のCWHSチャットで、公式ファンサイトの掲示板にアクセス制限がかかったらしいと知りました。参加者のお一人から愛護協会メンバーのTwitter発言に出ていたと聞き、確認してみると、確かにそのような内容がありました。

しばらく経って入室された別の方の発言にブロック云々の内容があり、その時はずっと前でチラッと出ただけのアクセス制限の話と脳内でつながりませんでしたが、後からTwitterのTLに流れてきたその方をフォローしているらしい方の呟きによって発言の時点で制限に引っかかっていたらしいと分かりました。

そして6/9、公式ファンサイトにアクセス制限解除要望用掲示板が出現。

実際に制限が行われているのは、確実のようです。
ちなみに私は変わらずアクセスできていますが、前述の制限に引っかかったらしい方は掲示板ではお見かけしたことが無く、結構広範囲に巻き添えが出ている可能性もあるかもしれません。
(追記:後日、この方の書き込みは普段のハンドルネームとは別名義で行われていた事が分かりました。詳細は上の解除要望用掲示板で読めます。)


これで一段落する事を願いますが、実のところアクセス制限に実効性があるのかは疑問です。
自分のところでも掲示板を扱っていた経験から考えると、IPアドレス、ホスト名、或いは書き込み名辺りを対象に一致または部分一致で制限をかけていると思いますが、それらはいくらでも誤魔化しがききます。
条件設定の仕方によっては、肝心の対象にすり抜けられることもあるかもしれません。余計な巻き添えを増やすので、設定を厳しくすれば良いというものでもないし、、、

と思っていたら、今回の件の最初のきっかけを作った人の、新たな書き込みがきていました。
制限の条件設定が上手くいっていない?
少なくともファンサイトの掲示板には決定的にクロな事を書いていない本丸への対応よりも、禁止事項6の適用を優先した?
その他の何か……?


関連と思われる動きとして、アクセス制限解除要望板の設置と同じ日の前日(後日手持ち資料を確認したところログの整理は6/8でした、すみません)に、これまで雑談以外で本丸さんが関わったトピックが、過去ログに移動されていました。あの掲示板ログの整理のされ方から考えて、新たな書き込みがあっても利用者側で無暗に反応しないで欲しいという事なんでしょうかね。どうなんだろう。
対応作業の途中かもしれないので、しばらくは様子見です。

※※※
ついでと言っては何ですが、CWHSチャットで出ていた、愛護協会はもっと早く対処すべきだった、という話に関して。
チャットでもちょっと書きましたが、私の意見は以下の3点です。

○その1
今回の対応内容は、前例として今後に影響する。
1人に対して行う事は他の皆に対して適用されるので、慎重であって欲しい。

○その2
掲示板管理をより大勢で担当する事には、
・何か行う際、チェック機能が働きやすい。
・責任を分散する事により、問題が起きた時に協会内の1人だけが詰め腹切らされるような事態を避けられる。
という利点がある。
よって、集団管理体制の中、掲示板のみスピード重視で少数に責任を負わせることが正しいとは思わない。
(利用者側から見て正しいかどうか、という議論はあるかもしれない。)

○その3
これまで基本的に管理介入はなかったし、ここまで問題が長期化したのも恐らく初めて。
前例のないことだけに、協会内部で話し合う時間が必要なのではないかと思う。それは待っても良いのでは?
(11/17追記:この記事から5か月程経って、groupASKによる掲示板アクセス禁止措置の記録(2000年)を発見しました。ユーザーを信じて「なるべく不干渉でありたい」とのご発言もあり、その後の流れにつながったものと思われます。)

以上。
今回の件への対応から、愛護協会内で今後同様の問題が起きた時の指針ができる事に期待します。
あらかじめある程度方針が決まっていれば対応のスピードも、
というか、二度と同じような事が起きない事を祈った方が良いかもしれんですね。


改めてチャットのログを眺めてみると、愛護協会の管理下に無い部分(外部サービスやブログ等)での活動をどう考えるかというところに、かなり温度差があるのではないかと思います。
本丸さんがブログなどで書いているような事をCardWirthで実際にやり始められたら、この界隈で物を作る人が激減するのじゃないかとは思っているのですが……それは、公式ファンサイト掲示板へのアクセス制限で解決する問題ではありません。

さて、どうするか。
テンプレート計画を早くやるぐらいしか、今、自分にやれる事はないかな。。



(6/12追記:拍手コメントへの返信1)
拍手から甘すぎるとのコメントを下さった方へ。

コメントありがとうございました。
送って頂いたURLの場所は、以前に見ています。しかし今からではソースを確認できなかった部分も多く、自分の目でしっかり確認が取れない事柄については判断保留としています。それ自体を根拠として何かを行う事はありません(というか出来ません)。

正直なところ、私は公式ファンサイトの掲示板が荒れている事よりも、そこから派生して周囲で活動を控える人が出たり、自分自身がCWで物を作る気が失せてきた事の方に危機を感じています。
掲示板が静かになれば良いだけならばあなたが仰るようなアクセス制限によって実現可能かもしれませんが、私が何とかしたいと考えている事柄は掲示板のアクセス制限では解決しません。掲示板で誰かの発言が制限されても、権利絡みで将来問題が起きる可能性は減らないからです。愛護協会に掲示板の事で早く対処して欲しいという気持ちが薄いのは、そのためでもありそうです。

せめて今よりも少しは安心して物を作って発表できることが、私にとっての優先事項です。その目的のために、効果のほどは分かりませんが、まずは事前の意思表示を広める事に努めようと思っています。
しかし、掲示板の平穏こそ最優先という考え方も理解できます。あなたがそれを目指して行動されるのを妨げる気はありません。


(6/13追記:拍手コメントへの返信2)
テンプレート計画は「今よりも少しは安心して物を作って発表できること」が最終目標ですが、あくまで不特定多数が簡単に参加可能である事に起因する問題全般に備え、同時に作品が作り手が望む最大の範囲で活用される環境を整えようとするものです。特定個人に対する備えではありません。
誰かに対してどうかという視点で見ていないので、すみませんがそういう事は良く分かりません。
(参考:カテゴリ>音信不通用テンプレ関連


[関連記事]
備忘録:公式ファンサイト掲示板アクセス制限 経過メモ(掲示板設置からの経過記録)

[CardWirth] このところのあれこれから著作物について考えた事

最初に:
このエントリの内容は、CardWirth周辺の話に特化しています。
著作権、或いは著作権法について広く知識を得たい方は、この辺りからリンクを辿ってみる事をお勧めします。




それでは本題。

CardWirth(以下「CW」と略します)界隈は、著作権絡みについては割と厳しい方です。
成立がかなり昔だという事情もあるかもしれません。
作り手の許可がある事を確認してから行動し、分からない場合は問い合わせ、断られたり回答が無ければ諦めるのがあるべき姿勢だという昔ながらの雰囲気が、今まで保たれてきました。

一方、作品が消失したり、作者と連絡が取れなくなった際に様々な問題が起こり得る事は、以前から考えられていたようです。
作品を自分で管理できなくなった場合を考慮して規約を作成する製作者の方が以前より増えたと感じますし、消失作品の復活を目指したOBギルドや音信不通時を想定した「if」を始めとする規約テンプレート企画など対応する動きもありました。ただ、残念ながら現時点ではCWの標準と言えるほどには広まっていません。

そんな現状の中、公式ファンサイト併設の掲示板の最近の投稿を見て、色々考えさせられました。
具体的に言うと、6番16番18番のトピックスです。


●作り手が活動停止し、音信不通になったら……

音信不通時に起きる問題は、作者の意思が確認できない事によるものが大きいと思います。

分からないから自粛したものが実際は問題ないかもしれないし、逆に分からないから見切り発車というような事例が発生する恐れもあります。
良く言われるシナリオや素材の消失問題にしても、事前に作者から再配布許可の意思や条件等が明らかにされていれば、今に残った作品があったかもしれません。
また、16番のトピックで話題になったような使用時報告必須の条件で配布されている素材は、報告できなくなった時どうするのかの規定が無いと、入手可能なのに使えない残念な状態になってしまいます。

現役で活動している間は「分からない事は問い合わせて下さい」でいいでしょうが、人生何があるか分かりません。不測の事態によって突然活動停止を余儀なくされたり、何かがきっかけでもう一切CWには触りたくない今後は絶対に関わらないという心理状況になるかもしれません。
活動停止した後についての意思表示は、通常の活動ができているうちに行うのがベターです。作る側が自分の作品をどう扱われたいにせよ、それを形にして残した方が、自作品を望む形で扱ってもらえる可能性が高まるだろうと思います。

……と、そんな事を考えたのをきっかけに、音信不通用テンプレートを作ろうと思い立ちました。ここの話は、「音信不通用テンプレートを作成しよう計画・準備編」に続きます。


●ネット上の素材における権利切れ・権利放棄

どちらも確認し辛いのが困りものです。

幸いCWではまだ見ませんが、ご自由にお使い下さいとされているものが本人の作品でない例などいくらでもあります。問題のない配布だと確信できるまでが面倒な場合もありそうです。

権利切れの方は、そもそも今ネットで活動している人の死後50年が分かるのか疑問です。ネットでしか知らない人の生死確認が、果たしてできるでしょうか。人間の寿命を考えると作品公開から180年程経てばほぼ確実に死亡していると推定できるかもしれませんが……
どなたか掲示板で書いておられたように、ネット普及以後に制作されたと考えられる作品は、今現在権利切れは無さそうですね。


●作者につながるものを一切排除した素材配布、という形

18番のトピックをきっかけに、ハンドルネームや入手場所に関する情報など作者につながるものを一切出さない事を利用規約で謳っている素材を初めて目にしました。CWで同種の規約を見た事はありませんが、どのように配布するかは作者の自由であり、今後自分は一切表に出たくないという方が出てくる可能性はあるでしょう。

作者につながるルートが閉ざされているのは音信不通と似たところもありますが、このケースの特殊さは、作者の活動内容や自作品の扱いについての考え方を第三者が確認するのが極めて困難な点にあります。
そして、その事によって発生するリスクは、利用者が全て負わねばなりません。

私がこんな事を考えるのは、たぶん、以前にそこそこ長く参加していたゲーム(念のためですがCWではありません)が、一部ユーザーの問題行動によって性善説が崩壊している場所だったからではないかと思います。
私自身、自作だからと作者名を省略していたら、無断転載を疑われた事があります。

そんなこんなで自分は万一が怖くて手を出せないと思いましたが、恐らく警戒し過ぎなのでしょう。
ただ、もし将来CWにそのような素材が現れた時、利用を検討する方はある程度リスクがある事を一応は考えてみて、覚悟ができてから使う方が良いのじゃないかとは思います。

(※補足:CW愛護協会の方針は著作者情報は必ず書く、しかし作者が匿名希望ならその意思を尊重して匿名OKという事らしいです。入手場所も含め一切何も書かない事に対する見解は現時点で不明、恐らく自己責任という事になるでしょう。)


※※※
こんなところです。
著作権関連に厳しいCWだけに、これまでこの手の事はあまり考えずに済んでいました。
今後もずっと考えずに済むために、今考える……

何か矛盾していますが、この辺で〆。




(3/22追記)
読み返してみると上の文章で自分が言いたかった事が伝わるか疑問を感じましたので、少し追記します。追記の対象は、3つのテーマのうち後ろ2つです。

これらは、○○だから怪しいという話をしようとしているわけではありません。
ネット上で素材として提供されている作品の中には配布者に権利が無いものも混じっていて、それを利用者が絶対確実に見分ける方法は無いという前提のもと、

  • 無料、クレジット表示不要、制限なしで使えるといった利点だけ見るのではなく、本当に使って大丈夫なのか自分でも調べた方が安心。
    絶対確実はなくても、過去作品の傾向や他で同じものが公開されていないかなどから、ある程度推測がつく場合もある。良く分からない時は潔く諦めるのも大事。
    (※CWではクレジットは表示するのが基本です。念のため。)

  • 万一配布元が不正を行っていた場合に自分が巻き込まれる可能性は、一応考えておいた方が良いと思う。

  • 配布元を特定させない事が求められる素材については、事情を知らない人に疑われたり、何か問題がある場合に追及の矛先が自分に向くなど余分なリスクを抱える事を想定した上で利用するかしないか決めた方が良いと思う。

というような事を言いたかった……
や、最初からそう書けば良かったのか;

それより、言いたかった事をまとめ直して読んでみると、なぜ今時こんな当たり前すぎる事を書いているのかという感じなのが。最初書く時何も感じなかったという事は、CWでの活動に戻って割と時間が経ち、周囲の雰囲気に慣らされてきているのかもしれません。

そう、幸いCW周辺にはいまだ性善説を信じていられる雰囲気が残っており、前述のような心配を身近なものとして感じた事はありません。今後もこの雰囲気が残っていくことを願ってやみません。
この願望を実現するために何か、と思いますが。自分個人としてできる事は、とにかく利用規約を守るぐらいしか無いですかねー。

※※※
イラストや写真は画像検索である程度調べられますが、音声や楽曲の素材のオリジナル確認はどうしたら良いのか。絵で言う絵柄のようなものが音の作品にもあるのではと思いますが、そちらの分野は全く素人なので分かる自信が無いです。

[CardWirth] 備忘録:CardWirth公式及び愛護協会関連の動き(1998→2013)

メモ箱に内容をコピー済み】
この記事の内容は、2013年12月末時点のものです。
2014年以降も含めた動きは、メモ箱の記事でご覧ください。

※※※
きっかけは、昨日深夜
CW1.28は最後のMP3対応版が出るまでに何度か更新されたなーから始まって、そういやBGMでMP3が鳴らせる改変CW1.20もあったなどという事を思い出したりするうち、15年間で何があったか簡単にまとめてみようかと思い立ちました。
リアルタイムで見たのに忘れかけている部分もあり、時間の経過を感じます。所謂、備忘録です。

カードワースの更新に関する事、公式サイトと公式ファンサイトに関する事を、ネット上の記録や手持ちの資料を元にリスト化してみました。出来る限り、当時の資料へリンクしています。既に消失したものは、Internet Archiveのコピーを参照しています。

【1998年】

1998/08/08
GROUP ASK HOMEPAGE 公開
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_1.html[Internet Archive 2000/01/15]
  • 公式サイト:http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/
1998/08/18
CardWirth1.00 ダウンロード開始
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_1.html[Internet Archive 2000/01/15]
  • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.00?
  • データバージョン:シナリオ v.0/宿 v.?
1998/08/--
8月下旬から9月上旬にかけて、公式シナリオが続々公開された。
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_1.html [Internet Archive 2000/01/15]
1998/09/04
CardWirth1.03 公開
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_1.html[Internet Archive 2000/01/15]
  • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.00?
  • データバージョン:シナリオ v.0/宿 v.?
1998/09/12
ユーザーシナリオ募集開始
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_1.html [Internet Archive 2000/01/15]
1998/10/02
CardWirth1.10 公開
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_2.html[Internet Archive 1999/11/05]
  • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.00
  • データバージョン:シナリオ v.0/宿 v.?
1998/10/22
Adventurer's GUILD オープン
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_2.html[Internet Archive 1999/11/05]
  • Adventurer's GUILD:http://hp.vector.co.jp/authors/VA014586/
1998/11/08
VectorCardWirthカテゴリ登場
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_2.html [Internet Archive 1999/11/05]
1998/11/14
エンジン・エディタの大幅な機能追加&修正の告知
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_2.html[Internet Archive 1999/11/05]
  • PCのレベル上限設定、新コンテント追加、CardWirthUtility(現在のユーティリティモードにあたるもの?)の追加など。
1998/11/21
User's Network(ユーザー交流用掲示板)開設 →初期UNログ最新ログ
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_2.html[Internet Archive 1999/11/05]
  • 現在の公式サイトを見ると、「CardWirthユーザの為のコミュニケーション空間」と定義されている。
  • 初期は1つの掲示板に何でも書き込むスタイルだったようだが、その後カテゴリ分けがなされた。
1998/--/--
CardWirth1.13 公開
(サイトの更新履歴に掲載されていない。11月中旬~12月末までの間?)
  • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.01
  • データバージョン:シナリオ v.0/宿 v.?
1998/--/--
CardWirth1.14 公開
(サイトの更新履歴に掲載されていない。11月中旬~12月末までの間?)
  • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.14
  • データバージョン:シナリオ v.1(新)/宿 v.?
  • 更新内容から考えて、宿データも仕様変更された可能性あり。
1998/12/14
公式サイトドメイン変更告知
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_2.html[Internet Archive 1999/11/05]
  • 変更後URL:http://www.mediawars.ne.jp/~kuranuki/
  • 1999/02/12に、再度ドメイン変更の告知あり。双方で旧ドメインも1999年6月末まで使用可能と書かれている。
1998/12/27
CardWirth1.15 公開
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record_Past_2.html[Internet Archive 1999/11/05]
  • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.15/CardWirthUtility(新?)
  • データバージョン:シナリオ v.2(新)/宿 v.?(新)
1998/12/27
CardWirth1.15修正版 公開
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record.html [Internet Archive 1999/11/05]

【1999年】

1999/08/24
CardWirth1.20 公開
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/Record.html[Internet Archive 1999/11/05]
  • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.20/cwconv.dll v.1.00?/CardWirthUtility→本体に吸収
  • データバージョン:シナリオ v.3(新, 現在は4)/宿 v.8
    • シナリオデータバージョンがいつから4になったかは不明。
      開発履歴では3だが、少なくとも2001年8月には4になっていた。
1999/09/15
CardWirth1.20修正版 公開

【2000年】

2000/04/10
公式サイト・Adventurer's GUILD移転
http://www.ask.sakura.ne.jp/Record/[Internet Archive 2003/10/06]
  • 新URL:http://www.ask.sakura.ne.jp/
  • 公式サイトとは別の場所にあったAdventurer's GUILDが、同じサイト内に格納された。
  • 移転後のサイトは、タイトルが「GROUP ASK WEBSITE」となっている。

【2001年】

2001/06/16
CardWirthEditor 1.25 正式公開(Ver.1.25.016)
http://ask.sakura.ne.jp/marimo/refinery/system/editor/pslog/plgaedit_bug001.html#97
  • この直後頃、cwconv.dllの修正などが行われている。
  • 現在入手できるCW1.20パックの内容は、1.20エンジン+CardWirthEditor v.1.25+cwconv.dll v.1.20。

【2003年】

2003/06/14
カードワース愛護協会、groupASKからAdventurer's GUILDを引き継ぎ
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main[Internet Archive 2003/06/20]
2003/06/15
カードワース愛護協会による公式ファンサイト正式稼働
http://ask.sakura.ne.jp/marimo/network/cwun/standard/pslog/plgacwun_std040.html#3972
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main[Internet Archive 2003/06/20]
  • 公式ファンサイト:http://ask.rainbowsnail.net/
  • GROUP ASK WEBSITEのトップページからリンクされ、次のメッセージが添えられている。
    > CardWirthのユーザの有志の方々によるgroupAsk公認のファンサイトが出来ました。
    > 今後、Adventurer's GUILDは、こちらのサイト内で運営して頂く事になりました。
2003/08/27
CardWirth1.28(07)(先行配布版)公開/差分配布
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main [Internet Archive 2003/10/05]
http://ask.rainbowsnail.net/office/download.html[Internet Archive 2003/10/10]
  • 「groupAsk製CardWirth - Engine Version 1.28(07)のバグフィクスバージョン」と説明されている。
  • ソースコードは失われたとされており、ここで配布されたのは現物解析を元に作られた愛護協会版。
    • 本体等更新分のみ差分配布。CW1.20に上書きして使用する。
    • データバージョン:シナリオ v.4/宿 v.10(新)
↓CW1.28(07)での変更点
http://ask.rainbowsnail.net/product/manual.txt [Internet Archive 2003/10/12]
2003/12/16
CardWirth1.28(08)(先行配布版)公開/差分配布
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main[Internet Archive 2004/02/04]
  • CardWirth.exeファイルバージョンは1.2.8.1
    • 本体とMIDIデータのみ配布。CW1.20に上書きして使用する。
    • データバージョン:シナリオ v.4/宿 v.10
↓CW1.28(08)での変更点
http://ask.rainbowsnail.net/product/manual12808.txt [Internet Archive 2004/04/12]
2003/12/27
エフェクトブースタープロジェクトの告知
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main [Internet Archive 2004/02/04]
http://ask.rainbowsnail.net/office/download.html[Internet Archive 2004/02/15]
  • CW1.28(08)以降専用の演出強化DLL
    • エフェクトブースター対応のcwconv.dll v.1.4β(暫定仕様)公開。
    • その他、JPYファイル生成アプリJPYMaker v.0.8(暫定仕様)とJPYファイルが読み込めるCardWirthEditor v.1.25+(先行配布版)も配布された。

【2004年】

2004/05/05
CardWirth1.28(10)(正式配布版)公開 <CW1.28正式公開>
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main[Internet Archive 2003/06/20]
  • 4/29にも正規版完成の告知が行われたが、「一部不適切なファイルが混入」しているとして、この日再度正式版公開のお知らせが出された。
  • CardWirth.exeファイルバージョンは1.2.8.1(※CW1.28(08)(先行配布版)と同じだが、ファイル内容は完全には一致しない)
    • 関連物バージョン:CardWirthEditor→同梱なし/cwconv.dll v.1.20
    • データバージョン:シナリオ v.4/宿 v.10
    • エフェクトブースター関連のファイル(cwconv.dll v.1.4β、JPYMaker v.1.0、CardWirthEditor v.1.25+(先行配布版))は、引き続き別配布。
2004/08/22
CardWirthEditor1.28 正式公開
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main [Internet Archive 2004/10/12]

【2005年】

2005/07/20
バリアント企画意見募集開始
http://ask.sakura.ne.jp/marimo/network/cwun/standard/pslog/plgacwun_std049.html#4813
2005/07/--
7月末からAdventurer's GUILDが機能停止
http://www.cardwirth.com/news/topics.cgi[Internet Archive 2005/12/11]
  • 8/8の告知で、管理人と1年以上音信不通である事、サイトを移転する事が知らされた。
2005/08/08
CW愛護協会、メンバー募集(CGI担当等?)
http://www.cardwirth.com/news/topics.cgi[Internet Archive 2005/12/11]
  • 理由として、「活動休止したメンバーが多い」事が挙げられている。
2005/08/16
Adventurer's GUILD復旧
http://www.cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2005/12/11]
2005/11/30
公式ファンサイト暫定移転
http://ask.rainbowsnail.net/news.php?mode=main[Internet Archive 2006/02/05]
  • 新URL:http://www.cardwirth.com/
  • 総責任者交代:如月真問氏→書類の谷氏
  • これまで如月真問氏一人で管理していたのを、愛護メンバー全員による管理に移行
2005/12/21
バリアントエンジン現代I型公開
http://www.cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2005/12/23]
2005/12/29
CardWirth1.28のMP3対応版 テスト公開
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2006/02/06]

【2006年】

2006/02/01
MP3対応版、CardWirth1.28(11) として公開
http://cardwirth.com/news/topics.cgi[Internet Archive 2006/02/06]
  • CW1.29が発表されるまでの約6年間、準公式バージョンとして配布された。
  • CardWirth.exeファイルバージョンは1.2.8.3
    • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.28(新)/cwconv.dll v.1.5(新)/JPYMaker v.1.0(新)/JPTXMaker v.1.0(新)
    • データバージョン:シナリオ v.4/宿 v.10
  • ダウンロードページの説明が「1.28(10)」のままだったので、1.28(10)だと思っている人もいるかも。
2006/02~2006/08
バリアント現代I型更新
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2006/04/04]
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2006/07/08]
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2007/01/03]
2006/09/14
寝る前サクッと企画開始
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2007/01/03]
2006/09/30
寝る前サクッとカードワースvol.1 公開
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2007/01/03]
2006/10/14
寝る前サクッとカードワースvol.2 公開
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2007/01/03]
2006/11/28
寝る前サクッとカードワースvol.3 公開
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2007/01/03]
2006/12/12
CW愛護協会、メンバー募集(CGI担当等? 若干名)
http://cardwirth.com/news/topics.cgi[Internet Archive 2007/01/03]
  • 理由として、「多数のメンバーが私事で忙しくなり、殆ど活動できない状態」である事が挙げられている。
2006/12/29
寝る前サクッとカードワースvol.4 公開
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2007/01/03]

【2007年】

2007/01/16
ゴブリンでも分かる!!カードワースガイド完成(?)…5章まで執筆完了
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2007/01/23]
2007/08/06
User's Network仮設置 →ログ
http://cardwirth.com/news/topics.cgi[Internet Archive 2007/10/11]
  • 「CardWirthユーザーの情報交換の場」と定義されている。
  • 目的別に分かれていた同名の公式サイト掲示板と異なり、1つのスレッド式掲示板で雑談からテストプレイ依頼まであらゆる話題を扱う。
    (※CW関連の話題限定と明記はされていない。)

【2008年】

2008/03/30
公式ファンサイト移転
http://cardwirth.com/news/topics.cgi[Internet Archive 2008/04/12]
  • 新URL:http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/
  • 「新ギルド製作に伴い、レンタルしているサーバーをアップグレード」し、サイト自体も移転。
2008/04/--
旧公式ファンサイトトップページに移転のお知らせ
http://cardwirth.com/[Internet Archive 2008/04/10]
  • 「運営上の理由で」と書かれている。移転前の方は「4月中に撤去される」とも。
  • 少なくとも4/10には掲載されていた。
2008/05/09
User's Network(仮)停止
http://cardwirth.com/news/topics.cgi [Internet Archive 2008/05/15]
2008/05/25
公式ファンサイト移転完了のお知らせ
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi[Internet Archive 2008/09/27]
  • 完全に移転終了
2008/08/09
User's Network正式版公開 →ログ
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi[Internet Archive 2008/09/27]
  • 「CardWirthユーザーの情報交換の場」と定義されている。形態等は仮設置の時と同じ。
  • その後いつからか閉鎖され、「掲示板は現在準備中」の表示になった。(2013/12/21現在)

【2009年】

2009/08/21
CW愛護協会、メンバー募集(広報/ギルド更新/CGI担当 各3名)
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi[Internet Archive 2010/03/27]
  • 募集理由は「ギルドの圧倒的な人員不足を解消するため」とされている。

【2010年】

2010/03/31
寝る前サクッとカードワースvol.5 公開
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi [Internet Archive 2010/05/29]
2010/06/19
Adventurer's GUILDに新規投稿可能なファイルから、LZH形式、自己解凍形式が外された。
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi [Internet Archive 2010/07/24]
↓LZH 書庫利用における危険性(UNLHA32.DLL開発元)
http://www2.nsknet.or.jp/~micco/notes/ann.htm [Internet Archive 2010/07/02]
2010/10/02
寝る前サクッとカードワースvol.6 公開
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi [Internet Archive 2011/09/25]

【2011年】

2011/11/01
寝る前サクッとカードワースvol.7 公開
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi [Internet Archive 2011/11/23]

【2012年】

2012/01/15
CW愛護協会、メンバー募集(ギルド更新担当 3名ほど)
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi[Internet Archive 2012/10/04]
  • 理由として、「ここ半年、ギルドの更新メンバーが忙しく、更新がままならない状況になってき」た事が挙げられている。
2012/03/16
公式ファンサイトに新エンジンテストのお知らせ
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi[Internet Archive 2012/10/04]
  • ここで言う新エンジンとは、CW1.28にLyna氏作成の拡張DLL「CardWirth Extender」を追加したもの。
  • 開発段階の情報などはなく、直前まで普段と変わった動きは何も見られなかった。完成品持ち込み?
    (12/25追記:後日頂いた情報によると、完成品持ち込みで間違いないようです。)
2012/03/27
CardWirth1.29 正式公開
https://twitter.com/cw_aigo/status/184631480612433921
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi[Internet Archive 2012/10/04]
  • CW1.29=改変CW1.28+CardWirth Extender 1.5
    • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.28/cwconv.dll v.1.6(新)/JPYMaker v.1.0/JPTXMaker v.1.0
    • データバージョン:シナリオ v.4/宿 v.11(新)
groupASK 倉貫氏のメッセージ公開
http://cardwirth.net/office/message.php
2012/04/12
Lyna氏、カードワース愛護協会に参加(告知日)
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi [Internet Archive 2012/10/04]
http://cardwirth.net/office/[Internet Archive 2013/08/16]
  • 愛護協会メンバー一覧に「開発」カテゴリが新設された。
2012/09/23
CardWirth1.30 βテスト開始
https://twitter.com/cw_aigo/status/249823379253755904
http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/news/topics.cgi [Internet Archive 2012/10/04]
2012/10/08
CardWirth1.30 公開
https://twitter.com/cw_aigo/status/255312948124336128
  • CW1.30=改変CW1.28+CardWirth Extender 1.7.0
    • 関連物バージョン:CardWirthEditor v.1.28/cwconv.dll v.1.6(新?)/JPYMaker v.1.0/JPTXMaker v.1.0/WirthBuilder v.1.0.8(新)
    • データバージョン:シナリオ v.4/宿 v.11
  • cwconv.dllのバージョンはCW1.29に同梱のものと同じ表示だが、ファイル内容は完全には一致しない。

【2013年】

2013/01/17
公式ファンサイト接続不能に
2013/03/01
公式ファンサイト復活
http://cwsp.tumblr.com/post/44219621099
2013/03/23
CardWirth1.50 βテスト開始
http://cwsp.tumblr.com/post/46000421468/1-50-6
2013/04/14
CardWirth1.50 正式公開
http://cwsp.tumblr.com/post/47951029879/cardwirth-1-50
  • CW1.50=CardWirthNext Build 130414
    • 関連物バージョン:CardWirthEditor→別配布/cwconv.dll→廃止/JPYMaker v.1.0/JPTXMaker v.1.0/WirthBuilder v.1.1.23(新)
    • データバージョン:シナリオ v.4/宿 v.11
  • CW1.50の実体は、Lyna氏がCW1.28の解析によりソースコードを復元して作成したクローンエンジンCardWirthNext。CW1.30の次バージョンという体裁で公式ファンサイト内で配布され、機能的にはCW1.28後継版だが、1.30までとは別系統のもの。
2013/11/12
Lyna氏、CardWirthの開発終了及びカードワース愛護協会脱退宣言
https://twitter.com/lynatan/status/400099563618304000
  • これにより、CardWirthNextの後続バージョンがCW1.50の次バージョンとして公式ファンサイトで配布される予定はなくなった。

※※※
以上、今日までのあれこれまとめでした。
下は、上のリストをさらに表にまとめた簡易版です。

1998~2013の CardWirth関連の動き
公式配布準公式配布gropuASKとCW愛護協会
ASK版愛護版Lyna版
1998 CW1.00~1.15     8月:公式サイト開設
http://www.mediawars.or.jp/~kuranuki/
(後にドメイン変更→mediawars.ne.jp)

9月:ユーザーシナリオ募集開始
10月:公式ギルドオープン
1999 CW1.20
(ASK版最終バージョン)
     
2000

開発は継続
    4月:公式サイト・ギルド移転
→http://www.ask.sakura.ne.jp/
2001 1.28(07)まで更新されたがソースコード紛失(?)      
2002        
2003   8月:CW1.28(07)
(ASK製CW1.28(07)のバグフィクス版、愛護協会製。以後のCW1.28も同じ)

12月:CW1.28(08)
  6月:愛護協会に公式ギルド移管
6月:公式ファンサイト稼働http://ask.rainbowsnail.net/

以後、愛護協会がCW公式的存在に
(↓以下、公式ファンサイトの動き)
2004   5月:CW1.28(10)
(1.28正式バージョン)
   
2005       7月:バリアント企画開始

7月末~:ギルドが機能停止
11月:公式ファンサイト移転
→http://www.cardwirth.com/

12月:バリアント現代I型公開
2006   2月:CW1.28(11)
(MP3対応版)
  9月:寝る前サクッと企画開始
9月:寝る前サクッとCW vol.1
10月:寝る前サクッとCW vol.2
11月:寝る前サクッとCW vol.3
12月:寝る前サクッとCW vol.4
2007       1月:ゴブリンでも分かる!!カードワースガイド完成
8月:UN仮設置
2008       3月:公式ファンサイト移転
→http://cardwirthaigo.sakura.ne.jp/

5月:移転完全終了
8月:UN正式版公開(2013年現在稼働していない)
2009        
2010       3月:寝る前サクッとCW vol.5
10月:寝る前サクッとCW vol.6
2011       11月:寝る前サクッとCW vol.7
2012   3月:CW1.29
(CW1.28+Lyna氏製拡張DLL)
10月:CW1.30
(CW1.28+Lyna氏製拡張DLL)
 
2013     4月:CW1.50
(1.28解析→ソース復元で作られたLyna氏製クローン)
1月:公式ファンサイト接続不能に
3月:公式ファンサイト移転
→http://cardwirth.net/


メモ箱の更新に合わせ、過去4回、掲載範囲をメモ箱側と同期させる更新を行いました。
・2013/12/29
・2014/01/19
・2014/02/04
・2014/03/05

[CardWirth] 続・ちょっとした発見から考えた公式ファンサイトのこと。

前のを愛護協会の方に読んで頂いたようで。
考えの向くままだらだらーっとまとまりなく進めて全て書ききれないまま終わった事を後悔し、もう少し真面目に書いてみる事にしました。
(※22:31追記あり)

※※※

公式ファンサイトが今後もできるだけ長く存続するには、負担の軽減と分散が肝だと考えます。
負担として考えられるのは、以下の2つです。

●サイトの維持や更新にかかる手間、時間等
→情報の更新やギルド更新、掲示板の管理など

●サイトの維持や更新にかかる金銭的負担
→サーバ代やドメイン維持費の支払いなど


【1.手間の軽減と分散】
CW愛護協会は既にサイトの更新を1人で行う体制から全員管理に移行していて、手間の面での負担分散には、ある程度成功していると考えられます。
軽減は人手を増やすといった事になるでしょうが、これは愛護協会で必要に応じてメンバー募集等されると思います。
外部の人間ができるのは、何かの募集があった時、自分にできそうな事があれば積極的に手を挙げるぐらいでしょうか。


【2.金銭的負担について】
当面の問題はこちらだと思われます。
今回のサイト消失も、サーバ代未納が原因でした。

対策には、3つの方向性がありそうです。


<その1>負担そのものを無くす。
無料サーバも今では有料と同じぐらい高機能なところがあります。そういった無料のサービスを利用し、支払い自体を無くしてしまえば、少なくともお金が払えなくて消滅の事態は回避できます。

問題点:どこを借りるか?

○所謂自宅サーバ→危険
・一番大元のサーバ運営の部分で1人(=サーバ管理者)に作業が集中する形態のため、その1人に不測の事態が起きた時や無料開放の維持が困難になった時に共倒れの危険が。

○企業運営の無料サーバ→?
・個人運営より維持の面で安心。
・ページ毎に変な広告が入ったりするとアレ。
(今は良くても、借りた後で広告の種類が変わって居辛くなる可能性も)
・広告が目立つと微妙な気分になる、かも。
(私はそうd(げふんげふん;))


<その2>支払いも全員体制に。
前のところにも書いた、愛護協会メンバー全員が閲覧可能なメールアドレスで請求を受け取る等の方法です。
ただ、以下のような問題点があり、根本的な解決とは言えないように思います。

・高確率で契約者の本名がバレる。
・誰が代わりにお金を出すのか?
・結局少数のメンバーに負担が偏る。


<その3>CWユーザー全員で薄く負担する。
個人的には、これを推したいです。
全額は無理でも、多少なりと足しになれば。。。

前回はアフェリエイトの例を出しましたが、広告が目立つとアレ、という問題もありそうです。
groupAskさんに許可を頂いた上で、いっそ現金を募っても良いかも……。
例えば、こんな感じ?

・寄付のページを別に設け、「買い物して支援」をお願いする。
・寄付のページを別に設け、例えば一口100円募金のような事をやる。

これは上手く行けば負担軽減につながる一方、問題点もあります。

・収支の透明性は保てるか。
・必要以上にお金が集まった場合、どうするのか。
・逆に、必要なお金が集まらなかった場合はどうするのか。
・お金は誰が管理するのか。また、安全に複数人数で管理する方法。[←22:31追記分]
(・寄付をした人、しない人で立場に格差が生まれないか。)

※※※
今の時点では、こんなところ、です。

ふと思った。
一口100円だと、たぶん手数料の方が高く……;


(22:31追記)
真面目に考えたつもりで抜けてました。仮にみんなに負担を求めるとした場合、お金は誰が管理するのかの問題があります。
名義人の本名が晒される個人口座は使わないと思いますが、口座の管理が1人だと本質的に今と変わりません。最悪の場合、使えないお金と化す恐れもあるしで。。。
(※上の本文の方にも追加しました。)

[CardWirth] ちょっとした発見から考えた公式ファンサイトのこと。

調べものから始まって色々考えさせられたので、見た事、考えた事をまとめておこうかと。
(※2/19追記あり)

※※※
昨日、カードワース関連の調べもの中に、以下のサイトが割と検索上位に入ってきたのが事の発端でした。

> CARDWIRTH.NET
> cardwirth.net/
> 愛護協会に奉納予定です。

へぇ、どなたかそれっぽいドメインを取得されているんだな……とTwitterで呟き、それで終わったつもりでいたら、実は終わりませんでした。


【1.類似ドメインの現状】
上記の最初の呟きの時点では、単純にCWユーザーらしき誰かがドメインを持っているというだけの事でした。が、その後タイムラインを眺めていると.netのドメインは結構以前から確保されていたのではというツイートが流れてきました(このツイートは既に削除された模様)。

そう言えば、以前公式ファンサイトが.comの方を使っていたはずです。変な使われ方をしないように、類似ドメインを押さえておいたのかもしれません。
この辺で、もうちょっと詳しい事情に興味が湧きました。

で、調べたところ:

.com→売り出し中(2012/03/03登録)
.org→誰かが持っている(2011/06/05登録)
.net→CWユーザーが持っている?(2008/04/29登録)
.jp/.biz/.info→空いている

こんな感じでした。
どうやら変な使い方をされないように云々は違っていたようですが、そこそこ誰かが持っている状態ではあります。
cardwirth.netの登録は2008年4月。.comから今の場所に移転したのが2008年3月なので、その時にドメイン移管して使ってもらう事を念頭に登録されたのかもしれません。
(→公式ファンサイトの移転については、拾穂文庫 第一分室のCardWirth史年表で見る事ができます。)


【2.公式ファンサイトの移転】
ここからそろそろ本題へ。
1.でCardWirth史年表を見たのをきっかけに、今度は公式ファンサイトの移転事情を調べてみようと思い立ちました。
公式ファンサイトは、これまで2度移転しています。
現在のサイト(←停止中のところ)は3代目です。

最初の移転(ask.rainbowsnail.net→cardwirth.com)は、2005年でした。この年の夏に公式ギルドが長期停止し、その後移転が行われました。
当時の告知を見ると、移転はサーバ管理者と連絡が取れない事態への対策込みだったようです。この時に、サイトを1人で管理していたのを、全員で管理できるようにしたとのこと。

2008年の移転(cardwirth.com→cardwirthaigo.sakura.ne.jp)は、見た限り「運営上の理由」としか分かりません。現在のサイトのニュースには、移転完了のお知らせしか残っていないようです。
当時もっと詳しい告知があったかもしれませんが、ともかく何も無ければ移転の必要もないわけで。
・前のサーバをレンタルし続ける事が困難になった。
・ドメインを維持できなくなった。
このどちらか、或いは両方と思われます。

────
(追記)
後日、もう少し詳しい告知を発見しました。
そちらには「新ギルド製作に伴い、レンタルしているサーバーをアップグレード」し、サイト自体も移転すると書かれています。問題が起きて移転したわけでなく、機能の充実を求めた結果だったようです。
────

そして、2013年。サーバ代未納による一時消失が──。


【3.ちょっとだけ真面目に考えてみた。】
2005年に1人管理から複数管理に移行していたお陰で今回ギルドデータ等が無事だったと思いますが、支払い問題は解決されないままです。

新しくサーバを借りるなり、誰かが借りているスペースを提供してもらうなりしたとしても、有料の場所ではいつか同じ事が起きるのはほぼ確実です。
協会メンバー全員が閲覧可能なメールアドレスで請求を受け取れば未払いは防げるかもしれませんが、高確率で契約者の本名がバレるし、誰が代わりにお金を出すのかの問題があります。
また、そもそも必要経費の負担を善意の個人(もしくはグループ)に頼る事自体に問題は無いのか、とも。

何かもっと負担を減らしつつ継続していける方法はないもんでしょうか。

アフェリエイト等でサーバ代を稼ぐとか?

或いは、無料で、CGIだのPHPだの使えて、複数人で管理できて、権限のレベルを個人毎に制限でき、いざという時最上位権限の譲渡が可能な、、、
そんな都合の良いサービスありましたっけ。
無料サーバも今では有料と同じぐらい高機能になっていますが、サービス終了が怖いのが難点です。


まぁ、公式ファンサイトが閲覧できなくなって半月以上ですから、これぐらいな事は既に誰かが考えていますかね。

部外者でも協力できる事があれば……


いや、その。お金以外で…………(弱)


【関連呟きリンク @simoom_cw】
01:2013年2月17日 - 14:57
02:2013年2月17日 - 15:52
03:2013年2月17日 - 16:07
04:2013年2月17日 - 17:35
05:2013年2月17日 - 17:39
06:2013年2月17日 - 17:46
07:2013年2月17日 - 17:51
08:2013年2月17日 - 17:58
09:2013年2月17日 - 17:58
10:2013年2月17日 - 18:01
11:2013年2月17日 - 18:07
12:2013年2月17日 - 18:31
13:2013年2月17日 - 18:34
14:2013年2月17日 - 18:43
15:2013年2月17日 - 18:55
16:2013年2月17日 - 18:58
(※Twilogで読むならこの辺り。


※※※
きっかけ部分について、ちょっとだけ追加。
独自ドメインも利点はあるのですが、取得料やら毎年の更新料やらがですねー。gTLDドメインならそう高額ではないものの、やはり負担には違いないですし。
そんな事情もあって、今の形に落ち着いたのかも?


(2/19追記)
念のため愛護協会臨時広報ブログを再確認すると、費用捻出の項目に「ドメイン維持費」の文字が。前後含めた一文を独自ドメイン使用を予定済みの意と取る事には聊か疑問を感じますが、ドメイン維持費=不必要な負担と結論付けられているわけでもないのかもしれません。

まあ、ギリギリでサーバの借主さんと連絡がついて、引き続き今の場所でとなる可能性もゼロではないですしね。
むしろ、そうなってくれれば、です。

[CardWirth] ギルド情報を更新して思う

登録情報を変更する時、「更新表示に載せずに変更」のオプションがあれば良いのに…。

今回は、ファイルの置き場所が変わっただけ。
シナリオの中身は全く変わっておらず、「更新」とは言えない変更でギルドのトップに表示されるのが、どうも気が咎めていけません。3日間の辛抱ですか(苦笑)。

他にも、シナリオの大筋が変わらない程度の更新や、細かいバグ修正のお知らせを追加したい時など、トップに載らずに変更できると良さそうです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

エントリー検索

エントリー検索フォーム
キーワード


翳の回廊(絵置き場)の一部を
TINAMIのスペースに置かせて頂いています。

pixivでも何かやっている……かも。

新着コメント

Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/23 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from ああ
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/22 from simoom
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from 権限がありません
Re:Re: CWBBS[26]-14
2015/06/21 from あ

過去ログ

Feed